--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/14 (Fri) memory 0

人を傷つけてしまった。
素直に自分の気持ちを伝えることで、傷つけてしまった。

彼と電話で話すことが、苦痛になっていた。
頻繁にかかってくるのも、そういえば苦痛だった。
苛々していた。
以前付き合った人にそっくりだ、と思っていた。
高学歴でインテリで博識で、
セックスや恋愛を語りたがるけど、
感覚で動くことを知らない人。
それで、余計に苛々したのだと思う。
今になったら、よく分かる。


でも、優しい人だ。
傷つきやすい人だ。
でも、そんな傷つきやすさも、
それを隠している彼の姿も、私には重かった。
苦しんでいることがあるなら、出来るだけ背負ってあげたい、
と彼に言われて、
ありがとう、と私は心をこめて女の子らしく感謝して、
でも内心で本当の私は、苛々していた。


だって、背負ってあげたいなんて言っていても、
背負いきれるわけないじゃないか。
人間は、1人で生きていることだけで本当は精一杯なのに、
他人の人生は本当に本当に重いのに、
その重さを軽んじるような言葉にしか私には聞こえない。
背負いたいのは、あなたが寂しいからじゃないか。


みんな私を放り出した。
いや、私が彼らを捨ててきた。
皆嘘ばっかり。
一度だって振られたことがない。
そのことを、彼は幸せなことだといったけど、これが幸せなもんか。
私は誰を背負うのも、誰かに背負われるのも、
そうやって一時の安心感で互いを誤魔化して、
結局共倒れになって、全部おしまいになって何にも残らなくて、
そんなこと、もううんざりなんだ。


でも、ごめんなさい。
傷つけて、ごめんなさい。
あなたとは、恋愛出来ないのは本当。
苛々してたもの。
私は、怒っていたもの。
冷静に寛容に努めて話していたけれど、
不倫で苦しんだって話をしたのに、
あなたはアフリカの一夫多妻制なんて話をした。
側室制度の話だって、ひどかった。
側室には、ちゃんとそれぞれ離れの家を与えてたから、
みんな平和に暮らしてたなんて、そんなの嘘。
私なら、本家に火をつけてやる。
側室も夫も城も、全部燃やしてやる。
離れなんて、いるもんか。
私は、傷ついた。
そういえば、あのとき傷ついていた。
笑って話したけど、私は私じゃなかった。


ごめんなさい、と怒りと、ミックスされてわけが分からない。


辛すぎて言葉が出なくてすみません、とメールが来た。
多分、私より彼のほうが辛い。
なのに、私は自分のことを考えている。
少し位、彼のことを考えてやってもいいだろう。
なのに。

ごめんなさい。
あなたに謝ったら、あなたはもっと傷つくから、
ここで懺悔している。
これも卑怯。


私の言葉は、大抵ザックリ人を傷つける。
嫌になる。


予約済みの記事が、予定の時間にアップされる。
私は、もう何をどうしていいか分からない。
あれを書いたのは、少なくとも私ではない気がする。

しばらく私から連絡を断っていたRを、今夜呼んだ。
本当は何にもせずに、1人でベッドに入って泣いていたい。
でも私より彼の方が泣きたいだろうから、
眠剤を飲んで意識をなくしてしまいたい。
Rの相手なんて、出来ない。
なのに、また私は私が消えてしまって、
誰かがRの相手をするのだろう。
Rは、楽しいもの。
何にも考えなくていい。
メールが来ただけで大笑い。
ただ、笑っていたらいい。


昨日カウンセリングに行って、先生に去年あった出来事、
今年あった出来事、そのとき私が言っていた言葉、
ひとつひとつを聞いた。
全て、他人事だった。
初めて聞くような言葉だ、と思っても私が言った言葉らしい。
記憶が、なぜか全部消えていた。
少し前は、もう少し分かっていたと思う。
全く記憶がなくて、何も思い出せなくて、
祖母が死んだのが去年だったのか今年だったのかも分からず、
裁判が終わったのもいつだったか、
婚約を破棄したのもいつだったか、私は全部先生から聞いた。
今年の二月に、精神病院に入院したいと言っていたことだけは、思い出せた。
でも、なぜそんなことを思ったのか、二月に何があったのかは、
全く思い出せなかった。
頭痛がひどくなって、光がまぶしくなって、
また気が遠くなって自分が後ろにずれそうな感覚が来て、
怖くて思い出せなかった。


私は、どこにもいない気がしている。
孤独だ、と感じられる彼が羨ましくも思う。
私の喪失を悲しんでくれる彼が、悲しいと思う。
私は、どこにもいない。
記憶がないのに、私はどうやってここにいればいいんだろう。
なぜ重要なことを思い出せないんだろう。
私はどこにもいないから、背負ってもらうものも何もない。


寂しくない、と私は何度も彼に言ったけど、
私は何が寂しいのかが分からなくなっているのだろう。
温かい誰かの体温に抱かれたいと思うけれど、
寂しい、とは思えない。麻痺してしまった。
大事な人をなくした。
私から見切りをつけた。
何年経っても必ず迎えに行く、と言ったひとに、
あなたが私のために100回死んでくれたって、
私は絶対あなたと結婚しない、と言った。

不倫、婚約破棄、別れ、別れ、ずっと別れ。
私は、ずっと怒っている。
怒りが私をどんどん真っ黒に塗りつぶす。
せめて、1人で立っていなきゃ、と立っている。
その傍らをどんどん別れが通り過ぎる。
私はもう、異性を愛せないのかもしれない。


彼とどう繋がってるのか分からないけど、
心の中が真っ暗になってきた。
死にたい死にたい、頭がそればかり。
リストカット? OD?  
何か自分を傷つけなければ駄目だ。
手が震える。
私が、いなくなる。
薬をのまなきゃ。
薬をのんで、1人で立って、歩いて、歩いて、
戦わなきゃ私が消える。
私はここにいるのに、ここから消えてしまう。
なんで?



↓ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

解離性同一性障害 | comment(0) |


<<乾いた殻 | TOP | アフリカ恋愛寓話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。