--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/10 (Sun) 箱の中の拍動 5 - 解離性同一性障害・境界性パーソナリティ障害 -

このところ、内面に急激な変化が起こっているので、振り返るためにツイッターのツイートを一部抜粋して纏めています。次回で終了です。(関連記事はこちら→◇箱の中の拍動 1  ・ ◇箱の中の拍動 2  ・ ◇箱の中の拍動 3  ・ ◇箱の中の拍動 4  ・ ◇箱の中の拍動 5  ・ ◇箱の中の拍動 6 






いつまで経っても過去が過去になってくれない。
ずっと昔の傷が、今傷ついたように傷口を開いたまま塞がらない。
傷口の中に覗くものは、生きたままの過去だ。無数の毒蛇のように絡みあってのたうっている。目にしたら発狂しそう。だから私は目を閉じて耳を塞ぎ、過去なんてなかったふりをする。今生まれたばかりのような顔をして、強い仮面や平然とした仮面をつけて疵物の心に嘘をついてきたらしい。ずっとそうして生きてきたのは、無意識だとか生存本能の為せる業だと専門家は言う。
でも今はもう過去は過去となり、今を生きるためには過去の息の根を止めねばならない。

死ね、死ね、と私はよく何かに向かって呪いをかける。主に「A」という子、Aに纏わる「逗子の男」に呪いをかける。
圧倒的強者であるはずの呪者の私は、大抵泣いている。誰を殺していいのか本当は分からない。まるで自分自身に死ねと言っているようで苦しみが増す。苦しくなればなるほど呪いは強くなる。もうどうでもいいから全部死ねばいいのにと心底思う。

この日、私は次々フラッシュバックに襲われて、半分トランス状態に陥った。
意識はあるのに、同時に内側の世界も覗いていた。たくさんの苦痛の声、泣き声、目にするのも胸が痛む笑い声や、訴える声を聞いた。
同時に意識のあるこちら側の世界にもいたから、ツイッターに必死で書き留めた。
内側の声を聞き、映像を拒まず受け入れ、声の訴えを全て聞いて記録すること。DIDの治療で必要だと聞いたことは何度もあるけれど、最も忌避してきたことだった。
私は耐えられそうにもないし、私は私のことで手が一杯だし、現在の私だって辛い。だから他の者のトラウマや苦痛はそれぞれが持っていれば良い。今を生き抜かなければ、トラウマの処理も何もあったもんじゃない。だから、頑なに自分の生活を整え守ることに専念してきた。

この日、流れ込んできた無数の記憶は、理性や理屈で拒める質のものではなかった。
苦しんでいた、辛かった、耐えていた、死にたかった、死ねなかった、頑張った、無理をした、限界の限界を耐えた、それぞれの感情が雪崩れのように押し寄せてきた。気付くと彼や彼女たちのために、私は泣いていた。私の内側の世界、世界の住人たちは、誰一人欠けても私ではいられない。誰を殺しても駄目だと気付いた。
人格の苦しみに共鳴して泣いたのは、記憶がある限り初めてだ。

なぜこんな心理状態をこの日迎えたのか、それが知りたくて実はツイートの纏めを6つもの記事に分けて書いてきた。
あと1つを残すまでになっても、なぜ今、こんな気持ちになったのか分からない。道のない道を半ばヤケクソに歩いてきた。神様や運命に負けたくない一心で歩いてきた。一人で負けてたまるかと歯を食いしばって生きてきた。私が頑張らなければ駄目になると思って、強くなることばかり考えて生きてきた。でも、頑張ってきたのは私だけじゃなかった。私の内側にいるみんな頑張っていた。みんな辛かった。

過去の破片に共感することで、前より私は弱くなり苦しくなった。過去の猜疑心や恐怖がよりリアルに感じられるようになった。まっさらなはずの今に過去の苦しみが映りこむ。
でもやっぱり負けたくない。負けたくないと思っているのは、確かに「私」だ。破片じゃない。


(※以前の記事から読んでくださってる方にしか殆ど意味が分からないかもしれません。記述はフラッシュバックする過去を見ながら書いたものや現在進行形の出来事など時系列もバラバラです。イニシャルは、私の内側にいる人格名。「人格」という言葉が私は好きではないけれど便宜上「人格」と呼びます)


----------- 6月23日 -------------
※括弧内はツイート時間

(09:29) 難しい。かわいげがない。難しくないって、めちゃくちゃ難しいわ。

(09:35) 思い出した。テリトリーには踏み入れないってやつ。習い性なんだ。一番やっちゃいけないことだったもんな。しかも暗黙に。

(09:37) あちらは実質何も禁じてない顔をしてれば良かった。何もかも先回りして私(たち)が守ってあげた。遠い未来や自分がいなくなった時の居場所まで。

(09:39) 完全悪とみなすのは自己の過失を認めないことになる。だけど本当に私はたまに守られたり癒されたり安心な場所につれていってもらったりしたことがあるんだろうか。ちゃんと検証しなきゃいけないんじゃないんだろうか。もし本当に守られ愛されてたら今の私がいるんだろうか。もっと違う私じゃないのか。

(09:41) 何かの記憶が頭を掠める。キーとなるような、あの男らしい優しくて残虐な言葉。何を言われたんだっけ。この場面は何だっけ。解離してない記憶。これは今までなかった。はっきり掴めない。

(09:44) 観覧車みたいだなーって思って以来観覧車は嫌い。どこまでも行けるようで結局どこへも行けなくて、また地面に吐き出されて元通り。短時間の卑しくて虚しいプレイの残骸だけが残る。

(09:48) 最初に抱いたときの瞬間に、あの男を突き動かしたのは何だったんだろうな。いずれ切るつもりの関係に手を出せる男の冷淡さが理解できない。仮面は温かいのに本音はいつも空洞。劣情?欲情?愛情でないのは確かだ。本人が数年後言ってた。Aが生まれたのは確か2度目か3度目。2度目?

(09:51) 情ってのを金魚のフンみたいに引き摺って永久に自分では断ち切れないやつだった。その処理だって私とSがしてやった。自分探しの旅について来てくれきみがいたら勇気が出せる気がするんだって言ったな。昔のトラウマを解消したいとかって。Aをボロッボロにしておいて自分探しっておかしいよ。

(09:53) 浮ついた気持ちでも、単なる衝動でも、誘われても、手を出すよね。人間って、そういうものだよね。で、後で辻褄を合わせたり言い訳を作ったり、愛だの恋だの分類分けして、はなから真摯で理性的なふりをするのがうまい。

(09:54) 故あってうざツイート連投。不快な方はブロック推奨。

(09:58) 1年間猶予をやって、予告した。そこまで親切にしてやる必要なんて本当はない。予告して遂行したにも関わらず、あの男が最も怒り、怒鳴り、罵倒した。広場で罵倒されるSが見える。私は地上から3メールほどの高さから見てる。「もう別の男銜え込んでるのか!」あいつは言った。はっきり思い出した。

(09:59) 私たちの1年間は、玩具じゃない。待ち続ける心も、玩具じゃない。私たちだって血が通っている。私たちだって、痛い。

(10:00) 優しい態度と甘い言葉でサンドしたら、残虐も愛情と呼ばれるのか。

(10:01) ここまでは解離に無知なカウンセラーにかかってきた。ここから先は無理かもしれない。限界を感じる。開けてはいけない蓋がどんどん開いている。死にたくなる。何もかもが怖くて難しい。もう二度と甘く殺されたくない。

(10:03) ゴムチューブで縛られた時に恐怖を訴えずにあのまま数秒我慢してたら、あいつの過失で死ねたのに。あいつは殺人の罪を負ったのに。私は魂を殺されずに、肉体の死だけで済んだのに。

(10:05) 私とSの「仕事」は完璧だった。いつでも完璧にやり通してきた。誰のためにパーフェクトな世界を作ってたんだろう。血肉と魂を削って虚しいおとぎの国を作るのが仕事だった。

(10:07) Aも必死だったんだ。一昨日の経緯を聞いたらAを殺したくなった。だけどこの記憶は、あまりにも過酷でAはよくやったんだと思う。次から次に蓋が開く。どうしよう。どこまで辿ればいいんだろうか。今見つめていないとまた忘れるだろうか。全部辿ってしまって無事でいられるんだろうか。

(10:08) あれきりなくなった青い部屋は、使い捨てられたんだろうか。あの部屋にいた男性たちは今どこにいるんだろうか。私はそうして沢山の人たちを使い捨ててきたんだろうか。それは罪なんだろうか。彼らと直接話したことがない。だから彼らが何を考えあんなに話し合っていたのか今となってはわからない。

(10:11) 突然、今まで感じたことのない感情を内側すべての世界と人に感じる。怖い。怖いけど、とても大事なことだと思う。だけどこの変化に耐えられるんだろうか。バランスが崩れたらどうやって生きていったらいいのか分からない。

(10:11) ふわふわ利用されてるのかもしれないよ?

(10:14) 鍵かけた。ツイッター始めて長いけど初めて。CPTSD、DID、BPDの内観ツイート。ほぼ独り言記録。不快な方ブロック推奨。

(10:18) ものすごく久しぶりにSが近い。Aいない。Kは相変わらず一人で明るい場所。Gいない。葦の草原の家ある。青い部屋も会議もなし。地下水脈あり。明るい色の柔らかい草の生えた小さな崖下の水際のスペースがある。初めて。

(10:20) 運命共同体だって感覚、2年前に飛び降り自殺やり損ねて、カウンセリングルームのトイレで首吊ったあの時の感覚に似てる。でももっと温かい何か。みんな頑張ってたんだ、て初めて分かった。出来るだけ皆で生き残れるように、頑張ってたのは私だけじゃなかった。

(10:23) 私大丈夫か?急におかしなこと呟いてないか??感情で思考力がおかしくなってないか?自動筆記マシーンになってる。鍵かけたのは冷静で賢明な判断。そうおかしくもないのか。ノートか何かに場所を移したいけど時間がない。急いで書き留めるべきなのか初めて過ぎてわからない。

(10:25) DIDの友達TLにあがってこないかな。この作業続けても大丈夫なのか。メールしようか。次書かないと。声をちゃんと聞かないと。今こそちゃんと聞いてあげないと。今まで私は必死すぎて自分だけが一番頑張ってると思ってた。役割が違ってただけだったんだって、初めてようやくちゃんと分かった。

(10:25) 何が何だか分からないけど、えづくくらい泣きながら書いてる。苦しい。怖い。どうなるのかも怖い。でも今向き合わないと逃げていきそう。

(10:27) Gの居場所わかった

(10:30) フォロワーの皆様へ。こんな酷い連続ツイートは多分今日限りなので一時的にフォロー外してもらう方法でも構いません。内容は自身の記憶と内部世界の記録なのでほぼわけがわからない内容です。記録終えたらブログに移してこちら消去するかもしれません。

(10:33) 最期を想像して感謝してみる。今も昔も、ずっとそれが癖だった。最期だと思えば何もかも意味があって、誰も彼もが結局優しい気がして楽になって優しくなれた。でも私はなかなか死ねなくて誰かを30人は殺さなくちゃバランスが取れなくなった。今鉄格子の中にいるのが自分だっておかしくないんだ。

(10:33) 最低30人。一瞬の力の限り、できるだけもっともっとたくさん殺さなくちゃ呼吸もできない。薄暗い窓の外から聞こえる子供の声が憎い。平穏に通り過ぎる人たちが憎い。全員が存在だけで息の根を止めに来る。殺される前に殺して自分も死ぬんだ。でも殺すのは苦しい。ずっと頭打ち付けて転げまわってた。

(10:39) 手首を切ると頭の芯が冷めて空っぽになる。みっしり詰まってた重くて腫れぼったくて醜いものが霧散する。数時間は誰も殺さずに過ごせる。泣いたり叫んだりしなくて済む。カッターと手首と無言の空があれば乾いた静けさの中で過ごせる。寂しいけれど寂しくない。空っぽなら寂しくない。

(10:40) 書き留めるのめちゃくちゃ辛くなってきた。もうやめたい。耐えられない。まだやったほうがいい?もうちょっと?まだ?

(10:42) 「怒らないからおいで」て優しい声で言った。木綿の居心地の良いソファ。子供みたいにあやして来るから涙が出た。でも綿菓子みたいですぐ溶けてなくなった。待ってたのは体のいいレイプだった。サービス旺盛なAが相手した。甘い猛毒は彼女が飲み干す。慣れている。私は憎しみを研いで殺す日を逆算した

(10:44) Sには恋愛感情がないのか? 就活と恋愛は同じだって。道理で小賢しいことが嫌いな私と結局のところ合わないはずだ。でも、それも生き延びるためなのか。Sに救われたのは2年前のカウンセラーの時。SだけがAを守るために見抜いたし、青い部屋も私に教えてくた。

(10:46) 犯罪に遭遇したあの時のこと、私は誰に何を思えばいいの? 感謝すればいいの? 責めればいいの? どちらでもない何かなの? あの後全部の処理をしたのは私だ。Aは協力しなかった。いやカウンセラーは協力する気になってきてるって言ってたっけ。何が本当のことなんだろう。

(10:48) AはAでいなくちゃ、私は私でいられないのか。誰が欠けても、私たち全体は生きていけないらしい。疲れてきた。怖くなってきた。やめたい。

(10:49) 今は過去のことだけ考えるべきだってGが 過去の先に今があって今の先に未来があるって 未来のことは今はいいんだって

(10:50) 今も捨てなさい過去に飛び込みなさいって怖い 

(10:52) 今、今を捨てて死ななくても午後には死ぬかもしれない真下には何もない安全ネットもロープもない 

(10:53) じゃあお前がやれよ臆病だよ私は臆病で何が悪い

(10:54) 信じるとか勇気っていうのは間違ってたら死んでも仕方ないって覚悟した後に使うもんだろ

(10:59) 明け方に書置いたよ。私が死んでも同伴者に一切の責任はないって。解剖入ると面倒に巻き込むことになる。私にしかできないこと。自らの生死を他人に塗りたくらない。決めたら行動する。翻さない。信頼と誠意は一貫性を維持し続ける努力。Aは止める。あの時みたいにできるはず。

(11:01) 写メって送ったのは、結果的に良かったのかも。覚悟した後に行動で示せば自分はさらに逃げられなくなる。卑怯な逃げ場を先手で潰すしか私に合ったやり方がない。

(11:03) だめだもう無理。殆ど書けてないかも。声と映像が一度に全部で拾いきれない。疲れた。やめたい。頭痛と動悸酷い。

(11:05) テリトリーは怖いよ

(11:06) 優しいのも甘いのも怖いオブラートのように猛毒を包み込んでるギミックだ

(11:07) 吐く。もうやめる。限界。怖い。別場所にツイート移してこっち消去する。その後鍵外す。

(11:11) 離脱。


----------- 25日分までつづく-------------


関連記事
◇箱の中の拍動 1 
◇箱の中の拍動 2 
◇箱の中の拍動 3 
◇箱の中の拍動 4 
◇箱の中の拍動 5 
◇箱の中の拍動 6 

コメント欄は一時的に閉じています。ご感想等のメールは右カラム→のアドレスへどうぞ。(現在管理人不調のためお返事はできません)
◇私のtwitterは→こちら 注:心が素っぱだかつぶやき
◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)

応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

日々日記 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1139-4e36640d

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。