--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/15 (Fri) 鼻唄のピアニスト

20110415_2.jpg

写真は、選挙に行った日、会場になった小学校で撮った桜。満開でほのかに桜餅の香りがして、携帯で夢中になって撮った。

明日は、久しぶりにクラシックのコンサートに行ってくる。
きっかけは、ツイッターのフォロワーさんの呟き。その方が好きでたまらないというグレン・グールドというピアニストが弾くバッハの一曲を、ためしに聴いてみたのが始まりだ。
心が安らいだ。ほっとした。そういえばこの世には音楽という素晴らしいものがあったな、と思い出した。

つい最近まで、震災や原発や病気やトラウマ、内外の感情と情報に押し流されていた。頭の中は24時間フル回転。体が動く限りは何かしなきゃ何かしなきゃと堰き立てられて、同時に過去が次ぎから次に追いかけてきた。心の中が濁流だった。

たまたま聴いた演奏は、音のひとつひとつに、丹念にこめられた豊かな情感と、演奏者グレン・グールドの温かい優しさ、音楽への透き通った愛で溢れていた。
たった数分の演奏に心奪われて、私はすべての動きを止めて聴き惚れた。
眠るのでもない、食べるのでもない、音の連なり重なりに心を委ねるだけで自分が新しくなっていく気すらした。


それから震災以来はじめて自分のことだけを考えた。
すぐに大阪で開催予定のコンサートを片っ端から調べた。バッハのピアノ曲で、できれば自分で弾いてみようと思う曲目が入っていて、できれば好みの演奏をしてくれそうなピアニストを探した。グレン・グールドの演奏を聴いて、久しぶりにクラシック熱に火がついた。
見つけてすぐにチケットを購入した。それが明日のコンサートだ。

コンサートまで待てず、病的方向音痴をものともせずに楽譜専門店に行ってピアノ楽譜を3つ手に入れた。ベートーベンのソナタを一つ、バッハを二つ。
案の定道を迷いに迷ってくたびれたけど、満足だった。バッハなんて、生まれてこの方買ったことがない。一曲だって興味を持ったことがなかった。自分とは縁のない作曲家だと思っていた。グレン・グールドの演奏がバッハらしくなくて気に入った。彼は、私が思いこんでいたバッハとは、まるで違う弾き方をした。あんなふうに弾いてもいいんだとは思わなかった。あんなバッハを弾いてみたい。ワンフレーズでもいいから、真似事くらいやってみたい。私には神業過ぎて無理だって分かってるけど。


勢い込んでチケットを買ったものの、全力で忘れるようとしてた明日のコンサート。
外すことのできない外出だから、体調悪くなったらどうしようと考えると体調が悪くなるのだ。ぎりぎりまで忘れておこうとしたのに、昨日から意識してしまって胃がおかしい。吐きそうだ。

家を出て電車に乗ってるあたりが、きっとピークだ。ホールに着けば、きっと楽しくなる。
何を着ていこう。帰りはどこに寄ろう。
瑞々しい音楽にたっぷり浸かって、心から深呼吸してこよう。



Bach - Goldberg Variations: Aria (Glenn Gould)


コメント欄は一時的に閉じています。メールは右カラム→のアドレスへどうぞ。
私のtwitterは→こちら 注:素っぱだかなつぶやき
私のtwitterまとめサイト→twilog(日毎に編集されています)

応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

日々日記 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1131-dfce9ca9

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。