--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/03 (Thu) 尻尾なしトカゲの暮らし - 解離性同一性障害 -

診察日。
いつもはやらないのだけど、今回はメモ持参していった。伝えなきゃいけない症状がたくさんあって、混乱してきたから。

思い出せるだけ思い出して、数日間の絶不調のときのしんどい症状を挙げたら以下の8つになった。
・動悸(1年くらい続いてる慢性症状)
・眩暈(不調の前ぶれに出ることが多いような)
・幻覚(視覚は生きているけれど「見せられる」脈絡のないビジョンの連続)
・幻聴(一番しんどいのは「死んじゃえばいいのに」の幻聴に抗うこと)
・記憶の欠落(今回はおよそ丸1日)
・記憶にない買物(いつも金銭的に困る理由)
・指をカッターで削ぐ軽自傷(人前に出せない手になっている)
・全身痛(頚椎症とストレスのためか交代のためか不明)

ここに、去年から悩んでいる個人的な現状を一つと、最後に「カウンセリング再開」と大きく書いてもっていった。

カウンセリングは、もうかれこれ1年休んでいる。
カウンセリングの場で、あまりに交代が頻繁になるので生活の維持が困難になること、私の恐怖心、医者からのドクターストップがあって、休止中だ。再開できないか、相談してみようと思った。

今年どうしても挑戦したいことがある。そのためにカウンセリングを受ける気力が湧いてきた。1年間休止したなら十分な気がする。タイミングや方法にもよるけれど、自分にちゃんと向き合った分、少しずつだけど前進していくのを感じる。今も、何人かの信頼できる友達に相談したり、自分で調べたり勉強したり考えたりして、気づくことがたくさんある。カウンセラーの手を借りて、もう少し前に進んでみようかと2ヶ月考えて決めた。


医者はまず私の8つの症状を聞いて、薬を増やすことを提案してきた。
そうでなくても前々から主治医は私にどうしても飲ませたい薬があるのだ。解離や人格交代を抑える効果が望めるから、飲んで欲しいらしい。私は太るのがいやだ、薬は最低限にして頑張りたいという旨を貫いて譲らず、医者との押し問答が続いてきた。かれこれ、その薬を飲んで欲しいと5回はやりとりした記憶がある。

今回も、「太るのがいやです。薬は最低限にしたいです」と同じことを言う私。
医者は、幾つか他の薬を提案してきた。どれも副作用が気になる。
私は数日前は、あまりに症状で苦しんでいたから、いっそ鎮静剤でも打ってもらってしばらく朦朧としていたいと考えたり、「入院しなくちゃ一人では到底やれない」とまで考えていた。なのに、今日は割合落ち着いていたから、喉元過ぎればなんとかで、またも医者と押し問答になった。

結局、私が折れて、新しい薬が追加された。副作用で痩せる場合と太る場合とどちらでもない場合があるようで、これはもうロシアンルーレットだ。大人しく飲むしかない。これまで私と「薬は最低限で」を共有してきた主治医らしくない強引さだったので、よほど私が良くない状態なのかもしれない。


一人暮らしで闘病中の私にとって、一番の課題は「自分を保ち、生活を保つこと」だ。
生活という根底が揺らぐと全部が駄目になって、治療どころじゃなくなってしまうから。

主治医も何度も私に「あなたでいることが大事です」と言ってくださった。自分で言い聞かせるよりも他人に言われた方が説得力がある。あれはいつもちょっと不思議。


メモのおかげで、訊きたいことは全部訊けた。かなり混んでいたけれど、相変わらずちゃんと質問には答えてくれる。
トカゲの尻尾切りのたとえ話をされた。印象的だった。
自分の身に危険や恐怖や不安を感じると、トカゲは自分の体を半分敵に投げ出して逃げますよね。解離って、そういうものなんですよ、と。

私は、実家の庭でよく見かける、尻尾が生えかけのトカゲを思い出した。
いつも考えるのだ。尻尾は無尽蔵に生えるのだろうかとか、次の尻尾が生えるまで、このトカゲは敵に遭遇したら生き延びることができるのだろうかと。


解離で切り離すといっても、恐怖という敵に投げ与えていることに変わりない。
その度に私は尻尾を失って、もとの姿に戻るまで怯えて暮らしているのかもしれない。恐怖を宥めながら根治治療も進めていきたいとあらためて思った。

カウンセリング再開は、OKが出た。
私が積極的になったからかもしれない。私自身が勇気を持たなくては、どんな治療も進まないのだ。


薬を受け取って、追加された薬について説明を受けた。やっぱりロシアンルーレットだ。どうしても太りたくない。自己暗示で「これは痩せる薬だ」と飲んだら、私の体細胞が暗示にかかって実際痩せるほうに効くかもしれない。そんな益体もないことを半ば本気で考えた。


ぼんやりしながらスーパーで食べ物を買った。ぼんやりしてるせいで、1時間以上もいたみたいだ。くたくたになった。
でも、ゆっくりまわった分、買い逃しなし。体調不良が続いているから、しばらく買物しないで済むと思うとちょっと気が楽。

帰宅してベッドでダウンしつつ、本をガツガツ読んだ。最近、ベトナムやタイに行きたくて、食い気の張った私はベトナムに住んでた方のベトナム食事情本を読んでるときが凄く幸せだ。同時に、境界性パーソナリティ障害の本と洋酒の本を読んでいる。

調子が悪いときは、部屋でできることをできるだけやる。
そんな目標は前当たり前にもつようになれていたけど、去年から駄目になっていた。本が読めるようになっただけ、些細だけど進歩は進歩だと思う。まだまだ不調は続きそうだけど、一つずつ丁寧に自分を取り戻したい。何もかも、まずスタートラインまで取り戻して、そこからまた始めたいから。
切り離した尻尾がまた生えてくるまで、尻尾なしのトカゲなんだって自覚を持っていたい。そうじゃないと、思わぬところで転げ落ちてしまいそう。虚勢とか、そういうのは捨てて捨てて、自分の姿をちゃんと目で捉えていたい。見失うのは、苦しくて悲しい。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

治療日記 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1123-5d425d85

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。