--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/13 (Thu) サービス過剰症候群

PC130002.jpg

年老いた巨大な猫を発見。
金網で囲まれた、雨上がりの広い敷地のど真ん中、
海に浮かぶ孤島のように箱すわり。
彼(彼女)なりの深遠な哲学、
もしくはどうでもいい理由のどちらかで座っていたのだと思う。
猫ってそんな生物だもの。


<カウンセリング 2007.12.13>
(昨日アップした記事と時期が前後してしまいました。
これは、先週のカウンセリングの記録です。
数日後に、所定の日付へ当記事を移動致します。)


行きに具合が悪くなり、近くで熱いレモネードを買って頓服を飲んだ。
頓服を飲まなければ、外出できない。

カウンセラーと向かい合って座ると、いつも頭が真っ白になる。
そこから、何とか少しずつ頑張って話す。
スロースタートは、7年経っても変わらない。
今年もあと少しなので、最近のことを振り返る。
ところが、何も思い出せない。
そもそも、今年から通院するようになった契機が思い出せない。
精神病棟に入院したいと言っていたのは覚えている。
だけど、なぜ入院したいと思ったのか覚えていない。
今年の2月のことなのに、記憶がない。
祖母が死んだのも、いつか分からない。
多分、今年か去年かおととしだ。

Yと別れたのはいつ?  
相手の名前すら忘れたけれど、婚約を破棄したのはいつ?
それは、今年になってからだと先生は言う。
覚えていない。
なんで2月に入院したいと言ってたんだっけ?
裁判は、いつ終わったっけ?
裁判が怖いといって、
あなたは、しばらく実家に帰ってましたよ、と先生。
そうだっけ?私がそんなこと言うかな。
そんなこと、しないと思う。
Yとは最後、いつ会ったっけ?
そういえば先月は何してた?
去年はなにしてた?


先生に、ここ数年の私に起こった出来事を、全部聞く。
それは何年ですか?
それは何月ですか?
2月ですか?
自分のことなのに、馬鹿みたいに先生に訊き続けた。
分からない。記憶がない。


単なる箇条書きとしての記憶は、ある。
でも、その時期や、前後、
そのときの感情どころかシーンさえも、ほとんど思い出せない。

頭痛で頭が割れそうになってきた。
急に、室内の光が黄色く眩しくなって、目を開いていられない。
このままいったら、あれが来る。
自分が自分の体から、5?10センチ後ろにずれる感覚。
怖い。痛い。
でも、いつものことだ。
我慢して、話し続けた。


私が抱えている病気の一つ、
強迫性障害(入浴恐怖)の話になると、ますます酷くなった。
話したくないことだ。
話すだけで、吐き気がする。
カウンセラーに、浴室のイメージを訊かれる。
それから、小さい頃の浴室に関する記憶。
それは、一つだけだ。
一つだけ覚えている。
質問に答えていく。
どこの浴室なら大丈夫なのか。
実家の浴室はどうか。
ホテルの浴室は? 温泉は?

全てに答えたが、苦痛で吐きそうだった。



現在の話を始めると、頭痛は不思議に治まった。

先日、朝から夜まで久しぶりに遊びに外出したとき、
薬の上限構わず朝・昼・晩、三食ごはんのように頓服を飲むはめになった。
薬に依存しているのだろうか、と怖くなったことを話した。
先生は、頓服はいつ飲むの?と言うので、
私は、具合が悪くなってからだと答えた。
薬は極力、最小限に留めることにしている。
じゃあそれは、具合が本当に悪いんであって、依存ではないわよ、と言われ、
そういえばそうだ、と納得した。


なぜ具合が悪くなるのかは、自分でも分からない。
パニック発作の予兆に襲われる。
息苦しい、背中の決まった部分が痛い、吐き気がする、眩暈がする、
疲労で立っていられなくなる。
だいたい、毎日5時位から体調を崩す。
一日に数度、ベッドに横にならなければ動けない。


そんな状態だが、
医者は、抗鬱薬を減らすといっていることを先生に伝えた。
先生に、今の状態をちゃんと医者に伝えられているか、と訊かれた。
そういえば、全然伝えられていないかもしれない。


医者に対して、
カウンセリング開始当時のパターンと同じ行動を取っているようだ。
診察室に入ると、頭が真っ白になって何も考えられない。
医者が望むような何かを、提供しなければ、医者を満足させなければ、
というサービス精神が頭の中を支配して、自分をうまく伝えられない。

今度、もう一度医者にちゃんと伝えて、
抗鬱薬のことを相談することにした。
パニック発作がいまだに残っていることも、
強迫性障害のことも、頓服なしでは動けないことも、
情緒不安定なことも、医者には何にも伝えてない。
パニックがいまだ続いていることを知れば、
パキシルの減量は考え直すだろう。
だって、おかしい。
ついこの間、精神障害者認定と生活保護申請を、
当の医者に勧められたばかりだ。


「さっき物凄い頭痛だったんですが。
光がまぶしくて5センチずれそうだったんですが」と先生に言ってみた。
先生は、そういうことをその場で言ったほうがいいと言った。
私にしたら、話の腰を折ってしまうのが申し訳なくて、大概黙っている。
いつものことなので、我慢すればいい、と考えている。
これからは話そう。
でも、話すのが怖い。
話したら、そのままどこかに自分が持っていかれそうだ。
おかしくなっている自分を認めて口にするのが怖い。


仕事の話も、少しした。
以前やりかけた、個人でのHPデザインの仕事や書く仕事を、
とにかく自宅で自分のペースでやりたいこと。
以前、接客業でパニックに何度か襲われトラウマになっていること。
それと同時に、今思い描いている活動をしたいことなど、
友達のJの話を交えて、話した。 


帰りに、Nさんにメールした。
今日、猫を見ましたよ、とメールした。
Nさんから返信。
猫と音楽の話を書いてきてくれた。
内心、Nさんに拒絶されるのでは、と最近思っていた。
いまだ、病的な見捨てられ不安が残る私。
一週間分の食料を、成城石井とデパ地下で買い込む。
書店に行ったら、ずっと待ち望んでいた
「Design aDdict」の最新号が知らない間に出ていて、
そして、無情にも売り切れていることを知った。
ついてない。
取り寄せたら、来年になるかもしれないらしい。
いい雑誌なんだから、もっと刷っといてくれよ。


帰りの電車内で、隣の男性がジョジョの何かを読んでいた。
気になる。
物凄く、気になる。
先日出た乙一の本かと思ったが、違うようだ。
一冊丸ごとジョジョの特集らしいが、タイトルが分からない。
欲しくてたまらず、いっそ彼に「その本なんですか?」と訊きたかったが、
そんな奴、私だったら怖いので、何とか自分を抑えた。
帰ってきてネットで調べたが、該当するような本はない。
あの本は、何だったんだろう?
欲しいなー。
 

ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

治療日記 | comment(10) |


<<小鳥の熱の測り方 | TOP | たてがみを食す>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

毎日読ませていただいています。
ちぐはぐなコメントになってしまうと申し訳ないので、読むだけにしてるんです(笑)
また寄らせていただきます。いつもご来訪下さりありがとうございます。
たかはし

2007/12/21 12:55 | takahashi [ 編集 ]


>>たかはしさん 

いつも来て頂いて、ありがとうございます。
ちぐはぐなコメントなんて、とんでもない。何かお感じになって頂けたのでしたら、遠慮なくコメントください。

このブログでは、読んでくださる方とのコミュニケーションを一番大切にしたい、といつも思っています。
ほんまにちぐはぐすぎたら、関西弁でちゃんとツッコミますから。ご心配なく(笑)

2007/12/21 17:11 | 美鳥 [ 編集 ]


はじめまして 

美鳥さん、こんばんは。
だいずさんのブログよりお邪魔しました。
私は大病し、歩けなくなったので車いすです。
詩を書いています。
ブログ友にも心の病を抱えた人が多いので、
いろいろ学ばせていただいています。
出会えた方には幸せになってほしいので、元気になるようなおしゃべりがしたいです。
またおじゃまさせてもらうとおもいます。
よろしくです。

2007/12/21 17:44 | まほ [ 編集 ]


 

わたしもデザインには興味あるんですよ。
Webシステムを作成することがあったのですが、
デザインがいいとシステムも良さそうに見える(笑)

インタフェースは重要です。
美鳥さん、センス良さそうですよね、ブログも綺麗です。

ジョジョの何かですか、、、

すみません。。。
「ジョジョの奇妙な冒険」を思い浮かべてしまいました(汗)

2007/12/21 17:44 | Yorke [ 編集 ]


>>まほさん 

はじめまして まほさん。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。

だいずさんの詩には、いつもふんわりと包まれるようで、私はいつも癒されています。
来て頂いて、ありがとうございます。

まほさんの最新記事を拝見して、強く共感しました。私は、ブログというネットの世界でこうして自身を書き綴っていますが、現実に自分が出来ること、具体的行動を模索し、実際活動されてらっしゃる方から学ぼうとしているところです。
心の病で自身の体調もおぼつかない現在ですが、いつか必ず成し遂げたい夢の一つです。
まほさんのスピリット、素晴らしいと思います。
ぜひ、また遊びに来てください。
お待ちしています。

私も、まほさんのブログ、少しずつ読ませて頂きます。
出会いを大切にしたいです。

2007/12/21 18:01 | 美鳥 [ 編集 ]


>>Yorkeさん 

Yorkeさん!それ!それー!
私が言ってるのは、そのジョジョ!
そのジョジョですよ!(笑)
ご存知でしたら、ご一報ください。

私は、とにかく漫画大好きで、一番尊敬する職業は間違いなく漫画家です。
一時期、コミックの出入荷を仕事にしていましたので、漫画に埋もれて生きてきた幸福な人間です。アニメは一切見ないんですが、Yorkeさんのところ、あれLじゃないですか。行く度、すごい気になってます。


映画製作なんかは、衣装やカメラアングル、シナリオ、大道具小道具、ほとんど分担作業ですが、漫画家は取り合えず全部を一人でやるわけですから、しかもペンと紙だけで表現するわけですから、しかもわくわくどきどき泣かせたりさせながら、メッセージもしっかり伝えるわけですから、彼ら以上のコメンテイターはこの世に存在しないと思います。

そんな中で、荒木飛呂彦は私にとって、かなり天才の部類に入っています。自在な画力と独特の色彩感覚、破綻なきストーリー、人間讃歌を貫き続けるスピリットに、ただただ感服です。

私をセンスが良さそう、ブログも綺麗、などと褒めていただき、恐縮です。
このブログが綺麗に見えるのは、一重にこのテンプレートを作成された方と、プログラミング馬鹿な友人のお陰かと思われます。なりかわりまして、お礼申し上げます(笑)このテンプレートは、とても気に入っています。一目惚れでした。カラフルなデザインが好きです。色彩に興味が強いです。
Yorkeさん、Web作成のご経験おありなんですね。すごいです!私は、もうほんとに赤子のようなものです。大雑把な人間は、システム作成には向かないようです。

コメントありがとうございます。
また、そちらにも寄らせていただきます。

2007/12/21 18:20 | 美鳥 [ 編集 ]


ありがとうです 

早速のご返事ありがとうです。
リンク貼らせていただいてよろしいでしょうか。
ご返事いただけたらさせていただきます。
きっと善くなられます。
夢に向かって、ぜひ羽ばたいてください。
私は52歳なので、年を重ねられる素晴らしさも
伝えていきたいです。

2007/12/21 19:17 | まほ [ 編集 ]


>>まほさん 

リンクを貼っていただけるとのこと、ありがとうございます。
大変嬉しいお申し出なのですが、初めてこちらに来て頂いたまほさんに、ご迷惑をおかけしないかと少々不安です。
<about me>や、私の記事の幾つかをご覧頂ければ、お分かり頂けるかと思いますが、かなり攻撃的で毒気の強い記事が多いかと思います。性的・暴力的描写も多く、嘘をつかない、ありのまま書く、誰の倫理観にも媚びない、ということを信条にしています。
まほさんは、強い意志を持って、ご自身のブログを運営してらっしゃると、お見受けしました。どちらにリンクを貼られるかは、まほさんのブログの指針にも関わることではないかと思います。
申し訳ありませんが、お時間が許すときに、記事を読んで頂いて、その上で、再度ご連絡頂けますでしょうか。お手数かけますが、私のことを知って頂いて、それでもリンクを、と仰って頂けましたら、大変光栄です。
もし、不快なものをお一つでも感じられるのでしたら、お返事頂かなくても構いません。
宜しくお願い致します。

2007/12/21 19:28 | 美鳥 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/12/21 20:35 | [ 編集 ]


>>鍵コメさん 

ご考慮、ご配慮いただきまして、ありがとうございます。
お気に入りに入れてくださるとのこと、重ねて感謝いたします。
そちらのブログに、後日ご挨拶に伺わせて頂きます。
今の学校の現状や子供たちのこと、私もとても気になっています。私に出来ることはないだろうかと考えています。
志同じくする者として、今後ともよろしくお願い致します。
また、ぜひ遊びに来てくださいね。

2007/12/21 21:12 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。