--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/11 (Thu) Twitterの記録 / 人格交代願望と内部構造 ? 解離性同一性障害 ?

障害者ではあるが、何病ですか?と訊かれると、いつも言葉に詰まる。診断名が多すぎて、どれを口にして良いか分からないから。ブログでも同じく、私が1日で見舞う症状は「診断名」という括りで言えば複数の病名に跨っている。読んでくださる方が混乱しないように、できるだけ1つの記事で1つの病気に触れることにしている。また、私自身も自分の記録として、そのほうが参考にしやすい。

今回の記事は、解離性同一性障害(以下、DIDと表記)について。
Twitterから、体調と解離に関するツイートを時系列に抜粋してみる。最近、あまりにもDIDの症状に苦しんでいるから、抜き出して分かることがあれば何とか自分を立て直すヒントにしたい。

多分、今の状態(人格交代を歓迎する心理状態・自分が自分であることへの執着が皆無の状態)に陥ったのは、1ヶ月?2ヶ月前からだと思う。そこまで遡るのは難しいので、異変をはっきり自覚し始めたらしい11月2日のツイートから抜き出してみる。
(括弧)←内は、私が今日書き足した注釈や纏め。


-------11月2日-------

▼時間がとんだ。夜なの?怖い。誰か助けて!てなったけど、時間がとんだだけ。うっすらとした自分への恐怖、うまく誰かに伝えられない。
(「自分について何もかもわからない」というのが苦痛。そして恐怖。記憶がない間、自分は世界に存在していなかった気分がする。「分からない」のは不安で孤独)


▼次の講演会とワークショップの企画を進めねばならないのですが。DIDの症状がここに来て大きく障害になっています。前回よりも情熱は倍増し、勉強量もスキルも倍増しなはずなのに体がついてこない。PTSDの諸症状が邪魔する。歯がゆい。来てくださる皆さんに早くお会いしたいです。
(スタッフに何度も講演会の打ち合わせ日について打診されるも、随分前に打ち合わせがフラッシュバックの引き金になってパニックで泣き喚くことがあって以来、無意識に避けている。気持ちは強いのに、いざとなるとフリーズする)

--------11月3日-------

▼めっさ頭痛い。さっき痛み止め飲んだけど効く前に来たらしい。早く効いてくれー・・・
(大体、毎日どこかしら痛いので痛み止めが欠かせない。頭痛がなければ、全身痛がある。ストレスや緊張で神経自体が傷んでいると病院で言われた。カウンセラーからは、男性人格と交代する(しそうになる)と筋肉が強張っているからだろうと指摘されたこともあった)


▼反動から今度は躁に転じそうな気配。落ち着こう。大掃除と読書の日。
(不調にこだわらず、生活することに重点を置こうと自分に言い聞かせたツイート)


▼内側にある乳白色の海に溶けそうで怖い。DIDの人によっては、綺麗な海や展望台があるんだってね。私の内側の世界の海は、怖い。自分が溶けて他の人格と溶けあわされる。思考もなくなる。怖い。
(「内側」は、人格や世界がある場所を指す私の感覚的表現。内側に乳白色の海水で満たされた海があって、私は「人格の廃棄場」だと感じている。二度と近づきたくない恐ろしい場所。)


▼自分の病名が不安になってきた。診断、あってるのか?突然襲ってきた不安。明日にでも病院に行こうか。この間行ったばっかりだけど。誰かーDIDの人助けてくれ。統合失調症じゃないって医者が断言するのはプレコックス感がないから?本当に?怖い!
(新しく処方された薬が「人格交代を抑える」といわれたものの、自分で調べていくうちに自分はDIDではなく統合失調症ではないのか、それを医者は隠しているのではないかと考えて、急に恐ろしくなった。ツイートを読んでくれた詳しい友達が、DIDに効果的とされ使用する医者も多いらしいとメッセージをくれてから、落ち着いた。私の祖母は統合失調症で、彼女の陽性症状を子供の頃から見ていて遺伝を疑って生きてきたので、DIDの幻覚や幻聴が酷くなると、必ず統合失調症の可能性を感じて私は怯える。実際、DIDの症状は統合失調症と重なっている部分が多い。しかし私は何度確認しても「あなたは絶対に統合失調症ではない」と医者から断言されている)


▼「いじめと賢者タイム」て記事書こうかなー
(いじめについて考えたらしい。私の場合、理屈よりも自分が実際に体験した個人的体験抜きには考えないことにしているので、過去の色々を思い出したのだと思う。それなりにストレスだったかもしれない。「賢者タイム」と絡めて書こうとしたのは、いじめっ子の行動原理を分析、解体して、役に立ついじめ論を展開するため。結論まで頭の中で考えたが、文章には起こさず)


-------11月4日-------

▼今朝起きたらキッチンの床がピッカピカで何事かと思ったら、そういや昨夜眠剤でふらふらしてるときにノンシュガーのミルクティーを一杯ひっくり返したんだった。牛乳で床拭くとピカピカになるって知っちゃいたけど、ここまでとはな。ツルツルで、すっ転びそうになった。
(解離で記憶を喪失している場合と、眠剤で夢遊病のようにふらふら動いているときがある。起きたら既にピカピカだったので、眠りながら床掃除をしたのだと思われる。その記憶はない。)


▼本当に毎日格闘です。そして今のとこ殆ど全敗。自分をコントロールできない自分への失望感ったらないです。社会性を保って生活していくこと、DID患者にとって難題です。当事者は必死です。人格って呼ばれるのも本当嫌。私はパーツじゃねーぞって思う。
(DID同病者とツイッター上で交わした会話。DIDは、さまざまに誤解されている。DID患者のすぐそばで支えているらしき人間が発している誤情報が出回っているのを目にすることがあり、脱力することが最近多い。当事者としては、怒りを覚える情報も中にはある)


▼まじで「心身不調ケアに時間を奪われる」ですわ。本当にもうそればっかり。どこかに出かけなければならないとなると、まず私は仮眠を取らなくちゃならない。倒れない準備なんだけど家族には「行く直前まで寝るなんて行く気がないのかと思った」と言われます
(DID同病者とツイッター上で交わした会話。症状の苦しみと、症状によってやりたいことが自由にできない苦しみの二つに同時に襲われる毎日。格闘。)


▼メモ:ボーダーからの回復/ 罹患までの過程としての他人からの「自己否定」と、回復に向かう段階での「自己否定」。 / 自立までの孤独な格闘で獲得する自信→完全自己否定から立脚した自己像/ 病理を説明する上でも、回復を考察する上でもやっぱりボーダーのキーワードは「美意識」
(境界性パーソナリティ障害(ボーダー・または境界性人格障害)からの回復について、講演・講義をする予定のため整理し続けている。真剣に治りたいと苦しみながらも生き抜いている方に、必ず役に立つワークショップにしなければ無意味だと思っているので、自己の経験と失敗をベースに形を作っていっているところ。このメモは、講義の導入部分。ボーダーについて考えたらしい。)

(この日は、DIDやボーダーについて、割合前向きな姿勢でいた模様。)


-------11月5日-------

▼パン買いに出たら、猫に遭遇。友達になるべく、ただ今何気なく佇んでる作戦なう。白い長毛でかっこいい!
(最近、パンが好きで仕方ない。猫としばらく空間を共有したが、興味を持ってもらえず去られてしまった)


▼朝ごはん買いに出たら、そのまま歩き始めて、あちこち寄り始めて、帰宅したら昼過ぎ。たくさん写真撮れたからブログにアップしよう。青山先生のブログ見に行ったら、人間ドックに入ったという記事。プライベートな青山先生、キュートだ。キュート。2回言っときたい。
(「青山先生」とは、医者ではない。私の生き方の手本となっている方。)


▼朝から調子こいて散歩したらダウン。なんか気持ち悪いし、パニック障害出てきた。ベッドで大人しく本読みます。健康になりたい・・・。
(散歩ごときでダウン。思っているより自分は健康ではnないのかもしれないと毎度思うのだけど、すぐに毎度忘れてショックを受ける。最近パニック障害が再発してきている。その時期と、解離が悪化したと思われる時期が重なっているように思う。何があったのかは思い出せない。)

-------11月6日-------

▼また「入院しなきゃ脳」になった。泣きたい。いっそ休止のカウンセリングを再開して催眠で人格交代させてもらおうか。何か耐え切れない。私には生活していくの荷が重過ぎる。そんなに私は自分が思ってるより強くないみたいだ。私じゃ無理かも。Sとかわりたい。昨日から考えてた。考えてないふりして。
(Sは、去年か一昨年あたりに頻繁に意識の上層にいた人物。Aを守らなくてはという私とは正反対の意見を持ったS。でも淡々と事務的で一番信頼できるから、何かあるとSが浮かぶ。でも、確かこの時Sは見当たらなかった。)

-------11月7日-------

(1日丸ごとすっぽ抜けた感覚。9日になってから、自分の感覚が1日ずれていたことから、この日の異常を自覚した。)

-------11月8日-------

(朝起きるなり、携帯でツイッターに一気に書いた。泣いていたと思う。)

▼何でこんなに打ちのめされた感があるのか分かってきた。ボーダーからの言い掛かりや縋り付きや謂れのない罵倒、白を黒と言った直後にまた白と言い、関わった人間のせいに全部するそれに付き合わされたからだ。誠意や努力を悉く徒労にさせられるばかりか、それを取っ掛かりに次の罵倒への悪循環。→

▼→残る誠意をかき集めて出来ることは、何もしないってことしかない。私が出来ることはすべてやった。自分でやらずに私にまた丸投げすることに、何の思いやりも感じない。言うこととやることが違う人と関わると生きる気力が失せる。罵倒の内容も記憶に残り二度と消えない。

▼→何病でも診断名は構わない。対人関係において無関係。自己矛盾に他人を巻き込む堪え性のなさや無責任さが大嫌いなだけ。罵倒という行為に言い訳は通用しない。不安定だったからなんて通用しない。私は自分にそれを課してる。だから人にも課す。罵倒も脅迫もうんざりだ。

▼他人の魂をエサにする依存的人間は、必ずもっともらしい言葉(家族・友達・恋人・愛・心配・思いやり)を根拠にしたがる。それを持ち出せば何しても許されると胡座かいて自分を律しようとも自立しようともしない。たとえ相手をメッタメタに傷つけたとしても、愛のうち。そんなでたらめ、もううんざり。

(ここまで書いて、自分が誰なのか分からない、交代しても別に構わないという心地は、最近のこれらの体験から来ているような気がした。でも、確信は持てていない。)


▼こんな偉そうなこと呟けるのは、私がもとは無責任で感情にだらしなくて依存で他人を食い荒らし逆に食い荒らされてきて生きてけなくなって、命懸けで何度も自分を立て直して今があるから。この点だけは私は自分に誇りを持ってる。自分を恥じずして自分は変えられない。
(何度か死に掛けて、死んだほうが楽な気がした治療を経てボーダーたる最悪な状態から脱したので、この誇りはしっかり自分の中に根付いて不動のものになっている。)


▼ここらへんに最近の不調の原因があるのかもしれない。気付けば薬漬けだし何もできないし、人との関わりに無気力だし、電話恐怖症は前より悪化したし、一日の大半記憶か意識がない。<美鳥>にしがみついてる気力も殆どない。今なら交代してもいい。Sが生活してくれたらいい。本当に私は疲れたよ。
(また「S」。「S」に特別信頼があるというわけではなく、単に距離が2番目に近くて、適格だろうというだけ。SとAの間にあるような親密さというものは殆どないので、私はもっぱら孤独を感じる。Sの答えはなし。)


▼「自殺か他殺の可能性の場合は即入院」と医者に言われてるけど、「人格交代してもいい」「自分は降りたい疲れた」てのは自殺願望に入るんだろうか?自殺よりまだ全然前向きな感情かな。わかんねー。既に解離起こしてんのか??自分の感情が随分前から分からないんだよな。どうしたんだろう私は??
(ここらへんから、Aの声が幻聴でうるさくなった。幻聴は、とにかく神経が疲れる。)


▼意識とんでる間に見たかった番組録画してあって、自分がやったのか「人格」とやらがやってくれたのか分からないけど、こういう優しさに触れて踏ん張らなくちゃと思うのはこれで3度目。孤独だけど孤独じゃないこのシステム。ちょっと頑張る気力が湧いた。私が諦めたらそこで試合終了です。(安西せんs
(「龍馬伝」を見たかったけれど意識が朦朧とするので、どうでもいい心境になっていた。翌日見たら録画してあった。前にハーゲンダッツを大量に買い込んでいてくれたのと同じパターンだと思った。他にもあったけど詳しくは忘れた。ほだされるような、たかがこれくらいで私が必死で生活をやりくりしてる苦労には値しないような、複雑な心境になった。)


▼諦めたい諦めたい。本当は諦めたい。もう頑張りたくない。消えたい。降りたい。休みたい。自分のどこにもエネルギーが見つからない。涙も出ない。死にたいって明確な意識もない。解離解離解離で意志も思考も靄になる。本心が自分で分からない。全員の意思を聞いてまわろうかという気になっている。
(私の本音。「全員」は、内側の人たちと世界。でもこれは言ってるだけで、私の意志では行けない場所が殆どだ。)


▼今このタイミングで内側に潜ると二度と戻ってこれなくなる気がする。とても潜りやすい意識状態だとは思うんだけど。それとも今の状態は、「潜れ」て示唆なんだろうか。「青い部屋」が見当たらない今、それもあまり意味がない気がする。なんとなくだけど。何が正解か分からない。私が決めるしかないのか
(自分で決めるのも嫌になっている呟き。全てが面倒で無気力。でも容易に決断すると危険な気がしていた。同病の友達2人から、「自分ひとりでそれをやると危険」と言われて踏みとどまった。
「青い部屋」は、内側にある人工的な青く光っている部屋。カウンセラーの解釈や自分の経験から、自分にとってメリットがある部屋らしいと最近知ってから、常に気になっている。色々この部屋を巡っては事件があって、簡単に説明できない。中の人たちに直接会ったことはないが、部屋自体のシステムに一番興味がある。)


▼動悸止まらず何日目かなので、結局今日も頓服投入。敗北感著しい。
(薬では治らない病気を抱えているので、副作用で行動制限されたくないので薬は最小限と決めている。なのに頓服を飲まなければ、じっとしていることもできない。「頓服をのまない」という低いハードルも越えられない自分には、しょっちゅう無力感を感じる。)


▼私が人生の大半を過ごしてきた某巨大宗教団体。久しぶりに実家に帰ってみれば、あの新聞の異常さが更に際立って見えた。洗脳から抜けるには随分かかった。あの団体の異常さ、洗脳度の高さは、中にいた人間にしか分からない。傍から見てもそこそこ異常だろうが中にいると言葉に尽くせぬ狂気の沙汰。
(尖閣諸島の問題から、政治の問題、政治に絡んでいる某巨大宗教団体へとシフトしていって、頭の中が過去のエピソードあれこれを思い出す状態に。)


▼自分が実際に中にいて見聞き体験したことは、ブログに書くか、講演するか、とにかく形にして全て公開する準備をずっとしてる。あの団体の存廃はどうでもいいのだ。ただ、私が体験したことだけ、そのままを伝えたい。ネットが普及して、ようやく私のような「退転者」にも発言の場ができた。活かしたい。
(存廃がどうでもいいのは本心。攻撃する気もない。宗教や団体が問題ではなく、人間のさがが問題だと思っている。)

-------11月9日-------

▼大阪、本日、晴れ、突風。意識状態、下の中。思考状態、中の下。やる気、上の下。身体状態、上々。リプ、メール返信、DM返信状態、下の下。2ヶ月前から停滞。
(ブログを書いて、自分がかなり良くない状態にいることを自覚。翌日から朝に自己チェックをすることにした。)


▼今日はダウンする前にちょこちょこ意識的に休みを挟んでみようと思う。読みかけの本とあわせて3冊読破したい。大掃除もちょっとでもいいから進めたい。13日までに終らせたいな。
(工夫して自分を何とか制御しようという意識。実際は1冊何とか読み終えただけ。掃除は進まず。)


▼頭痛がぁー・・・解離と頭痛は切り離せないものなのかぁ・・・・ちょっと本気で入院して静養したい。二日にいっぺんは「入院」て言ってるな自分
(そういえば、1,2ヶ月前から「入院するべきか」と考えている。解離が悪化した時期と重なる。何があったのか。)


▼目標とする人まで、遠く遠く、とても遠い。自分が間違えていないか、常に気になる。がんばりたい。
(ありがたいことに、目標としたい人、手本としたい人が私には数人いる。自分に執着できないが、尊敬する人の生き様に触れるともうちょっと頑張る勇気が少し湧いた。)


▼あと2週間もしたら青山先生に再会できるのか。考えると怖気づいてきた。がんばれ自分。胸張って会えるように頑張れ。とにかく意識をちゃんと持っておかないと。
(自分が怖気付くくらい尊敬できる人に恐れずぶつかっていくことをやらないと、自分の未熟さもお恥ずかしいお粗末さも思い知ることができない。自分の分を弁えず、とにかく当たって砕ける度胸だけは持っているのが幸いだ。生き方に触れたいと思う人を見つけたら、たとえ有名人だろうが何だろうが、直接会うことにしている。でも、今の状態だと卑屈さと恐怖が先に立つ。その日に自分が自分でいられる保証もない。)


中途半端に、私の内側について記述することになってしまった。誤解や不足部分を想像で補われる可能性を避けるために、一度に全て説明したいのだけど、まずは感覚自体が相当異なることを最近知ったので、どう表現すれば正しく伝わるか苦慮している。それに、私自身が明確に把握し理解できているわけでもない。
でも、今のところカウンセリングはドクターストップがかかっているから、自力でできることはやるしかないので、殆ど私個人にしか分からない記録になってしまったかもしれない。
後日のTwitterも、また纏めてアップし、回復へのヒントを探したい。

今日のブログ記事も、とても無味乾燥な文章になった。
私は、血や涙を含んだ人間なのか。私から感情が消えているとき、感情はどこに行っているのか。考えても絶対に分からないことは、無闇に不安と脱力感をもたらす。


◇関連
私のツイッターは、こちら→
Twitter mitorin

※コメント欄は一時閉鎖しています。過去記事へのコメント返信を終えてから開放させて頂きます。
応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

解離性同一性障害 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1108-da0c5a0c

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。