--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/15 (Fri) 手首と記憶の蓋 ? 解離性同一性障害 ?

生活をコントロールする工夫を重ねてきて、酷くダウンする時が減ってきた。フラッシュバックに襲われたとき以外は、大概のことでは生活リズムを崩さなくなってきた。
ジム通い(筋肉信仰)は今は抑えて、部屋の大掃除に毎日費やしている。朝から晩まで寝る直前まで片付けている。ここ1年半くらいは、治療のために症状が一時期悪化して、部屋の掃除どころか生活もままならなかった。その分、今月集中的に部屋の美化に努める計画だ。

片付けをやり始めてみると、部屋のあちこちから「そういえば2,3年開いていない箱」とか「何を入れたのか全く記憶のない袋」などが出てくる。
数年前に幼児退行を起こし、同時に子供を名乗る人格が生まれた時代の遺物を掘り起こしてしまった。昨夜のことだ。赤ん坊の段階から育てなおしを受けたときに使われた、子供用の絵本数冊だった。

嫌なものを見たなと思い、埃を払って別の場所に移した。できるだけ頭から追い出すようにして片付けを続け、お笑い番組を見て、あははと笑って眠った。

今日の昼くらいに気づいたら、右手首が傷ついていた。リストカットにそっくりだ。気づかないうちに怪我をしたのか。記憶がない間のリストカットなのか。
昨夜絵本と共に、あの時期に関連する物を他にも色々発掘していたことが思い出された。蓋をした記憶、潜在させた記憶は、ふとしたきっかけで氾濫する。お笑いを見たって何したって、誤魔化せないのは今まででよく分かっているはずなのに。

自分が記憶にない間に起こったことに関して、一々こだわらないことにした。最近になって、ようやく肝が据わってきた。でも、記憶がない間の自傷や自殺未遂は困る。特に私は、リストカットが大嫌いなのだ。

解離性障害の中でも、特に解離性同一性障害(DID)は重度だといわれていて、医者からどうこうも指導を受けられない。薬では治らないことは明白で、カウンセリングにも限界がある。週に1度通っていたとしても、解離と共に24時間生活していかなければならない当事者にとっては、もどかしい進度だ。ことは生活がかかっている。命もかかっている。

どうすれば治るのか?
専門家が匙を投げていても関係ない。専門家が、ゆるゆるのんびり研究している時間もこちらは待てない。だから、自分で考えるしかないと思うようになった。

記憶にない時間について考えるのは、仕方がないこと。記憶がないということ、「分からない」ということがDIDの症状だから、失った記憶については積極的な諦観の構えでいようと思っている。
でも、自分の意識がある時間、この時間だけは自分がしっかり毎日後悔しないように生きたいと思う。今は、そればかり考えている。
自分のことが満足にできなければ、失う記憶の時間に踏み込むことなどできなくて当然だし、そんな余裕もない。
人格とか解離とか関係ない。意識がある間は、自分らしく暮らす。それが今の私にできる現実的で、最低限で、最大の努力のような気がしている。

手首の傷は、軟膏を塗っていると情けなくて涙が出る。薄い恐怖にも襲われる。悔しくて泣きたくなる。昨日も今日も頑張って、明日も頑張るつもり。でも、抜けた時間に何かが損なわれる。悔しい。
生きていくのが難しい。とても難しい。自分を保って、地味に今日も明日も回復へ一歩ずつが難しい。でも一歩ずつしか歩けない。一歩だけ。一日たった一歩だけ。


※コメント欄は一時閉鎖しています。過去記事へのコメント返信を終えてから開放させて頂きます。
応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

日々日記 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1098-ce111bec

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。