--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/22 (Wed) 代理人M  ? 解離性同一性障害 ?

20100922.jpg


私が、私を救い出すしかないみたい。
誰かがやってくれたらいいのにと思っていても、自分しかいないみたい。
気がついたら、私しかやれる人間はいないみたい。
みんな過去に縛られて、縛られてることにも気づかずに必死で引きずっているらしい。

優しかった(らしい)男が、最終的にはAを傷つけた。
再起不能なまでに心をズタズタにした。多分、巧妙な嘘も、雑な嘘もついただろう。同時に、心からの愛も告げたのだろう。極悪人なんてこの世にいないことが、余計にズタズタにするのかもしれない。

罪を憎んでも良いのか分からないのなら、私が当時どんな罪があったのか、彼女が何に傷つき、何に惹かれたのか検分しよう。この私の目で。過去からは、逃げられないのだ。

私は、戦闘要員の人格。だからこそ生き延びてきた。いつも解離が私の味方をしてくれるわけじゃない。損な役回りばっかりじゃないかと脱力し途方に暮れることの方が多い。

戦うことには向いている。だから、癒すことには向いてない。

そう思ってきたけれど、DID(解離性同一性障害)から回復するには、「治療的人格」が必要だと聞いた。
まっぴらごめんだと思っていたし、私は適任ではないと思ってきたけれど、私しかいないのかもしれない。

それでも私は、戦うことにしか向いていない。
まっすぐにバカの一つ覚えで、ただひたすらに真っ直ぐに全てを自分の目で見て耳で聞き、足を運んで体感し、自分の頭で考えるしかできない。

そんな私に、治療的人格が務まるのか分からない。
でも、これ以上こんな繰り返しで死にたくはない。

数日前に、突然Aの声と感情と記憶の一部が流れ込んできた。
私は、本を読んでいる間も、最近始めた切り絵に没頭している間も、深い意識の中で響く声に黙って耐えた。聞き続けた。腹も立って、作業ナイフを太ももに一度突き刺した。それだけで、あとはAの声を聞いた。
私は、なぜ泣くのか分からず始終泣き続けた。本を読んでいるときも何をしているときも、Aの感情が流れ込み続ける間泣き続けて、疲れ果てた。私が泣いていたのか、Aが泣いていたのか。


私が、救うしかないみたいだ。
私のやり方でやるしかないみたいだ。
専門家は何と言うのか分からない。


こんなやり方は、ちょっと聞いたことがない。
でも、私がやるとしたら、これ以外の方法はない。
統合や喪失したままの記憶を扱うには、専門家の立会いは必要だろう。
すべての準備を整えて、私は少なくともAの問題を代理で片付けようと動き始めた。

Aという人格が生まれた瞬間に立ち会った私が、Aという人格を生みだしたある男に会いに行く。
Aのふりをして電話をし、その後Aのまねをしてメールを書いた。
Aと私は、何もかもが正反対だ。真似て書くのはどう頑張っても不可能だったから、諦めて私の文章で書いた。

男に電話をする時、返ってきたメールを読んだとき、体中が凍り付いて、一度だけ吐いた。
私は、あの男が嫌いだ。押さえ難い殺意にすらかられる。
しかし、Aはあの男が恋しいと言う。
そのどちらをも、私は認めよう。今日の今日まで認めずに来たが、私は殺したいほど憎み、Aは何をしても執着を捨てきれずにいる。どちらも認めよう。認めるために、私が男を見定めよう。

過去に何があったのか、私は断片的にしか知らない。
Aはすべてを知っているのか、私には分からない。会話はできない。
私たち以外に知っているのは、あの男しかいない。
私は、真実を見定めるために、殺したいほど憎い男に会いに行く。
その準備をしている。
まずは、入院先の確保からだ。

2年前は、電車に乗っているだけでパニックを起こし、殺意を抑えるだけで精一杯だった。

今回、何度目の挑戦で、あの男がいる地まで辿り着けるか分からないが、確実に私は倒れるだろう。その時にも、私は負けずに生き延びなければならない。生きるために、戦いに行くのだ。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ


以下の過去記事コメントに返信しました。お名前は、以下の方です。

◇反吐
・sigerunlovedさん
・プラチナ☆ママさん
・土鍋ごはんさん

遅くなりましたmm

関連記事

解離性同一性障害 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1086-c12febc7

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。