--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/15 (Wed) 自分に繋がるもの ?解離性同一性障害 ?

20100915.jpg

ある解離性同一性障害の友人のブログ記事を読んで、眠れなかった明け方にコメントを書いた。
私の気持ちを荒いざらい書きたくなって、気が済むまで書いた。同病者にしか分かってもらえないかもしれない、解離性同一性障害の苦しみ。回復への細い細い希望。細すぎて儚いから、私は怖くて怖くて進めずにいる。

自分が書いたコメントを、このブログにそのまま転載することにした。
明け方に一気呵成に書いたコメントで読み返しもしなかったけれど、今これをアップするために読み返して私は泣いた。

たまらなく辛い気持ちになる。
この気持ちは、どこから来るんだろうか。
私は、この気持ちを抱えて、どっちに歩いて行けるんだろうか。
治ると思っている。
思っていないと生きられない。今日も明日も明後日も。

この記事のコメント欄は、開放します。
---------------------

<自分に繋がるもの >

私たちDIDは、記憶の隔離だけでなく、事実と感情を切り離して別々の場所にしまっていたり、起こった出来事を幾つものパーツに切り分けていたり、その中にファンタジックな空想を織り交ぜて当時の苦痛から逃れることを繰り返してきてる。それぞれが、関連を持たずに内側でバラバラになっている状態だと思います。

だから生きて来られたのだと主治医から言われるけれど、私は、それはベストではなくベターだったのだと思う。本当ならば、ちゃんと自分のことを自分のこととして感じて生きていたかった。私は、人生の殆どを解離したまま生きてきて、解離してるからといって楽じゃなかった。絶えず何故か疲れて疲れて仕方なかったし、苦痛と同じく喜びもぼんやりしてた。誰かと一緒にいても誰と一緒にいるのかよく分からなかった。そんな曖昧で酷く疲れる解離で生き延びたとしても、私はそれを喜びだとは全く思えずに来ました。僥倖だと思えず、自分が一度も感じたことのない「鮮明な世界」に生きてきた健常者の世界ってどんな世界なんだろうとショックを受けた。それが数年前です。

私は、ある人格を殺したいと思ってる。同時に、その人格は私から見て辛い経験をし過ぎていて共感してしまう。だから、私は憎んでしまうのかもしれません。
同じように、私のことを邪魔に思っている人格もいるし、何を考えているのかカウンセラーにも全く喋らない人格もいる。
他人のことのように感じるけれど、自分の体がやるこれらのことを、他人は他人とは見てくれないし、自分も決して無関係ではいられない。意識がない間に気がついたら死んでましたなんて冗談じゃないよね。気がついたら変なもの(砂とか葉っぱとか玩具とか)食べてたなんて、しょっちゅうです。

DIDは、なぜバラバラなのか自分と向き合うか、バラバラなままで生きていく方法を探すか、どちらかしかないと思う。
でも結局、どっちを選んだとしても困難。苦痛は続くし、私は身体症状に参ってる。考えようでどうにでもなるものじゃないから、DIDからの回復は模索し続けてます。
生活に支障が出たり苦しかったり死にたくなったり殺したくなったり息ができなくなったり倒れたりする毎日の隙間で、好きなことをちょこっとやって死んでくなんて嫌だ。
鮮明な世界で、過去も全部ひっくるめて自分はこれをやりたかったんだ!と一度くらい快哉をあげて死にたいって思う。

人格の誰かが「治療的人格」になって皆の話を聞いてあげれば良いと随分前に聞きました。でも、私はそれをどうしてもできずにいます。怖くて。何が出てくるか分からないし、背負いきれないから切り離したはずのものだから、それに傾聴して私が耐えられるのか、考えると恐ろしくていまだに出来ずにいる。

でも、全員が必ず時間軸で繋がっているはず。傾聴しなくとも、彼らの感情や思考が流れてくるときもあるんだと思う。

こう書いてても、やっぱり私は人格の話が聞けない!と怖気づいてる。いつか、いつかと私も思ってます。
DIDは治らないなんて、思いたくない。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

以下の記事にコメント返信しました。記事とお名前は以下。
◇メランコ
・laccodoさん
・凛さん
◇ラインオーバー
・凛さん
・めぐぴーさん
・浅葱れんさん
◇皮膚の着ぐるみ ? 解離・自傷・自殺 ?
・ブラックジョークさん
・桂子さん
・ニコさん

お返事、大変遅くなりましたmm

関連記事

解離性同一性障害 | trackback(0) | comment(7) |


<<命の失格者は空が嫌い ? 宗教洗脳・パニック障害・対人恐怖 ? | TOP | 真っ暗にして >>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

いつかかならず良くなる日がくると思います。

焦らずにゆっくりでいいと思いますよ。

2010/09/15 19:24 | KIRIYAMA [ 編集 ]


 

こちらのブログ、しばらくなかったですが・・・

2010/09/15 19:56 | 哲老 [ 編集 ]


こんばんは 

 読んでいて泣きそうになりました。苦しみが楽になりますように。前に進む勇気がどうか持てきますように。 僕もがんばりますね。

2010/09/15 19:59 | まよ [ 編集 ]


 

複雑に細分化されてしまった人格を、引き寄せて、少しずつ少しずつ解いていくしかないのでしょうね。統合が進むことでご自身の歴史、そしてこれからが認識できる日はくると思います。
私も失った記憶を思い出すべきか、果たしてそれを受け止められるのか。崩壊するのじゃないかと不安になります。
纏まれないでいるけれど、美鳥さんはここに存在しているし、美鳥さんと繋がる人もこんなにたくさんいる事実は、美鳥さんの存在の動かぬ証拠です。
希望を捨てないことこそが、最後の希望じゃないかと。最近感じています。

2010/09/15 20:28 | 浅葱れん [ 編集 ]


 

心にズシーンときました。私はまだ自分の過去の記憶の苦しみから抜け出せず、後ろにも前にも行けずにいます。
何を書いて良いのか分かりませんが、どうしても
メールしたくて、
私も今とても苦しいです。でも頑張りたい。

もっと思ってる事あるのになー、言葉が出て来ません。こんな文でご免なさい。
頑張ってください、応援してます。

2010/09/15 23:51 | momo [ 編集 ]


はじめまして。 

ずっと、私なんかのブログを覗いて頂き、そして私も美鳥様のこのブログを覗き続け、もう、一年半以上が過ぎていますね。
私みたいな宙ぶらりんな人間が、美鳥様にコメントするのは分不相応だ、と自ら思い続け、ずっとただ見守るだけでしたが、腹を括ってコメントしようと思います。文才や要約能力皆無な人間ですので長くなると思いますが、どうかお付き合い頂けると嬉しい限りです。
…解離性障害は、なったから生きてこれた、と私もよく言われます。
忘れたから生きてこれたんだ、解離を起こしたから生きてこれたんだ、とよく諭されますが、私の本音は、弟のように荒れて、ただ感情のコントロールや対人関係がうまくいかないだけの人間になりたかった、なんて思います。
そんな弟は、「姉ちゃんは病気で羨ましい。学校休めるしさぁ。」なんて母に漏らしていたそうですが、私から見れば、ただ暴力的な性格になっただけの弟の方がよほど羨ましいです。
最近、悪化したり好転したり、そんな周期を重ね、一日の中で躁鬱繰り返し解離も引き起こしながらも、今は全体的にはなんとか何も感情を感じないながらもハイでもローでもない中間地点にいます。
9月に入るまで、拒食や絶食が続き、気分も滅入り、本当に自分でも気持ち悪いと思う記事も書いていました。
その時は、自分が生きなくても、他にいるらしい自分が生きればいいじゃないか、と自暴自棄にもなり、部屋に閉じこもったりもしてました。
その一方で自分の趣味か何かで自分を安定させようと足掻いて、なんだかリアルの男嫌いとヲタ方向に磨きがかかってしまったのですが。
リア充爆発しろとか、よく言ったものです。
一時期美鳥様がブログの更新をされていなかったので、本気で心配しました。
他の美鳥様に殺されてしまったのか、とか、まさか自殺なさったのか、とか、物騒なことばかり考えてしまいました。
また復活なされたようで、本当に安心しました。
こんな、アンタ本当に解離患ってんの?と訊かれそうな言動をブログ内で繰り返している私ですが、美鳥様の記事には勇気づけられていますので。
美鳥様や他の解離性障害の方も頑張って生きているのに、私だけ逃げちゃいけない、と思います。
最近、幻聴や幻覚が増えて、気づいたら何か行動した痕跡はあるのに覚えていない事態が頻発しているので、自分で自分が怖いです。
何をしでかすか分からない自分が怖いです。
…今年の夏も、結局身に覚えのない自傷の所為で、24時間体制で長袖長ズボンにリストバンド着用でした。
そんな時に限って、30年に一度の猛暑とか、お前ふざけてんのか、と、地球上の生きとし生けるものどころか地球そのものさえもが憎く感じました。私も相当自分勝手だな、と自分で自分に呆れの溜め息を何度も吐いたものです。
何が楽しくて身体を切り刻んでいるのかも分からぬまま、オマケにオン友に不安定なメールを送りつけたり等の生活を送り…失ったものも沢山あります。
「鮮明な世界に生きてきた健常者」、って、私もよく分からぬまま成人してしまいましたし。
むしろ、この自分から見えている世界が「当たり前」だと思い生活していたので、これが「当たり前」ではないと知った時には酷くショックを受けました。
それに、いつも存在するのかも分からない存在に一方的に話しかけられ、なのに私の声は誰にも届かず、もどかしくて、一人称がオレのヤツと一人称がアタシのヤツは相変わらず私のことが嫌いなようで、死ねよ、とか、消えろ、とかいう幻聴がしょっちゅうです。過激ですよね、二人揃って。
もし本当にお前らが存在するのならば、いつかお前らは私が消してやる、と思いながらも結局難航しますし。
せめてもの救いは、美鳥様より解離は軽く、抑うつ等の他の症状は今のところ「××気味」という診断で止まっているので、まだ完治への道の光が細すぎない、ということかもしれません。
なんだか私なんかを守ってくれる私もいるみたいですし、自らを悲観するのは贅沢だ、と自分で思います。
私も自分の過去は知るのが怖いです。知らない間によく変なもの私も食べてますし、知らない間のODで薬害起こして気づいたら精神病棟に収容されていた、なんてこともありますし。私のせいなのか、それとも大学病院の改装の際に捨てたのか、私が意識手放している間に食べていたらしい観葉植物は今撤去されています。
…私はまだ、「解離性障害」と宣告されているだけで後は言葉を濁され、DIDなのか、それともただ健忘起こしているだけか、分からないのも辛いです。
私が自らを「宙ぶらりん」と称したり、「中途半端」と称すのは、この所為です。
もう、何年この状態で膠着しているのか分かりません。
ところで、唐突ですが、解離性障害に分類されるものは必ず治ります。
これでも私、リハビリ専攻とはいえ医療従事者のはしくれです。(情けなくも解離悪化で休学してますが)
勿論、フラッシュバックや解離に怯えながら、臨床心理学も必修科目として学びました。(流石に単位が貰えるギリギリまで特にフラッシュバックしそうな項目のところは授業フケましたが。)
こんなにも辛くて、統合失調症と酷似した症状を起こしながらもどうして「神経症」に分類されているのか…それは「可逆性」だからです。
「寛解」ではなく「完治」と称せるのも、そのせいだと聞きました。
ですから、どうか気を落とさずに…
必ず、治ります。
これからも、ちょくちょく覗きに来ますね。
私事ばかりを話してしまい、おまけに纏まりのない乱文を長々と、大変申し訳ありません。
それでは、失礼致します。

2010/09/16 21:02 | 氷雨 [ 編集 ]


コメント欄の解放ありがとうございます。 

お久し振りです。
前回の講演に行けなかったミズエです。

色んな事が美鳥さんには起きていたのですね。
美鳥さんの躯と“美鳥さん”が心配です。
息は出来ていますか?

昨日の事ですが、妹と一緒に心療内科に行ってきました。付き添いとして。
妹は苛々したようで、しきりに爪を噛んだり、自分の腕に爪をたてたりしていました。私は先生から質問されたり、妹の覚えていない事を説明したりしたのですが、解離と記憶障害?を云われていました。
そのあと、妹が苛々していたので『納得できなかった?』と聞いたら『自分の事を知ったように話す自分が気持ち悪い』と云っていました。
美鳥さんの日記にも記されている様に、別人格の話に耳を傾けるのは怖いみたいです。妹は『うるさい』と。向き合うのも出来ないみたいで。

きっと美鳥さんと同じように苦しんでいるんですね。どっちの道に進んでも苦しいと。
だから出来ないし、やりたくないし、出来ない自分が嫌だし、死にたいそうです。

やはり自分自身の問題だから私(他人)には何も出来ないのでしょうか。
以前、美鳥さんが仰ってた手を差しのべられると拒絶していまうというのは、自分のテリトリーに近すぎると拒絶してしまうということでしょうか?

美鳥さん自身も満身創痍の状態でこのようなメールを送ってしまい、すみません。


兎に角、美鳥さんが少しずつでもブログをアップしてくださる事が私は嬉しいです。此れからも書ける時に書いてくださいね。ツイッターも見てます。

長文、乱文失礼しました。

季節がら、体調には充分御自愛下さい。


かしこ。

2010/09/16 21:27 | ミズエ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1083-2a0d81a7

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。