--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/01 (Wed) お久しぶりです。

お久しぶりです。
突然ぱたりと更新が途絶えてしまい、コメント返信もできず、どこへ消えたのかと思ってらっしゃる方もいらっしゃったと思うのですが、それなりに元気に過ごしていました。

ブログに文字で書き留めるスピードに追いつかないほどに、現実が加速してしまい、そちらについて行くのが精一杯でした。まだうまく言葉にできないけれど、最近の私はとても変わりました。自分の変化にしばらく戸惑っているばかりでしたが、最近になって受け入れる気持ちが芽生えてきました。

変わっていく私は、これまでのこのブログにちゃんと書き留められていたのか。

いつも考えるに、劇的に変化するとき、特に人間不信と自己嫌悪が私にとって一番越え難い難所なのですが、そこをひとつひとつクリアして越えていくとき、現実は怒涛のように渦巻き、凶暴に流れていくので、文字に書き起こすことができません。


通院は、続けています。境界性パーソナリティ障害はほぼ完治に近く、今のところ生活する上で殆ど障害にならないので少し生きやすくなりました。私の中から苦しみが去ったのかというと、そう都合が良い話でもなく、自分比で以前の6割ほどは苦しいままです。自分を抑える苦しみです。理想化とこき下ろしはしなくなったのですが、不安になると相手よりも先回りして自分を切り捨てるシュミレーションを頭が勝手にやってしまう。せめて行動化しないように、寸前で自分の中にぐっと留めることをやるようになりました。

ゲロ吐いちゃったほうが楽だってわかっているけど、吐かないで飲み込む。

お食事中の方には申し訳ない酷い喩えなのだけど、そもそもボーダーの行動化なんてものはゲロみたいなものなので、それを吐き出すのも苦しいし、飲み込むなんてもっと苦しい。吐き出すのも飲み込むのも本当は耐え難い。そんな意味で、うってつけの喩えなんじゃないかと思ったのでした。


カウンセリングは、随分と行っていません。4ヶ月は行ってません。状態が悪いときもあるけれど、何とか自分で切り抜けられることが多くなりました。頻度をあげて行く時期は、私が克服するに至っていない解離性障害、特に解離性同一性障害の症状が悪化した時です。この症状ばかりは私自身だけではどうにもならず、危険も伴いそうなので、カウンセラーに半分お任せしています。

解離性障害は、今のところ以前とあまり変わりがありません。記憶にない買い物や行動が続いているので、薬が変更になりました。他にもあらゆる症状には「今のところ」と前置詞が必要です。
先が分からないから。でも、先なんて分からなくていいと思うようになりました。達観でも諦観でもなく、静かに腹を括ったと言ったほうがいいのかもしれません。

交代人格について、深く考える時期もあれば、全く考えない時期があります。
今まさに、長い後者の時期を終え、またちょっととりかからなければならない時期に差し掛かってきました。
「取り掛からなければならない」じゃなくて、「取り掛かれそう」な時期かもしれません。ずっと内側ばかり覗き込んでいると、解離性障害者は自分の内的世界や幻影や過去に吸い込まれてしまって、現実生活を送れなくなるので、自己防衛でちょっと離れていたところがあります。


更新しない間の大きな事件といえば、一度自殺を企てたこと。これはもうすぐに治まったのですが、ピンポイントでとある人に迷惑をかけてしまい、ああ自分は境界性人格障害が完治したわけじゃないんだ、ひょっとしたら一生付き合っていかなくちゃいけない可能性もあるんだと痛感した出来事でした。

もう一つ個人的なデカい事件。
それは、買ったばかりのノートブックに野菜たっぷりコンソメ味のポトフをぶちまけてしまい、キーボードが大破したことです。もう1文字だって打てやしません。どうやらスープの塩分が入り込んで、徐々に侵食して回線をショートさせた模様。ネットブックは、明後日から入院します。元気になって帰って来いよ。できればリカバリーされずに(祈)。


自分のPCが使えないので、今このブログは実家のPCで書いています。
あまりに久しぶり過ぎて、まるで他人様のブログみたい。私は、どんなふうにブログを書いていたんだっけ。ふわふわした感じが、読んでくださる方に伝わっているかもしれません。ていうか読んでくださる方いらっしゃるのであろうか。不義理過ぎて、仮想腹があるなら何度か切腹しています私。


手元にある抗うつ薬が二日前に切れてしまい、ただいま断薬症状のせいでフワフワもしています。
シャンパシシャンパシと、切れた薬のせいで細い電流が脳内で瞬いては散ってゆく。いつか薬を飲まなくても何とか生活できることは、目標のひとつです。


久しぶりのブログの最後に。

先月の8月は、怒涛のような1ヶ月でした。あらゆる人が私の目の前を行き交い、私に話しかけてくれ、私に呼びかけてくれました。現実世界で、誰一人同じ人はいない同じ人生はない人間の生き様に触れました。
それぞれの絶望、希望、悔しさ、悲しさ、絶叫、意地、弱音、強がり、どれも胸に刺さる二度とない夏になりました。

私は、人間不信ですが人間が大好きです。最大のアンビバレンツを抱えています。
相変わらず人間が嫌になります。自分が自分で思い通りにならず、そんなことばかりで冬眠したくなることもしょっちゅうです。解離性障害という私の病の一つも、そんな逃避願望から生まれたのかもしれません。

それでも人間が好きなのは、病んでいようが病んでいまいが、正直に陰日向なく生きて、時々死にたくなっても自傷しても薬でふらふらになっても、結局しぶとく生きのびて生にしがみついている人がいるからです。
びっくりするくらいあちこちにいます。めちゃくちゃなようでいて、絶対に諦めないしぶとさがあります。私は一人ではないなと思えて、そんな人たちが私は大好きです。

常識人が差別しようが、今仕事ができない病人だろうが、一人になったら絶叫して床転げまわっていようが、関係ありません。
「なんだか死ぬのが難しい」人たちが好きです。
自分が大嫌いで自信もないのに、許せない他人がいたら途端に弱気を忘れて本気で怒れる人たちが好きです。
その人達が苦しいのだと思ったら、同じく苦しい私は何かしたいと思います。
自分のために。その誰かのために。この思いだけは変わらないので、私は最近の自分の変化にあまり恐怖を持たないのかもしれません。

この記事のコメント欄を開くか開かないでいるか。書きながらこの瞬間迷っています。お返事が絶対書けないからです。それでも構わないという方だけ頂ければ、更新の励みになります。
過去に頂いたコメントへの返信停滞があまりに膨大過ぎて、パニックを起こしたままです。何らかの形で必ずお返事をさせて頂きます。平に平に、申し訳ありません。


やっぱり最後は、不義理で申し訳ありませんになってしまった・・・・。
返信できる状態を自分の中で確立して安定させること。今年中の目標です。
不義理者にも関わらず、コメント、メール、応援クリックくださった方々、足を運んでくださった方々、ありがとうございます。ふかぶか。

-----------------------------------------

Twitterで、毎日ブログ2,3記事分つぶやいてます→http://twitter.com/mitorin

※7月2日にコメント欄でご相談くださったKIRIYAMA様へ
今まだ未解決でお急ぎでしたらメールフォームからご連絡下さい。または、後の経過を書いて頂ければ早急にお返事致します。


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(11) |


<<バネ | TOP | 東京こぼれ日記 6>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんにちは 

ブログが更新されてて嬉しいです(^^)
パソコン、災難でしたね…。私はカップラーメンをこぼしておじゃんにしたことがあります。
パソコンみたいな電子機器は完全防水にして欲しいです(;;)

みとりさんのtwitterの文章が大好きでいつも読んでます。インコちゃんが可愛いです。

これからも応援していますm(--)m

2010/09/01 11:17 | ちひろ [ 編集 ]


おひさしぶり 

今回の記事は心に刺さりました。

僕もかつて自殺未遂者で、未だに自分に自信が無くコンプレックスの塊で、他人が怖くて、でもどこかで人を信じていたいジレンマがあります。

長い間苦しみ続けてきましたが、今年くらいになってやっと自分の方向性がおぼろげながらに見えてきたところです。

ちなみに以前から僕は勝手ながらに、美鳥さんの事を共に戦う同志だと思っています。

尚、コメント返しはいりませんよー。


2010/09/02 09:38 | まゆげ [ 編集 ]


はじめまして 

はじめまして!
BPDについてしらべていたら、偶然見つけました。
他人への依存と罪悪感がひどくて、悩んでます。
東大阪在住なんですが、保険が効いて依存やBPD
に特化した病院をご存知でしたら教えてもらえませんか?
今までは独学で自分を治そうと努力していましたが、最近限界を感じてしまって。

2010/09/02 14:34 | まよ [ 編集 ]


ありがとうございます。 

少しは回復され、元気そうでなによりです。
あとで冷静になった時に、あなたも苦しんでおられるのにあのような質問をしてしまい、とんでもないことをしたのではないかと反省しました。

報告としましては、あのあと少ししてから僕のほうから連絡しました。

すると返事がありまして、なんとか元気でやっているとのことでした。

もしかしたら、自傷行為などもしていたりするのではないかと心配していたので、少しホッとしました。
ただ、やはりまだ精神的には不安定なようでした。(もしかしたら僕と離れたことで少しは改善されているかと期待もしたのですが)
僕は離れている間に考えていたことなどや、彼女に対する気持ちも伝えて、支えていきたいことを伝えました。
彼女は『別れたし、付き合ってないのにいいの?』と聞いてきましたが、関係ないと答えました。
そして、お互いに近況を話したりしているうちに会うことになりました。

僕はできるだけ普段どおりにいようと心がけて会いました。
ただ、会ってすぐはあまり会話もなく、お互い少し気まずい雰囲気でしたし、特に彼女のほうは、とても気まずい感じでした。
ですが、時間がたつにつれ、だんだんと普通に話もできるようになりました。

久しぶりに会ってから最初のほうは、とても気を遣ってくれたり、付き合っていた時は当たり前のようになっていたことでも、すごく感謝されたりして、僕自身すごく心地よかったですし、彼女も離れている間にいろいろ考えて、いい風に変わったのかなと思ってました。

そして、また以前のように休みの日には遊びに出掛けたりするようになりました。

彼女が付き合っていたときに嘘をついていたことなどがあり、そういったことも僕の表情や気持ちなどを伺いながら、とても慎重にでしたが告白してくれました。
そうしていくなかで、僕は彼女もまだ僕に好意をもっていてくれて、復縁を望んでくれているのかな?と感じたので、自分の気持ちとやり直したいことを伝えました。

すると、完全には否定はしないのですが、『今は精神的にこんな状態やから』と言われました。

それからもタイミングをみて、何回かやり直したいと伝えました。

すると、彼女いわく、『ここで、うんって言ってもいいんやで!でも精神的にこんなんやから…』
と言うので、僕は『今はこれ以上は言わんとくわ』と言いました。

彼女は頼まれたりすることや、押しに弱く、なかなか断れない性格だと知っていたので、あのまま強引にせまれば、復縁ができたと思います。
ただ、そんなやり方で戻りたくなかったので。

しかし、今は精神的にこんなんやから…
しか言わず、その先は何も言わないので、彼女のはっきりした気持ちなどがわかりません。

精神的に不安定で僕に迷惑をかけたくないから、みたいに言われたとしたらわかるのですが。

まだまだ聞いていただきたいことはあるのですが、ひとまずここまでにします。
今の彼女の心情など、少しでもご理解いただけましたら、お聞かせいただけませんか?

2010/09/03 04:30 | KIRIYAMA [ 編集 ]


安心しました。 

返信なんていりませんよ。
いつも見ています。

2010/09/03 18:35 | めぐぴー [ 編集 ]


返事は要らぬ 

ふっふっふっ・・・
読んでますよ^^;。
私目、自分の(今や幻と化しつつある)アートブログにちょっこし近況載せましたが、
南半球「オ」のつく国で今までにない「冬」(こっちの)を過ごしたところでございます。
明後日には帰国という本日、時折様子を伺っていたこちらを覗き、お~~!!
と思っておる次第。
2ヶ月強の月日、今年はことに厳しいという冬を越え、様々な体験を通し、
「セルフ認知行動療法」と化した日々(涙)。
「よれよれしながら、おせあにあ」日記なるもの綴ろうか・・・やっとこちらは最も美しい
花の季節でございます。(感慨ひたる)
いま、呼吸を整えまた、生まれ育った湿気大国へ戻ります。
自分の近況報告になってしまいましたが^^;、なんかリンクしているような気がして
ついご報告したくなりました。(笑)
よれよれしながら生きてますよ~。(^◇^)

2010/09/03 20:43 | ば~ばら [ 編集 ]


>>KIRIYAMAさんへ 

KIRIYAMAさん、こんばんは。
ブログにお越しくださって、ありがとうございます。
まずは、あらためて、はじめまして。

お返事を早速いただいて、返信できない状態だったブログを気にかけてくださっていたこと、申し訳なく、またありがたく感じています。

二度のいただいた内容を拝見して、あと数日考えてみたいのですがよろしいでしょうか。
KIRIYAMAさんがお知りになりたいのは、彼女の心境のようですが、私は推察はできるのですが、単なる推察に過ぎません。私が唯一お答えできるのは、KIRIYAMAさんご自身が彼女と共依存になっているのではないかと懸念されていた点や、あと僅かにコメントから読み取れることだけです。お力になれるか分かりませんが、数日後にこのコメント欄にあらためて返信させて頂きます。

今のところ拝見していて、大きなお二人の間のズレは、彼女が果たして本当に境界性人格障害であるのかについて共通認識がない点だと思います。その点は、頂いたコメントからはBPDの特徴を感じるエピソードがなかったので何ともいえません。
KIRIYAMAさんが、多少強引な展開でよりを戻しても良いかもしれないがしなかったというお話、私は共感しました。お相手が迷ってらっしゃる間は、その迷いを尊重し、相手にも考えて決める権利を侵さないという姿勢が大事だと思います。相手がBPDの可能性があるのならば、なおのことだと思います。

いずれにしても、BPDと確信されてらっしゃる理由など、情報が不十分ですので数日後にあらためて返信いたします。込み合ったお話でしたら、このブログの右下メールフォームからメールで頂いても結構です。
または、頂いたメールアドレスの方へメールさせていただきます。

とりいそぎ、ご連絡まで。

2010/09/06 01:33 | 美鳥(みとり) [ 編集 ]


>>まよさんへ 

まよさん、こんばんは。
はじめまして。ブログにお越しくださって、ありがとうございますmm

BPDは、人間不信から脱却しようとしている私の課題のひとつ、特にBPDからの回復方法には強い関心を持ち続けています。

保険が効いて依存やBPDに特化した病院の紹介を、とのことですが、生憎私は知りません。申し訳ありません。
人それぞれ向いている治療法があると思います。
参考までに、私の現在の治療は、
病院:体調管理・投薬(気分の安定など)生活へのアドバイス
カウンセリング:自分について考える時間・主に傾聴・自分の罪悪感の根源を考える
独学:生活の中で、日常の対人関係の中で実践で学び、依存を断つ
というように、それぞれを機能で分けています。

BPDの他人への依存を断ち切る問題は、私はカウンセラーの荒療治が数ヶ月、その後個人で1年以上かけてやりました。依存をいかに断ち切ったかは、今後ブログで書いていく予定です。また、まよさんが東京近辺にお住まいでしたら、ぜひ講演会にお越しいただければ幸いです。依存と罪悪感はセットになっているので、そこをどう乗り越えるか苦心してきた私が詳しくお話できるかと思います。

> 今までは独学で自分を治そうと努力していましたが、最近限界を感じてしまって。

↑まよさんのコメントで、とても希望を感じました。
BPDの依存体質や、自己嫌悪、罪悪感。これは、独学がなければ抜けられない地獄みたいなものだと思っています。自分で自分の症状について調べることは、とても苦しい作業ですが、それをされてらっしゃるなら回復に少しでも近くいらっしゃる気がします。

BPDの回復にご興味おありでしたら、気が向かれたときにでもまたブログに遊びに来てください。
いろんなお話ができるとうれしいです。

もし病院に行かれるのでしたら、理想化とこき下ろしし難いような、依存しにくい、ある意味とっつきにくい医者を私は選びます。選ぶようになりました。医者にも、出会って3秒で恋愛心を持ってしまったり、それが翌週にはこき下ろしに激変したりして、治療を維持するのが難しかったからです。
人格障害(BPDを含む)は、薬では完治しません。独自の工夫と忍耐と努力が必要だと思います。でも、乗り越える価値がある障害だと今は思っています。
陰ながら、まよさんの回復を応援しています。

またお気軽にコメントください。楽しみにお待ちしてます。

2010/09/06 01:50 | 美鳥(みとり) [ 編集 ]


お忙しい中ありがとうございます。 

さっそく、レスしていただきありがとうございます。
詳しい例などを書こうとすると、かなりの長文になってしまい文字数がオーバーしそうでしたのでやめておきました。

それによってわかりにくくなってしまい申し訳ありません。

境界例だと思った理由は、本などでよく言われている理想化とこきおろしにあてはまる行為や、性的なこと、他人を操作するような行為、見捨てられることに対する極度の恐れかたや、家庭環境や家族との関係(特に母親との関係)など、いろいろあります。
共依存に関しては、僕もその状態になるのだけは避けたいと思い、かなり気をつけているつもりですし、常に客観的な視点をもって接しているつもりですが、専門家の方などからすると、もしかしたら共依存になっているのかもしれません。実は別れる前などは僕自身も共依存になっているような自覚があって、このままではいけないと思い、お互いのために別れるまでしなくとも、距離をおいたほうがいいと思ったので、そのような提案もしたのですが、彼女が嫌がったので、そのまま頑張っていくことになりました。(結局はその後すぐに別れることになったのですが)
今は携帯から見ていることが多いのですが、メールフォームが見つからず送ることができません。

ですので、記入したメールアドレスのほうにメールをしていただくとありがたいです。

よろしくお願いします。




2010/09/06 03:37 | kiriyama [ 編集 ]


>>ちひろさんへ 

ちひろさん、こんばんは。コメント欄ではお久しぶりです。ブログには、実はしょっちゅう遊びに行ってはロム逃げてます。

パソコン・・・・あああパソコン!そういえばそんなこともあった!どんだけ返信までに時間かかってんねんという証拠ですね・・遅レス過ぎて本当にすみません。

> パソコン、災難でしたね…。私はカップラーメンをこぼしておじゃんにしたことがあります。
> パソコンみたいな電子機器は完全防水にして欲しいです(;;)

カップラーメン・・・ラーメンの塩分は相当濃そうだからお察しします。麺も細いしね。案外、パソコンに何かぶちまけてる人多いんだなぁ(笑)
電子機器の完全防水、私も賛成です!
ちひろさんのラーメン、私のスープ、友達はコーヒー、皆水気のものこぼしてパソコンを破壊している。故障原因のトップなんじゃないの・・・?

> みとりさんのtwitterの文章が大好きでいつも読んでます。インコちゃんが可愛いです。

ををををありがとうございます。あのような独り言を読んでくださって、ありがとう。自分丸出しで書いてます。インコ、実家のいろはですね。たまに電話するので、いろはに直接伝えておきますw 

> これからも応援していますm(--)m

こちらこそ応援していますmm
コメント欄開いたら、またぜひぜひコメントください。

2010/11/14 01:43 | 美鳥 [ 編集 ]


>>まゆげさんへ 

まゆげさん、こんばんは。

> 今回の記事は心に刺さりました。

記憶がおぼろげだったので読み返してみました。この記事が心に刺さるとおっしゃるまゆげさんの心は、どんな経験を経てきたのだろうかと、しばらく思いを馳せました。腹を括って悲しい。そんな記事だと思いました。


> 僕もかつて自殺未遂者で、未だに自分に自信が無くコンプレックスの塊で、他人が怖くて、でもどこかで人を信じていたいジレンマがあります。

ブログを拝見していると、まゆげさんは人が好きなんだなと感じます。自分の目の前の人、通りすがりの人のことも、よく観察されてらっしゃるのかなと思いました。私もそうなんですが、人間が怖いけれど気がつくと観察している。人間の行いの善も悪について「知りたい」と思っている。怖いけれど、人に何か惹きつけられて生きている性分です。

> 長い間苦しみ続けてきましたが、今年くらいになってやっと自分の方向性がおぼろげながらに見えてきたところです。

本当に良かったです!お仕事が少しずつ軌道に乗り始めているようで、まゆげさんのお人柄の賜物ではないかと思いました。死の淵を覗き込んだことのある人間が、一般の社会に再び復帰するというのは、想像以上の勇気を要したと思います。

> ちなみに以前から僕は勝手ながらに、美鳥さんの事を共に戦う同志だと思っています。

ありがとうございます。ずっとずっと以前に、まゆげさんのブログ(前のブログ)の足跡がついていて、訪問したときに、なぜこの人がうちのブログを読んでいるのだろう??と不思議でならなかったのですが、コメントを頂き、あのブログの主がまゆげさんであったことを最近知って、そうだったのか!と膝を打ちました。
それぞれの生活はそれぞれ別々ですが、うつや神経症や人格障害と共に必死で生きてらっしゃる方の何気ない生活ぶりをブログで拝見しても励みになります。更新されているだけで、「この人も今日を生きている」と感じて元気が出ます。
私も、同志と思っていただけて恥じないように頑張ります。

> 尚、コメント返しはいりませんよー。

お気遣い、ありがとうございます。
頂いたコメントがまゆげさんはじめ、皆さんそれぞれのお気持ちが込められていて、ぜひお返事したくなりました。勝手ながら、おゆるしください。

2010/11/14 23:46 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。