--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/05 (Sun) バネ

動悸が続いている。
体が鉛のように重くて、気持ち悪い虚脱感覚もあるので、安静にしているよりはいっそ激しく動いたほうが良いのではないかと思い、昨日と今日ジムに行ってきた。

トレーニングルームでストレッチを終えて、その日はじめて口をつけた麦茶は、ちょっと腐っていた。家を出る前につめかえたはずなのだが、腐りきってはいないが明らかに腐れかけている味がした。9月に入っても、空気がぬるま湯のように熱いから、水もお茶もすぐ腐る。

ふと見ると、鏡に向かって話し続けている青年がいる。
ジムの片面の壁は鏡になっていて、彼はそこに映る自分か、或いは誰かに話しかけている。笑うか喋るか、そしてまた笑う。

薄い綿のショートパンツに、薄い半そでのTシャツを着ている。真夏でも真冬でも、同じ格好をしている。頭は丸刈りで、年中妙にこざっぱりしている。何歳なのか分からない。痩せて色白だからだろうか。少年のように見える日もあれば、おっさんのように見える日もある。

インストラクターと話しているところを見たことがあるが、会話はほとんど成り立たない。彼は、同じ言葉の繰り返ししか発せない。だから、彼が何を考えているのか、まして何をどう感じているのかはジムの誰もがわからない。そして彼は全くそんなことは意に介さず、大抵、鏡やマシーンやベンチプレスにもたれかかって楽しそうに喋っている。


今日も変わらず彼は鏡と話して上機嫌だ。
私は、だるくてだるくて、内心ちょっともう帰りたい。心がうつろだ。
各々が自分の体を鍛えることに無心しているジムにあって、帰り時を自問している私と、ひとりごとを喋りながらあたりを徘徊している彼の緊張感のなさは、よく似ていた。

来たからには何かして帰らねばならない。
私が腹筋台で、ない腹筋をフル稼働してようよう10回終えるのを、彼は横目で見ていた。すぐそばのマシーンに時々じゃれつきながら、私の様子を見ていた。

腹筋10回でさらに帰りたくなった私は、割合受動的に鍛えられる「乗馬マシーン」に腰掛けた。
15分のタイマーが、長い。揺れで眠くなってくる。
慌ててプレイヤーでLady gagaを大音量でかけた。
そうすると気分が上がってきて、ダンスのことなんかを考えた。踊っているつもりになれば、乗馬マシーンは早く終わった。
ちょっと自分頑張ったんじゃないの、という気になれた。「体幹」て見たことはないけど、体幹とやらが鍛えられた感じがする。気づけば、来てからかれこれ1時間半は頑張っている。自分、すごいかもしれない。
モチベーションアップのため、無理やり自分を褒めてやる。


休憩のためにコーナーの椅子に向かうと、鏡と話す青年は腹筋台の傾斜を調節しているところだった。
45度の傾斜をつけた後で、彼はおもむろに腹筋台に足をかけた。
私は、ベンチに座って腐りかけのまずい麦茶をすすりながら見学することにした。

彼は私の視線を気にも留めず、回数を声に出しながら腹筋を始めた。はじめから手加減なしのスピードだ。バッタにでも取り憑かれたかのようだ。そう長くはもたないように見えた。
案の定、30回を越えたあたりから、顔が真っ赤になってきた。それでも、彼はスピードを落とそうとはしなかった。
頭の後ろで組んだ腕を離すまいと、唸るように数え続けた。
そのうち、唸りはヒィヒィとか細い喉声に変わったが、彼はバネのように動くことをやめなかった。
踏ん張るために顰めていた顔は、いまや苦悶の表情だ。それでもスピードは落とさない。声に出して数えることもやめない。もはや何回目なのか、聞こえないので分からない。

すごいなー!
心底、感心した。
感心して、面白くて、爽快で、笑ってしまった。

鏡を見て喋っているとき、彼は牧場の穏やかなヤギのようだが、腹筋台での彼は本気なのだ。力強く敏捷な痩せたヒョウそっくりなのだ。

気がつくと、私以外に何人もが、私と似たような表情で突っ立って見ていた。


45度の腹筋台に頭から吊り下げられているような格好で彼が力尽きた頃、皆は何事もなかったかのように三々五々散り、自分たちのトレーニングに戻っていった。
私も、そのままベンチで不味い麦茶を飲んでいた。彼の腹筋を見届けると、自分の疲労を思い出して猛烈に眠くなってきたから、ロッカールームに向かった。


私が、鏡と喋る彼と会話を交わすことはこの先も多分ずっとない。でも、すれ違うのが内心楽しみになった。彼が得意なのは、腹筋だけじゃないかもしれない。意外な一面が面白い。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

前回の記事にコメントくださった方、ありがとうございますmm
現在、返信できない状態ですので、コメント欄を一時閉じています。

関連記事

日々日記 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1073-a26b9c77

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。