--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/06 (Sun) 東京こぼれ日記 4

解離性障害が悪化に悪化して、生きた心地のしなかったここ数日。
何とか精神の平衡感覚を取り戻しつつあるので、東京こぼれ話の続きを。
左手指の3本が麻痺したままなのでタイプミスが多い。でも書く。書きたい。書きたいって気持ちは大事だ。
コメント返信もメール返信も、まったくできなくて申し訳ありません。なぜかできません。なぜ?が最近分からないことが多い。なぜだろう。

----------------------------------

5月2日

スケジュール帳に予定を書き込む余裕すらなくなった時期なので、正確な記録がない。
よって、なんでもかんでも大体5月2日の記録にしておくことにする。

私は、宮崎駿が好きかと問われれば、即答して「嫌い」である。以前、ブログでも彼のアニメ作品のどこが個人的に受け付けられないのか書いたことがある。ジブリ嫌いな人に会ったことがない中で、われながら命知らずだけど好きじゃないものは好きじゃないのである。

しかし、殆どの作品を見ている。これは凄いことだ。というのも、私はストーリーを理解せねばならない映画や映像を見るのが苦手で、集中力がもたない。だから、滅多に映画を見ない。なのに宮崎駿氏のアニメは何だかんだ言っても見ている。これは凄い。

弟MTは、優れたアート作品なんかが大好きだ。音楽とか映画とか、やたら情報収集している。優れたものをすすめてくれる。大概私の好みど真ん中の作品であるが、その彼が「千と千尋の神隠しを見るべき」と言い始めて久しい。

私は、「千と千尋の神隠し」を見るべく過去5回挑戦したが、5回とも同じシーンで挫折した。ハクが登場すると、もうその先が見れなくなるのだ。なぜかは分からない。感覚的に無理なのだ。感覚人間なので、ついていけないともうだめなのだ。

しかし、講演に先駆けて絶対に見ておくべきだとMTは言う。何度か見たが「ほぼ完璧なつくり」とMTは評した。テーマについて話していると、なるほど見たほうがいい気がして、ついにこの日重い腰をあげ見ることにした。
みとり、千と千尋へ6度目の挑戦。


やはりハク登場シーンで、心に激しく抵抗が起こる。「あーハクでてきた!きた!ハクや!」などと無駄口を叩いて何とか乗り切った。

結果、ちゃんと見てよかった。あるシーンで、私は予想外にボロボロ泣いてしまいさえした。物語構成も設定もテーマも殆どパーフェクトであった。しかし、やはりハクは個人的にいらなかった。ハクそのもののキャラクターには抵抗はないが、千と千尋に出してしまったら、ここまで昇華させたテーマに対してかえって蛇足に見えて仕方ない。

講演会で話したいことが、また一つ増えた。
デスクに向かって原稿を広げ、うーん・・・・と唸る。千尋がおにぎりを食べるシーンに、あの作品の何もかもが凝縮されて光っているように思えた。しかし、講演時間が足りない。
削りたくない話まで削ったのに、どうしても付け足したい話ができてしまった。
うーん・・・・と唸る。唸っている時間も、時計は進む。


---------------------------

また多分5月2日

当日の作業について、スタッフさんと打ち合わせ。全員、何とお互いに面識がないという状態。いきなり当日会場で会って、いきなり共同作業で手伝ってくださる皆様。遠くは北海道から。そして皆さん貴重なGWなのに。有難いったらない。

私は、手伝ってくれるスタッフさんたちに交通費すら出せない。お礼ができない。
唯一私がお礼として贈ることができるものがあるとしたら、それは「経験」だ。
講演会に関わって良かった、自分にできることで参加して講演会を無事終えた、そんな達成感や経験をしっかり感じてもらうこと、それだけが私が渡せる対価だ。

そのためには、肝心の講演がしくじったら全部パァになる。協力してくれている皆の努力が水泡に帰してしまう。私がちゃんとしてなければならない。


夜中に、友達のスタッフからメールが来た。
彼女は、現在DVを受けている。外出制限や、金銭の制限、精神的圧政の下にある。精神的にも辛い中、受付の名簿作成や管理を担当してくれていた。
その彼女が、当日講演会にいけないかもしれないと書いて寄越した。行きたくてもお金も持たされていないし、外出も禁止されているとのことだった。


私は、怒りと悲しみのあまりブルブル震えた。それから声をあげて泣いた。
DVなんて、醜悪な依存。甚振って弱らせて自尊心をふみにじって、くたくたになったところでパートナーを食い尽くす下衆のやることだ。

何かに挑戦する勇気ある人間は、挑戦に値する成果を受け取るべきだ。受け取る権利がある。たとえ失敗でも成功でも、経験こそが人間の宝だ。これを受け取る権利を奪ってよい理由など誰にもない。
仕上がった名簿に価値があるのではない。その名簿がどんなふうに当日役に立って、どんな講演会になったのかを、彼女自身の目で最後まで見届けなければ意味がない。

スタッフは全員、面白い顔ぶれだ。全員がお互い初対面となる。障害も背景も年齢も性別も全部バラバラ。なのに、バラバラだからこそ上手く全部が噛みあって講演会準備を今日までまわして来てくれた。その志ある温かくも面白い仲間達も紹介したかった。

なのに私の大切な友達は、今その機会を奪われようとしている。奪われ続けて、また奪われる。
悔しい。悔し涙と怒りが止まらない。


泣きながら原稿を書く。こんなに悔しくて泣くのは久しぶりだ。
参加申込みのアンケートを再度手に、何回も何回も読む。
あらゆる困難な中、当日足を運ぼうとしてくださる方がこんなにいる。
私に出来ることは何だ。
何が出来る。


----------------------------

<次回へつづく>


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(0) |


<<東京こぼれ日記 5 | TOP | 「分からない」 ? 解離性同一性障害 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1069-fc66fd23

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。