--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/02 (Wed) 東京こぼれ日記 3

自分で企画して、自分でやっちゃう講演会。誰に話しても「どうやってやったの?」と訊かれるけど、企画して申請書出して会場借りたら誰でもできます。でも、家計が火の車になりますよ。そんな話もありつつ、今回も東京でのこぼれ話。

-----------------------------

5月某日

前回宿泊したとき、エアコンの調子が悪いことは知っていた。管理会社に言ったらと私は当然の進言をしたのだが、なぜかMTは「そうやな」と言って連絡しようとしない。かわりに、布団乾燥機を出してきた。これが意外にイケるんだってと言いながらスイッチオン。実際、冬場は布団乾燥機を暖房機がわりに乗り切れた。

しかしながら今回は初夏。ワンルームの初夏は、通気が悪いので灼熱地獄になる。
それもちょうど夜中がピークに暑くなる。MTが仕事でいない時間、部屋で寝る私は灼熱地獄。

原稿を書かねばとカリカリ机に向かっていても、ダラダラと汗が流れてくる。クラクラして目の前が黄色くなる。

この惨状をMTも味わえばいいのだ。そうすれば、いくら生活の質に無頓着な変人なあいつでもすぐに管理会社に電話してクーラーをつけかえてもらうだろう。居候である手前、部屋主の意向に従うがルールである。

MTが休日の日。
今日こそ暑苦しい夜になるかと思いきや、涼しい夜だ。どういうことだ。MTのクジ運が異常にいいとしか思えない。クーラーを修理する提案をしたが、またも「そうやな」「まだいけるんちゃう」で聞き流された。かわりにおしゃれくさいサーキュレーターをまわしてくれた。どこで買ったのか訊いたら絶対高かったであろう店だったので値段は聞かなかった。無料で修理してもらえるクーラーは修理しないのに高いサーキュレーターは買う。あらためて微妙にこいつ変人だなと思う。

-----------------------------
5月1日頃

講演会後の交流会に出すお菓子の買出し等してくださるスタッフさんから電話。
駄菓子をザーッと広げるのもありだけど、私は不潔恐怖の弟を持ってるので強迫性障害の人の苦労も知っている。なので個包装が良いだろう。男性も来てくださるので男性も食べられるものを入れよう。どうせだから美味しいものにしよう。結果、ひとり頭の計算をすると、びっくりする値段になった。

相談して考えた末に、これは生き金だから、まあいっかーとなった。私は、ある経験をして以降、自分が今いくら持っているかよりも、生き金か死に金かの判断だけでここぞという時は躊躇せず使うことにしている。今回の交流会は、まさに「ここぞ」である。スタッフさんは、普段から美味しいものおしゃれなものにアンテナが立っている人なのでドーンとお任せした。私は、既に大阪土産で名前を聞くだけで食う気になれないものを注文しておいた。美味いものを共有するのも良いが、不味いものを共有するのもまた楽し。美味しいものはスタッフさんが選んでくだされば良い。

電話を切ってから、うーむこれは問題だと考える。

基本的にどんぶり勘定だが、死に金と生き金の区別はシビアに行っている。ド素人で何の経験もない無名の私の講演会で利益を出すつもり等毛頭なかったが、頂戴する参加費を引いても火の車どころか燃え尽きる感がある。会場費からして既に赤字なのである。
それでもあまり気にならない自分の大胆さは、恐らく月4千円で生きてた頃のド貧乏時代経験のおかげである。


開催日を数日後に控えた今日、はじめて今回の講演開催の支出をザックリ計算した。一ヶ月の家賃+生活費を越えていた。もちろん、全額自腹である。そしてスタッフさんたちの交通費や手間賃など勿論一銭も払えない。遠くは北海道から泊まりで手伝いに来てくれるのに、やはり一銭も出せない大赤字。

今回はこれで済むが、次回しようと思ったらやる気があっても、今回でカラになった貯金額が開催費用分まで達しないと開けない。これは重大な問題だ。
私個人の生活クオリティはどうでも良いが、数年後には、もっとデカい本当の意味での全員参加ができて、かつ社会貢献度が高く、社会認知を高める企画をあたため続けている。当然かなりの費用がかかる。今回の10倍はかかりそうだ。今これじゃお話にならない。

活動するには、お金が要る。シビアな現実だ。ちらし一枚刷るにも、自宅でやってもインク代がかかる。そして精神疾患者は大概普段から生活費にも困っている。私も然り。ここをどうクリアするかは、根性論では購えない。誰かの善意に頼むにも限度を弁える必要がある。
運営の勉強せねばならない。勉強すれば、必ず道は見つかる。知識と知恵が要る。講演会が始まる前に、次の大きな課題が既にできた。

----------------------------------

5月2日

精神状態が若干へこんできた。下降線。
講演会をやるのは私なのに、講師である私が一番テンション低かったら当日どうなるのだろうか。
いまさらだが、自分も闘病中の当事者であることをあらためて実感する。講演の準備をしつつ、自分の体調も管理して、精神状態も管理しながら、薬も飲んでいる。その私が、皆さんを前に何を話すのか。普通に考えれば、へんてこといえばへんてこな状況だ。

ここまでの日記に弟MTしか出てこないのは、実際講演会当日まで対面で喋ったのはMTしかいなかったからだ。完全に家に引きこもって原稿を書いたりしていた。あるいは寝ていた。私の病状は、数分で一気に変調を来たすのが特徴なので油断ならない。

強いて対面で話した人間というとスーパーのレジの人だ。小太りのちょこまか動く若い男性であった。
「あ、ヨーグルトのスプーン二つ付けてください」と言ったら、「かしこまりましたぁ!2本でよろしかったでしょうかぁ!申し訳ありませんでしたぁ!こちらにお入れしておきますねぇ!」と体の前で両手をきっちり揃えて大声で返された。完璧なスマイル付きだった。

彼なりの精一杯のサービスなのだろうか。スマイル0円なのだろうか。
何か履き違えてる感がないでもないけど、観察したいのでまた来ます。


--------------------------


<次回へ続きます>

応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(8) |


<<「分からない」 ? 解離性同一性障害 ? | TOP | 東京こぼれ日記 2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


シビアな問題 

深刻な気持ちで読み進めていましたが
最後の「観察したいので」で吹きました(*^m^*)

活動するのにはお金がかかる。
その辺りが原因とも思われる事態が、今参加している掲示板でも起こっていました。。。

ギャンブル依存症で苦しんでいる人や、ギャンブル依存症を家族に持って苦しんでいる人を救いたい。
気持ちはみな、ひとつなのですが・・・
運営している方々の好意に甘えてばかりだ、と考えさせられたところです。

『志あるボランティア』で続けるには厳しいのが『現実』ですよね。

2010/06/02 03:50 | プラチナ☆ママ [ 編集 ]


差し出がましいかもしれませんが、意見を… 

美鳥さん、こんばんは。お言葉に甘えてまたお邪魔いたします。

講演会費の参加者負担額、もう少し高くても良いかと私は思います。
2時間半の講演に加えて懇談会(残念ながら先日は私は出席できませんでした…)もあるならば、せめてお茶代を別途加えるとか…

勿論、それだけでは済まない問題だとは思います。
精神疾患を持つ人は(私を含め)金銭的には余裕がない場合が多く、そういう意味でワンコインで参加できる講演会は希少で、有り難いです。

東京日記、続きも楽しみにしております。

2010/06/02 20:43 | しき [ 編集 ]


私も、差し出がましいかもしれませんが… 

私も、しきさんと同じ意見です。
お金の問題ってなかなか難しいですよね…。
でも避けては通れないし、やっぱり生きていくのにはお金が掛かりますから。

私は講演会に参加して、本当に500円でいいのだろうか…と少し心配になりました。凄く価値のある素敵な時間でしたから、もっと出してもいい!というか…募金のような形で、少しでも上乗せして置いてくれば良かったと、後悔しています。

美鳥さんは望まれないかもしれませんが、次の企画のための募金箱を置いてみるのはいかがでしょう?
参加費を上げるよりも、参加者の気持ちを反映できるかな…なんて思ったり。
お金が全てではないと思いますが、私はその面でも微力ながらお手伝いが出来たら…と思っております。

自助グループ支援の為の口座開設とか…


なんだか本当に差し出がましくてすみません。
既にお考えになっているかもしれませんが、意見を書かせていただきました。
失礼致しましたm(__)m


Gの記事、凄く笑わせていただきました!
美鳥さんの不幸を笑ってしまってごめんなさい…(-人-)

2010/06/03 01:34 | ゆみゆみ3号 [ 編集 ]


不自然な笑顔って 

美鳥さん、こんばんは^^

対面販売の時によく見かけるけど、一見して分かるオーバーな作り笑い。僕は嫌いだなぁ。そこまで無理して笑う必要ないんじゃない?苦しくないですか?って思ってしまうんですよね。どうにも抵抗感を感じます^^;
でも気になってしまってじっと見てしまう。行動パターンが少しかぶるかも知れないですね^^

講演会の費用は僕も他の方と同じ様に思います。
皆で同じ時間を共有して、何かを持ち帰ることが出来る訳ですから、美鳥さんの負担がもう少し軽くなるように考えてもいいんじゃないかななんて思います。
人それぞれの懐具合も違いますから、参加者の人たちがどのくらいの負担をするのが適当なのかは難しいですけどね。

2010/06/04 00:57 | ブラックジョーク [ 編集 ]


>>プラチナ☆ママさんへ 

プラチナ☆ママさん、こんばんは。

> 最後の「観察したいので」で吹きました(*^m^*)

観察したいよあれは!数十センチ目の前にいるのに、まるでサバンナにでもいるかのように叫ぶんだものw あれから随分経ったけれど、次に行ってもいてくれるかなぁ。やっぱり観察したいw

> 『志あるボランティア』で続けるには厳しいのが『現実』ですよね。

そうなのですよね。これが課題だなーとは前々から思っていたけれど、実際にやってみるとなおのこと感じます。永続的運営ができなくては、当事者同士支えあうという目的は達成できないので、大きな課題です。色々とご意見頂戴して考えているところです。

金銭的なことをブログに書くのはどうなのかなと迷ってたけれど、やっぱりこれも私が直面してる問題なので書きたくなりました。
書いてよかった!
コメント、ありがとう。

2010/09/25 01:07 | 美鳥 [ 編集 ]


>>しきさんへ 

しきさん、こんばんは。何度でも遊びに来てください!
コメント返信が随分遅れてしまいました。ご無沙汰してますmm

> 講演会費の参加者負担額、もう少し高くても良いかと私は思います。
> 2時間半の講演に加えて懇談会(残念ながら先日は私は出席できませんでした…)もあるならば、せめてお茶代を別途加えるとか…

貴重なご意見、ありがとうございます。
ブログにこういった裏事情を書くかどうかは、しばらく考えたのですが書くことにしました。というのも、この講演会という企画自体が誰かのご好意なしには成り立たず、本当にお世話になりまくっているので、いっそのこと多くの方のお知恵を拝借して、出来る限り良い状態でご恩返しできればと思っています。
お茶は、私が食いしん坊であることw、できるだけアットホームな空気にしたかったことで、今回頑張ってみました。次回は、今のところどうするか考え中ですが、開催します。
しきさんも、ご都合よろしければ是非ご参加くださいmm


> 勿論、それだけでは済まない問題だとは思います。
> 精神疾患を持つ人は(私を含め)金銭的には余裕がない場合が多く、そういう意味でワンコインで参加できる講演会は希少で、有り難いです。

そうなんですよね。
精神疾患を持つ当事者の悩みのベスト3に入る悩みが、金銭的な問題だと思います。
実際、私も含め多くの友人が常に病気の回復と同時に金銭的なことで悩んでいます。
そういう事情もあるので、記事にするのはありだなと思って書いてみました。現実は、厳しいですね。でも、知恵を持ち寄って何とかできるというところを見せたくもなる問題です。

> 東京日記、続きも楽しみにしております。

ありがとうございます。
まずはコメント返信からきちんとしなくては嘘だろと思い立ち、東京日記は講演会前日まででストップしています。出来る限り早くに再開してちゃんと書きたいです。
そんなこんなしてる間に、もうまた東京へ行くやもしれません。

季節のかわりめ、しきさんも闘病中とのこと。お互い、安定した秋を過ごせますように。
またぜひぜひコメント欄にも遊びに来てください。
コメント、ありがとうございました。

2010/09/25 01:15 | 美鳥 [ 編集 ]


>>ゆみゆみ3号さんへ 

ゆみゆみ3号さん、こんばんは。
1号と2号はいるのか?
突然ですが、今気になりましたw


> お金の問題ってなかなか難しいですよね…。
> でも避けては通れないし、やっぱり生きていくのにはお金が掛かりますから。

そうなのですよねー。
お金のことを話すのは汚いとか言う人がいますが、現実に確実に横たわる問題ですし、これを跨いで通るわけにはいかないんですよね。ありのままを心がけているブログですので、ありのままに書かなきゃ嘘だろと思っています。

> 私は講演会に参加して、本当に500円でいいのだろうか…と少し心配になりました。凄く価値のある素敵な時間でしたから、もっと出してもいい!というか…募金のような形で、少しでも上乗せして置いてくれば良かったと、後悔しています。

お気遣い、本当にありがとうございますmm
私は、逆の意味で「本当に500円も頂戴してよかったのか?」と長らく煩悶してきました。結論として、私はもっともっと良質な講演や講義(次回企画しています)をお届けしたい、努力すれば必ずできると分かったので、今回来てくださった方々と再会できるかは分かりませんが、恩返しとして現在勉強、努力、企画中です。
講演中にも申し上げましたが、皆さんの貴重な数時間、行き帰りの時間はもとよりご足労を思うと、上を上を目指したいと思います。

> 美鳥さんは望まれないかもしれませんが、次の企画のための募金箱を置いてみるのはいかがでしょう?
> 参加費を上げるよりも、参加者の気持ちを反映できるかな…なんて思ったり。
> お金が全てではないと思いますが、私はその面でも微力ながらお手伝いが出来たら…と思っております。

ありがとうございますmm
寄付を募っては?というのは、他の方からも1アドバイスとして頂きました。
人間不信や自己不信をわずらってきたときの後遺症で、私の心理的障害が主に問題で、寄付を募るということは不可能そうなのですが、とにかく私が努力して、皆さんに出して頂いた講演料の数倍の価値ある講演をすることに専念しようと思っています。
資金面では、今後よくよく考えねばと思っています。またご意見いただけると助かります!苦手分野なので・・・。

> なんだか本当に差し出がましくてすみません。
> 既にお考えになっているかもしれませんが、意見を書かせていただきました。
> 失礼致しましたm(__)m

いやまじ助かりますmm こちらこそ、ありがとうございますmm

> Gの記事、凄く笑わせていただきました!
> 美鳥さんの不幸を笑ってしまってごめんなさい…(-人-)

笑っていただけたなら、私のかじられた左手もうかばれますw
弟の顔とかかじられると私個人としては、それはもうおもろいんですが。そういった報告は、まだ聞いてません↓↓

ちょっと寒くなってきましたね。風邪ひかぬよう、お気をつけくださいね~!

2010/10/02 01:06 | 美鳥 [ 編集 ]


>>ブラックジョークさんへ 

ブラックジョークさん、こんばんは。

接客業の方で、作り笑いと分かる作り笑いと、作り笑いと思わせない作り笑いがありますね。
私は飛行機が大好きなんですが、その理由の一つがCAのあの美しい笑顔です。本当ですw

コンビニでバイトしてた時、お客様が入ってきた時にかける挨拶の声の大きさを店長が見てて、表にシールを貼ってって優秀者に賃金上乗せってシステムがありましたが、うおーこんなシステムであんな声出してんのかとドン引いた記憶がありますが、すがすがしい接客って難しいですね。


> 講演会の費用は僕も他の方と同じ様に思います。
> 皆で同じ時間を共有して、何かを持ち帰ることが出来る訳ですから、美鳥さんの負担がもう少し軽くなるように考えてもいいんじゃないかななんて思います。
> 人それぞれの懐具合も違いますから、参加者の人たちがどのくらいの負担をするのが適当なのかは難しいですけどね。

次回は、そこのところを課題としてクリアしたいなと考えています。
私自身、あちこちの講演を聴きに行く立場なのですが、がっかりする講演の方が正直多く、反面教師として頑張りたい気持ちが強いです。というか、師匠と(勝手に)仰ぐ尊敬している方がいらっしゃって、ジャンルは全く違いますが、少しでもその方のような実りある講演にしたいと思い描いています。
うかうかしてると取りこぼしちゃうくらいの情報量と、何よりも情報の確かさ、来てくださる方が帰った後、生活の中で役に立てる講演、講義を目指します。
頑張ります!

2010/10/05 00:13 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1065-b17e8a62

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。