--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/08 (Sat) 今日から始まる

講演会を、無事終えることができた。当日までも含めて、想定外のハプニングだらけの波乗りみたいな数ヶ月だったけれど、最後の最後は私やスタッフさんだけじゃなく、参加者の方全員で完成させてくださった。そう思った。


講演会を終えたのだと感じたのは、なんとか時間通りに終わらせて「ありがとうございました」と皆さんに頭を下げた瞬間。

涙が溢れて止まらなくなった。
参加者の皆さんが放つ空気がありがたくて、リラックスして話すことができたのは来てくださった皆さんの表情と存在そのもののお陰だった。
対面で人と出会うことの凄さを体感した。
私ひとりでは絶対にできないことを、できるようにしてくださった皆さんが凄いと思った。


人間という生き物は、「存在している」生き物ではないなと思う。
命が通う身体がそこにあるだけで人間は誰もが「意味している」。

そこにいるだけで、黙っていても何か伝わってくるものがある。それも一つや二つじゃなくて、一人の存在から色んな感情や人柄や人格の色が伝わってくる。ああいう色彩を何と呼んだら良いのだろう。



会場を後にして表参道駅までスタッフの皆と歩きながら、私はすべてが始まったんだと考えた。
自分への悔しさが湧いてきた。今日が今の私のベストだった。でももっと私はできる。明確にやりたいことと、伝えたい人がいる。
講演会を終えた瞬間が始まりにしか思えない。終わった直後から、ずっとずっと考えている。次は、先は、明日は、来月は、来年は。私にできることと、できないことは。全ては今日から始まったのだ。


同時に頭に浮かぶのは、数年前の労働裁判の日々だった。

2年間の裁判は、自分が試され続ける日々だった。
地方裁判所で完全勝利したものの、相手が全面不服申し立てをして控訴された。自動的に、原告だった私は、高裁では被告となった。デスマッチだった。どちらが正しいのか。法を犯したのはどちらなのか。嘘をついているのは本当はどちらなのか。法律という鏡で徹底的に照らされ具に検証され、証言や書類や何もかもが記録に残され、吟味された。証言台に立ち証言する私の人間としての在り様も、向こう側の人間としての在り様も常に見られていた。


高裁で、裁判長から判決が言い渡され、完全に終結した。私の申し立てが完全に認められた。
裁判長と直接話し、励ましを頂いた。
書類にサインした。


部屋から出た直後から、涙が溢れて止まらなくなった。
地上に着くまでの高裁のエレベーターの中、弁護士と2人きりになった瞬間、私は声をあげて泣いた。二年間、金にならない労働裁判を引き受けて、一緒に戦ってくださった弁護士は、温かい沈黙を守っていてくださった。


大阪高裁古めかしい建物を出ると、よくできたドラマのように空は晴れ渡っていた。時々吹く風の匂いや強さまで覚えている。


弁護士と大阪高裁の玄関前で別れた。
この日、弁護士は、私に人間としての権利を自分の身一つで主張する大切さと勇気と誇り、人間が長い歴史をかけて作ってきた最高の知恵である法律の素晴らしさと使い方を教えてくださった恩人となった。

「ありがとうございました」と頭を下げた。言葉は何と不自由なんだろうと悔しくて仕方なかった。言葉で表すことができない感謝を言葉でしか表すことができない自分が不自由でたまらなかった。

人と別れるときには、決して振り返らないのがポリシーだ。
片手をあげて応えた弁護士と別れるなり駅まで歩き始めた私は、人目も憚らず泣いた。
終わった。終わった。やっと終わった。終えることができた。終わった。ちゃんと終わった。
嬉しさと誇りと安堵と何か言葉にできないものに圧倒されて、泣き続けた。




あの日の肌に触れる空気、少し埃を含んだ風、靴で感じる路面の硬さ、空の高さ、開放感と、一昨日の講演会会場を出たときの空気は、よく似ている。そっくりだ。状況も何もかも違うのに、あの日と重なった。既視感を覚えた。

ただ一つだけ違う。

裁判が終わった日は、「終わった」と思って泣いた。

講演会が終わった日は、「始まった」と感じた。

どうしてこんなふうに感じるのかは、まだよく分からない。
何が違うのだろう。どう違うのだろう。分からないけれど確実に違うのだ。

ただただ今考えていることは、次のこと。
講演会の後の親睦会でお話させて頂いたアウトサイダーアートの活動。展覧会活動。講演会も、今回とは違う形式の活動も、今回時間が足りずに伝えられなかったもっともっと多くの事柄と具体的な経験を伝える活動も。

きっと参加してくださった方々の存在がなければ、「始まった」とここまで強烈に思うことはなかっただろう。何かを始めることができるエネルギーを頂いた。皆さんが生きて足を運んで来てくださり、対面で時間を過ごすことができた。そうして頂いたエネルギーは言葉にできない。



足を運び、貴重なお時間を共有させて頂いた参加者の皆様、ありがとうございました。
様々な闘病生活を送られながら、ご多忙な中、告知にご協力いただいた方々、ありがとうございました。
障害も背景も年齢も性別も何もかも違う中、時間やお金をやりくりし、個性を活かして心から温かい支援をかって出てくれたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

言葉では到底届かない気持ちは、すべて今後の私の行動でお返しします。


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

メール、コメントの返信が遅れています。コメントいつもありがとうございます。この場を借りましてふかぶかと。

関連記事

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(22) |


<<メランコ | TOP | 明日の講演会でお会いしましょう>>

comment











管理人のみ閲覧OK


お疲れ様でした 

美鳥さん、こんばんは。

当日は私も会場にいました。
とても気持ちのこもった内容だったと思います。ありがとうございました。
「ありがとう」という言葉はあまり好まれないということでしたが私にはこの言葉
しか浮かびません。ごめんなさい。

ブログの内容とかぶる部分のお話も直接聴いて更に心に響くものを感じました。
美鳥さんの大好きな街、人情に溢れる大阪の紹介から始まって後半の「遠泳」の
お話まで、どのお話も印象に残るものでした。

「人間は孤独になると簡単に死ぬ」というお話はリアリティがあって恐いお話でした。
そうそう、後半の共依存のお話ではエヴァにも出てくる「ヤマアラシのジレンマ」を
思い出していましたよ。

お話を聴くまで私は、人間はお互いに支え合って生きていくものだから共依存は
そんなに悪いものではないんじゃないかと思っていました。勉強不足でしたね。
「お互いに喰い合う」という言葉には聴いた瞬間に少し緊張感を感じさせられました。

あっという間の2時間でした。
何があっても強く生きてこられた美鳥さんの説得力のある言葉に引き込まれ、
最後は私ももらい涙をしそうでした。
帰り際にご挨拶をしたかったのですが、言葉を交わしたら涙しそうだったので
そのまま家路につきました。私は人前で涙を見せたくないという気持ちが強い
のです。一応、男ですから。


講演を終えてからツイッターの更新もほとんど無かったので、疲れが一気に噴出
してしまったのではないかと心配しましたが、ブログの更新があってホッとしました。
随分と疲労の溜まる1週間、いや、直近の準備期間の1ヶ月、2ヶ月を過ごされて
こられたと思います。無事に大阪に帰られることを願っています。

また今回の講演が全ての始まりということで、これからも美鳥さんの活動が更に
素晴らしいものなることも願って止みません。
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。


P.S.
レスはお気遣いなくということでお願いします。
相当にお疲れだと思いますし、お忙しいことと察しますので。

2010/05/08 02:33 | ブラックジョーク [ 編集 ]


「ありがとう」と言わせて 

おはようございます。
講演会、お疲れ様でした。
そして成功おめでとう!
参加された方のブログに感想が書かれており、パワーをもらって帰ったことを感じたので、成功を確信しました。
あとは本人の美鳥さんの状態だけが気がかりでした。

この記事を読んでホッとすると同時に思わず落涙しました。
直接参加出来なかった私までジ~ンと来ています。

今回の美鳥さんの講演会のことで、私自身が何かをいただいたと感じています。
月並みな言葉だけど「ありがとう」という言葉しか浮かんで来ません。

「終わった」ではなく「始まった」と感じてみえること。
凄く深い意味があるように思います。
どうか肩の力を抜いて、身体と心の声をよく聴きながら、これからの準備をしていってくださいね。

これからもいつも心の中で応援しています。

2010/05/08 06:24 | moko [ 編集 ]


お疲れさまでした 

こちらこそ、時間を共有させていただけたこと、感謝しています。
遠泳に例えた依存の話をはじめ、わかりやすく心にすっと入ってきました。

美鳥さんが講演会が終わった後を「始まった」と感じてくれて安心しました。
あれだけの講演を開くことだけでも大変だったと思うし、当日も1対数十人を相手にひとりでお話していたのですから。
お疲れでもなく、燃え尽きるでもなく、次へのパワーを持っていてくださっている事に安心と感謝の気持ちでいっぱいです。

当日話しきれなかっただろうことをもっと聞きたい。
またぜひ機会を作ってくださいね。
本当にありがとう。ずっと心に残る1日になると思います。

2010/05/08 07:51 | [ 編集 ]


あらためまして 

本当にありがとうございました。
行けなかった友達に「どうだった?」と聞かれ、ブログに講演会の感想を書こうと思ったのですが、とても文章にできるようなものじゃなくて書けずにいます。
本当に行って良かった。
会えて良かった。

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」、すごく気になってmixiで検索してみたらコミュニティがあり、なんと偶然にも翌日(5月6日)の「NHK おはよう日本」で特集されると書いてあったので、録画して昨日、彼氏と一緒に見ました(あ、彼氏も一緒に美鳥さんの講演会に行きましたがトイレに行っていて、一緒に挨拶できませんでした。ごめんね。)。
たった数分の内容でしたが、美鳥さんの話されていたことが凝縮されていて、2人で「体験してみたいね!」って言ってました。

私も、依存・共依存の関係は、お互いが良ければそれでいいじゃんって思ってたんですが、あの「遊泳」のお話を聞いて、関係を考え直した方がいいんだなーって思いました。

「対等でありたい」と美鳥さんはおっしゃってましたが、聞く側とやる側では、やはりまったく労力が違うと思います。
でもまた聞きたい。もっともっと聞きたい。
またやってくださいね。待ってますから。

2010/05/08 09:07 | めぐぴー [ 編集 ]


お疲れ様でした 

美鳥さん、こんにちは。
講演会無事終了、おめでとうございます。時間を見ては、今頃はもぅ終わったかしらと気になってました。お天気も良かったし、きっと上手く行くと思ってましたよ(^o^)。あいにく参加出来ませんでしたが、これが最後ではないと思ってます。いっぱい充電して、また、場所を変えながら続けて下さいね。いつかお目にかかれる日が来ると信じてます。お疲れ様でした。ゆっくりされて下さいね(*^_^*)

2010/05/08 09:22 | エコペン [ 編集 ]


お疲れさまでした 

講演会、素晴らしかったです。
貴重なお話を拝聴させていただきました。
参加して本当によかった。

後援後のご挨拶で「頑張ってください」と口にしてしまったことが非常に悔やまれます。
大変失礼しました。

また機会がありましたらぜひ参加させていただきたく存じます。
よろしくお願いします。

2010/05/08 21:35 | もん [ 編集 ]


おつかれさまでした 

多くの方々に支えられている実感。美鳥さんの真実の言葉を受け止めてくれる方々を間近に感じられて。それが次へのエネルギーになっていく。
美鳥さんの蒔いた種があちらこちらでよい花を咲かせることでしょう。
美鳥さんのお話を聞きたい人は全国にいると思います。いつの日か。全国で講演会が開かれると嬉しく思います。

2010/05/09 00:54 | 浅葱れん [ 編集 ]


どうもありがとう 

美鳥さんお疲れ様でした。
講演会をするというお話を伺って正直どんなお話をされるのだろう、経験談をお話されるにしてもどんな結論を出すのだろうか(今の時点で、、)と見守るような気持ちでおりました。
経験談は多岐にわたりましたが、そういった数々の苦い苦しい数々の経験の上に、「生きることは遠泳である」という今の美鳥さんの覚悟というようなものを感じて涙がでました。この言葉がどんな人間にも当てはまるものであり、私はきっとこの言葉を忘れないと思います。どうもありがとう。

終わった後のあなたの晴れ晴れとした顔が忘れられません。子供みたいに素直な明るいぴかぴかの笑顔でした。その笑顔が見られて良かったと心から思いましたよ~


あとで思ったのですが、映像を撮れなくても、音声だけでも録音しておけば良かったと!ボイスレコーダーならあったので、ちょっとそれが残念でした。
(今後映像ではなくて、音声を録音すれば、映像だと差し支えがあっても、音声だけなら遠方の方にもお届けできるかもしれません)

これからのご活躍楽しみにしております。

2010/05/09 08:29 | 冬日向 [ 編集 ]


ありがとうございます! 

講演会、お疲れ様でした。

初めてコメントします。
講演会に伺った30センチ差二人組の女の方です。
以前からブログを拝見し、是非美鳥さんにお会いして、お話を伺いたいと思い、参加致しました。
貴重なお話を聞くことができて、とても光栄でした。
終了後もお話させていただいて、感激でした。

何よりもお会いできたことに感謝です。
美鳥さん、スタッフの皆様、貴重な機会をありがとうございました。

これからもずっと応援していきたいと思っております。
私で力になれることがあれば、是非声を掛けてください。


素敵な出会いに感謝です。

2010/05/09 22:22 | ゆみゆみ3号 [ 編集 ]


お疲れ様でした。☆★☆ 

美鳥さん、講演会お疲れ様でした。私は、講演会に参加できてとても良かったと思っています。

美鳥さんのお話は、とても分りやすくて参考になる
事が多かったです。

いろいろな経験をされてきた美鳥さんであるからこそ語れる数々の体験談は、熱を帯びていてこちらにもその熱が伝わってきました。時々、目頭が熱くなりました。

今まで長年、半ひきこもりで人にあまり会っていなかった為 美鳥さんと個人的にお話をした時、ひどく緊張してしまいましたが青い鳥のステッカーを気に入って頂いてとてもうれしかったです。

これからの御活躍を影ながら応援しております。

2010/05/09 22:47 | 亜由季 [ 編集 ]


お疲れさまでした 

プラチナママさんのブログで告知を見て、フリマ帰りに寄らせていただいた“わけ”です。実は、柿チョコを差し入れしたのが私です。

ブラックジョークさんのところでのコメント拝見し、ご挨拶に伺いました。

もっと早くにこちらにも来たかったのですが、きっかけを失ったまま、今日至っております。

ギリギリまで参加するか迷っていたのですが、本当に参加して良かったです。
はじめは、ひとりでも参加者が増えることで、力になれれば…という気持ちで参加したのですがそれは傲慢でした。
元気をもらったのは私の方です。

私は当事者ではないのですが、もともと美鳥さんがかかえているような問題に関心があり、少しは本も読んでいます。

でも、美鳥さんの実体験に基づくお話を聞き、本の内容なんて吹っ飛ぶくらい、衝撃と感動を受けました。

美鳥さんが話されたような結論に至るまでのことを思うと、どうしてこんなに聡明で可愛い人がこんなにつらい目に遭わなければならないのかという怒りとやるせない気持ちで、心の中では涙でいっぱいでした。

美鳥さんの“はじまり”に立ち会えて、私も嬉しいです。
これからも陰ながら応援しています。

また立ち寄らせてもらいますね。

2010/05/09 23:56 | わけちゃん [ 編集 ]


>>ブラックジョークさんへ 

ブラックジョークさん、こんばんは。

講演会にお越しくださって、ありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。私のような若輩者の講演を、最後までご静聴いただけて私は素晴らしい体験を皆さんにさせて頂きました。

> とても気持ちのこもった内容だったと思います。ありがとうございました。

気持ちだけは120%こめました!(笑)
お知らせからネット受付、会場手配から原稿書き、当日の何もかもが、私にとって初めての体験でした。それゆえ、分かりにくかった点も多々あると自身では繰り返し考えています。ですが、皆さんにお伝えしたい、私はここにいて、皆さんがいるということだけは、しっかりとお伝えしたかったです。

> 「ありがとう」という言葉はあまり好まれないということでしたが私にはこの言葉
> しか浮かびません。ごめんなさい。

いえいえ。すみません。私は、これまでの人生であまりにも他人の言葉だけを借りて生きてきた反動で、ある時期から自分だけの言葉を使うことに決めました。以来、あまり「ありがとう」という言葉を使わないで、使えなかったフラストレーションを行動にしてお返ししていこうとしています。個人的な感覚なので、言われた方々が困惑されるのはよくあることです。そのうち慣れて頂けたらと思います。


> 「人間は孤独になると簡単に死ぬ」というお話はリアリティがあって恐いお話でした。

どうにも周囲を見ていると「孤独」がキーワードに思います。マザーテレサも、人間にとって一番恐ろしい病は「孤独」だと言っています。
「孤独」は、イメージどおりの言葉ではないのが現代の特徴であると思っています。誰も友達がいないとか、会社で話す人がいないとか、いじめられているというような分かりやすい孤独ではなく、自分自身で壁を完璧に築けてしまっている人の孤独、自分を誤魔化しているうちに自分でも孤独かどうか分からなくなっている人の孤独、複雑な構造を持つ孤独に最近強い関心を持っています。
分かりやすいものではなく、分かりにくい声にできない「孤独」に、私にできることで関わって行きたいと思っています。

> そうそう、後半の共依存のお話ではエヴァにも出てくる「ヤマアラシのジレンマ」を
> 思い出していましたよ。

そうでした。ブラックジョークさんはエヴァ好きでしたね。エヴァは、「NERV」自体が「nervous」から来ていると思うのですが、裏側に心理学や神学満載で大好きです。今回、講演会関係のファイルは全部エヴァの限定ファイルに入れて持ち運んでおりました(笑)
「ヤマアラシのジレンマ」は分かりやすいたとえですね。片方が生身でなければの話なのですが。


> お話を聴くまで私は、人間はお互いに支え合って生きていくものだから共依存は
> そんなに悪いものではないんじゃないかと思っていました。勉強不足でしたね。
> 「お互いに喰い合う」という言葉には聴いた瞬間に少し緊張感を感じさせられました。

健全な依存関係というのもあるのですが、「共依存」という言葉は不健全な意味で使われています。この不健全な依存関係は、一見実に優しく情熱的に見えるところが厄介です。
片方が弱っているか、両方が交互に弱っていなければ成り立ちません。弱っていなければ不都合なので、そのうち相手をわざと苦しめたり振り回したりするようになります。相手なくして成り立たない関係のように見えて、徹底的に自己中心的であるということが、共依存の特徴です。
負の打撃を互いに与え合って、それがどれくらい効果的に相手を動揺させるかで、愛情の深さを確かめ合うのも特徴です。
そんなことをしていると、最初はドラマチックで素敵な恋愛に思えたりしますが、いずれ消耗して関係は破綻します。最初から最後に向かっていることは、無自覚でも人の心を疲弊させます。私達は、自分の心には結局嘘をつき通すことができない生き物なのだと思います。

> あっという間の2時間でした。

私にも、別の意味であっという間でした(笑) とにかく時間内には終えることができてよかったです。
4時間欲しかったです。今でもそう思って、講座などができる基礎力をつけようと勉強しています。しかし、次の講演は2時間で今の50倍の内容でお届けします。分かりやすく、ダイレクトに、今回よりもっと面白く楽しく。


> 帰り際にご挨拶をしたかったのですが、言葉を交わしたら涙しそうだったので
> そのまま家路につきました。私は人前で涙を見せたくないという気持ちが強い
> のです。一応、男ですから。

私は、いい年をした女ですが一日一回は泣きますよ(笑) 子供の前でも悲しいときは構わず泣くので、子供に「大人でも泣くのか!」とカルチャーショックを与えたことがあります。良い経験になったんじゃないかなと、それもそれでよかったなといまだ思っています。これは面白いエピソードですので、日をあらためて記事にします。

男たるもの~という教育を受けられたのでしょうか。私は自分がしょっちゅう泣くので、誰が何の理由で泣こうが気にしません。私の泣きやすさに慣れている人は、もはやいちいち理由すら聞いてきません(笑)

あの後、交流会では私の秀逸の体験「サランラップフェチ男」や、ご質問いただいた「ビンタプログラム」などについてお話しました。「アウトサイダーアート」についても。またご興味あれば是非是非お越しください。


> 講演を終えてからツイッターの更新もほとんど無かったので、疲れが一気に噴出
> してしまったのではないかと心配しましたが、ブログの更新があってホッとしました。

結構綱渡りでした。ご心配おかけしましたmm
精神的に全く疲れなかったので、ひたすらに体調を整えて、早々に北海道に帰る予定の友達と会ったり、講演会の事後処理をしたりでリアルが忙しかったです。今もそれを引きずっています。でも元気ですよ!


> 随分と疲労の溜まる1週間、いや、直近の準備期間の1ヶ月、2ヶ月を過ごされて
> こられたと思います。無事に大阪に帰られることを願っています。

いやもう皆さんが最後にくださった拍手、皆さんが講演中に見せてくださった表情、足を運んでくださった勇気とご決断に、エネルギーを逆に頂戴しました。次は、私がお返しする番です。次回も頑張ります。


> また今回の講演が全ての始まりということで、これからも美鳥さんの活動が更に
> 素晴らしいものなることも願って止みません。
> お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

すべての始まりです。
かなり無謀に思われるアウトサイダーアートについての取り組みを計画しています。参加したいと名乗り出られた方々が、すべて関わることができ、かつ社会的に影響力を持ち、お涙頂戴でないクオリティの高い作品を作り上げて展覧会を開くことです。

一旦大阪に戻り、鋭気を養い、勉強を重ねて、秋頃には戻って参ります。
今後とも、よろしくお願いいたします。
貴重なGWの最終日に、来てくださって本当にありがとうござました。
差し入れのお菓子は、はまりました。あれはネット注文できるならば友達や実家に配ります(笑)

2010/05/24 01:24 | 美鳥 [ 編集 ]


>>mokoさんへ 

mokoさん こんばんは。
ご無沙汰してます。

講演会を終わらせて、二十日間くらい滞在した後、3日前に大阪に帰ってきました。
大阪、物価が安い!という点がやはり暮らしやすく、到着するなりボケとツッコミが溢れてましたよ(笑)

ここから全部が始まります。
ここから三年後くらいに、どうしても実現したい計画があります。障害を持っての活動は時間がかかるけれど、時間をかければできないことはないのかもしれません。

参加された方のブログ・・・どなたでしょう。
あちこちにご挨拶にもうかがえず、今は大阪でエネルギーチャージしてます。

心の中で応援してくれてて、ありがとう。
当日の頭の15分くらいは、ガッタガタ震えが止まらず、気づいた参加者の人までをもハラハラさせちゃったけれど、最後は自分らしさが出ちゃうんだなと実感しました。

> 今回の美鳥さんの講演会のことで、私自身が何かをいただいたと感じています。
> 月並みな言葉だけど「ありがとう」という言葉しか浮かんで来ません。

ををををっ。
何を仰いますか。こちらこそ、ありがとうございますmm

三ヵ年計画くらいで講演会の準備をしてきて、これからが始まりです。
やりたいことが決まってしまいました。頑張ります。
東京滞在中は、何度かまずい場面はあったものの、講演中の解離はカウンセラーの先生のアドバイスを実行してふみとどまりました。
おぞましい交代ショーなんて、ぞっとします。そこが一番ほっとしました。
私がやりたいことをやっているから、バラバラにならずに済んだのかな。

これからも、対人関係や信頼関係の中で私もmokoさんも誰も彼も、傷ついたりボロボロになったり泣いたり怒ったりしながら生きていくんだな、皆いるんだな、と講演で実感しました。

すごくすごく温かい場所でした。
今後も続けます。もっとパワーアップして、勉強して、経験を積んで、もっともっと。
人と繋がると元気が出ます。
ときどき死にそうになるけど、やっぱり私は人間が好きなんだと実感させてもらいました。

またお話しましょう。お話しなくちゃいけないこともあります。
お互い、梅雨を乗り切って頑張ろう!

2010/05/29 03:10 | 美鳥 [ 編集 ]


>>凛さんへ 

凛さん こんばんは。
最近、あまり調子が良くなさそうだけど、どうか乗り切って。また会いたいです。

当日は、はるか広島から、困難な状況な中で来てくださって、本当にありがとう!ほんの少しの時間しか会えず、もっともっと話したいことがありました。当日のあの日に合わせて体調を整えていても、予期しないパターンで崩れる私達の症状。それを抱えて来てくれた道中を思うと、信じられない思いで感謝です。
行動することの凄さを教えてもらいました。ありがとう。

> 遠泳に例えた依存の話をはじめ、わかりやすく心にすっと入ってきました。

あの依存の話は、時間の関係で入り口しか話せませんでした・・・orz
今、色んな方とお会いしてお話して考えるにつけ、「共依存」は深い問題だと思いました。私は散々踏んだり蹴ったり、食ったり食われたりしてきた身なので、山ほどネタもあれば、回避する回復する術も知っている。仕組みも思い知っている。
そんなお話を、是非次は濃厚に全部お話できる機会を作ろうと今考えています。


> 美鳥さんが講演会が終わった後を「始まった」と感じてくれて安心しました。
> あれだけの講演を開くことだけでも大変だったと思うし、当日も1対数十人を相手にひとりでお話していたのですから。

気遣ってくれて、ありがとう!
あまり実感がなかったのだけど、意外にも多かった皆さんにビビッてしまい、最初の15分はガッタガタ震えてました私(笑)
緊張しない人なはずなのにあれー?と思ったのだけど、緊張しないのは解離してるときなのかもしれない。全然自分があてになりません。


> お疲れでもなく、燃え尽きるでもなく、次へのパワーを持っていてくださっている事に安心と感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さんにエネルギーを頂きました。
私のような初心者の話、分かりづらい点もいっぱいあったと思っています。それでもあんなに熱心に聴いてくださり、一緒にあの時間を考えてくださったこと、あの温かくて透明な空気に感謝です。あの空気がなければ、私はしばらくどん底だったかもしれません。


> 当日話しきれなかっただろうことをもっと聞きたい。
> またぜひ機会を作ってくださいね。
> 本当にありがとう。ずっと心に残る1日になると思います。

山ほどあります!
今持っているこの原稿分を、どうやって何パートに分けてどの場所でどういう形でやるのか。それまでに私の何を直して、どこを伸ばすべきか。ひたすら考えてます。
もっと聞きたいと言ってくださる一言で頑張れます。ありがとう!

サマンサタバサのお財布もありがとう(涙)
ずっとずっと悔しかった。二度と犯人から取り戻せないんだと思って。お財布を買うお金があるなら、講演会の会場費にまわせよとか思って買えなかった。そのサマンサタバサを・・・!
大事にします。ねこ好きの私に、あの猫袋もたまらなかった。
今度は、ゆっくり話せるといいな。
それまでお互い、死なずに生きて、ちゃんと生きて次また会えますように。凛さんとは、お話したいことがいっぱいです。
来てくださって、本当にありがとうございました。

2010/05/29 03:21 | 美鳥 [ 編集 ]


>>めぐぴーさんへ 

めぐぴーさん こんばんは。
ものすごくお返事お待たせしてしまい申し訳ありません。メールも頂いているのに私ときたら・・・・。ひたすらにまずはお詫びいたします。

講演会に来てくださって、ありがとうございました。
お会いできて良かったです!お声をかけてくださって、ありがとうございました。あれからブログのアバター見る度に、あまりにリアルめぐぴーさんに似過ぎているのでびっくりしています(笑) あんなに似てるアバター見たことない(笑)
実際にお会いできると、めちゃくちゃ嬉しいですね。ネットの世界はいろいろ不自由です。でもネットがなくては知り合えない方々がこうしていらっしゃることを思うと、最近ネットの存在のありがたみも感じるようになりました。

> 行けなかった友達に「どうだった?」と聞かれ、ブログに講演会の感想を書こうと思ったのですが、とても文章にできるようなものじゃなくて書けずにいます。
> 本当に行って良かった。
> 会えて良かった。

こちらこそ、ありがとうございます。
私なりの自己採点で悔しい点がいっぱいあって、次回は必ずや今回よりも更に分かりやすく伝わりやすく、私のありのままはそのままに頑張ります。
足を運んでくださった方だけが味わえる空間にしたかったので、お友達には申し訳ないです(笑)是非、次回はご一緒に来てくださったら嬉しいです。がんばりますよー!

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」が放送されたのですね!おおお!
東京滞在中の日記に書こうと思って機会がなかったので、講演でお話したのですが、建物自体がクール!です。是非ぜひ行ってみてください。
ロビーに置いてある楽器のようなヘンテコなやつがあるんですが、あれは叩いておいたほうがいいですよ(笑)
私も、あと何度か体験に行こうと思っています。何しろその時に居合わせた人たちと作る世界という印象が強かったので、他のメンバーではどうなのだろうと感心があります。


> 私も、依存・共依存の関係は、お互いが良ければそれでいいじゃんって思ってたんですが、あの「遊泳」のお話を聞いて、関係を考え直した方がいいんだなーって思いました。

「依存」「共依存」は、かなり怖いと思っています。食い合い続けてお互いその都度満腹が味わえてしまいます。でも、いつかはなくなってしまう。共倒れしてしまう。私は、酷い依存(するほう)も酷い依存をされる方も経験していく中で、功罪についてずーーっと考え続けてきました。やっぱり「得がたい」と思う関係を悪いものだとは思いたくなかったのです。

しかし、良いも悪いもなく、何だか喧嘩が増えてきて猜疑心は強まり、時々楽しくないのに楽しいふりをする、イライラしてるのに笑顔でじゃれるように八つ当たりするとか増えてきました。逆もやられましたし、私もたくさんしました。
最後には破綻してしまいました。何度も、誰とでもです。

すぐに爆発してしまう爆弾なら分かりやすいのに、時限装置がついた爆弾というのは最初は案外安全に思い、そのうちドラマチックな演出にも思えてきますが、最後は死んじゃうというのが私の結論でした。

この問題は、今回の講演ではとても皆さん関心を持っていただいた点であり、私が全く語りつくせなかった点です。もっと明確に具体的に次回はお話したいと思っています。だから次回も是非来てね!


> 「対等でありたい」と美鳥さんはおっしゃってましたが、聞く側とやる側では、やはりまったく労力が違うと思います。

ありがとうございます。泣きますよ・・・そんなこと言われたら・・・・。
あの時間を皆さんで共有して、皆さんで考えて、それぞれ全員が違うのにあの場所に集った、その点で私も皆さんも対等な人間だと思います。
これは、私が絶対にブレたくない点のひとつです。
労力なんてもうほんまに報われますよ。皆さんがああしてきてくださるだけで。あんなに報われると思いませんでした。ありがとうございます!

> でもまた聞きたい。もっともっと聞きたい。
> またやってくださいね。待ってますから。

どんだけでもやります!
ひとまずお金が尽きたので、資金をためつつ勉強して必ずや次回もやります!
東京にいる間に二つか三つを開いて、セミナー的に共依存や対人関係のカオスのほぐし方についてやってみたいとも思っています。
考えてるところです。
そして次回も、楽しい時間に皆さんでしましょう。
ありがとうございました。

メール返信、遅筆で申し訳ありませんmm 必ずお返事書きますのでお待ちください。
リンクの件は、喜んで!フリーですので、よろしくお願い致しますmm

2010/05/30 22:07 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん、こんばんは。
お返事が、遅く・・・遅く・・・遅くなりました・・・!すいません!!

講演告知にご協力くださって、ありがとうございました。
本来ならばいの一番にご報告にあがらねばならないところ、大阪に戻ってからこっちも自分の計算外に緊張の糸が切れ気味です。


> 講演会無事終了、おめでとうございます。

おめでとうございますって誕生日の時以外に言われたのって、いつだろう・・・・。不思議です。いい言葉です。おかげさまで、無事に終えることができました。

>時間を見ては、今頃はもぅ終わったかしらと気になってました。お天気も良かったし、きっと上手く行くと思ってましたよ(^o^)。

なんだかママンのような見守り。ありがたいです。
東京の天気は、「良い」というよりも突き抜けてました。28度だったそうで、真夏でした。
参加者の方の中には遠くからの方もびっくりするくらい多くて、ただでさえ疾患を抱えていると天気に気分や体調が左右されるので心配でした。人生初めて本気で照る照る坊主作ろうかと思いましたもん(笑)


>あいにく参加出来ませんでしたが、これが最後ではないと思ってます。いっぱい充電して、また、場所を変えながら続けて下さいね。

はい!全部の始まりと心得て充電して、次を目指して行きます。
私には何の財産もなければお金もなく、健康もあるのかないのか分からない状態。でも、泥沼的人間関係の経験やもはや笑い話のトンデモだめんず話はいっぱい持っています。それ以上に、ネットで知り合った支えてくださる方々がいます。
やります。やれます。頑張ります。

>いつかお目にかかれる日が来ると信じてます。お疲れ様でした。ゆっくりされて下さいね(*^_^*)

いつか必ずお会いしましょう。それまでお互い元気に生きていたいですね。
ゆっくり・・・ううう・・・・ゆっくりし過ぎてコメ返やメール返信が滞っています。しめるところはちゃんとしめて、メリハリつけて頑張ります。
機会がありましたら、是非成長したみとりに会いに来てください。

2010/05/30 22:19 | 美鳥 [ 編集 ]


>>もんさんへ 

もんさん、こんばんは。
最近あまりコメント欄をご覧にならないとのことで、こんなに1ヶ月も返信が遅れてしまい、ここを見ていただけるか不安です。ローリング土下座で申し訳ありません。

講演会に来てくださって、ありがとうございました。
まさか、まさかもんさんが来てくださっているとは!
いきなりハグりまくってしまって、すみません。男性でしたら間違いなく惚れてましたw
居合い抜きの武士がごとき切れ味、お会いしてもお人柄から漂う空気は、やはりもののふでした。本当に来てくださって、ありがとうございます!お会いできて良かったです。

参加してよかったと思って頂けて、恐縮です。
初めてということで、自分としては何かと改善したい点があり自己採点はかなり低いのですが、次回皆さんの前に立たせて頂くときには、今回お伝えしきれなかったこと50倍ほど濃縮還元で挑みたいと思っております。


> 後援後のご挨拶で「頑張ってください」と口にしてしまったことが非常に悔やまれます。
> 大変失礼しました。

をををを!なぜですか!
すごい嬉しかったです。なぜなら「頑張ろう!」と心から思い、ああして皆さんに温かい拍手を頂き「頑張れる!」になったからです。これ本当です。終わった瞬間に次必ずやると決めました。
応援くださってありがとうございます。
100人力のパワーをいただきました!

> また機会がありましたらぜひ参加させていただきたく存じます。
> よろしくお願いします。

こちらこそ深々と、よろしくお願い致します。
毎日毎日、次のことを考えています。
今年中にはもう一度と思っています。東京の同じ場所でリベンジしたいと思っていますが、予定は未定。今後の頑張りにかかっています。頑張ります。

もんさんも、どうぞもののふオーラで、お元気で過ごされますように。

2010/06/10 22:58 | 美鳥 [ 編集 ]


>>浅葱れんさんへ 

浅葱れんさん、こんばんは。
この度は、告知にご協力いただいて、あまつさえこちらにコメントくださって、ありがとうございます。遅筆と、何か糸が切れたような、逆に張り詰めすぎてわけわからなくなってるような状態で、1ヶ月ほどフワッフワと過ごしてしまいました。

筆舌に尽くし難い日常の中で新しい挑戦に向かわれていますね。一行ずつ綴られる言葉に重みを感じ、かける言葉が見つからず拝見してばかりですが、応援しています。どうか無理なさらぬよう。

れんさんの日常は、過去に私が生きていた空気を感じます。押し潰されそうな不安や、目前の真っ暗闇や、それでもその先に光を見ようと目をこらす意地。
ブログに綴られる以上に壮絶な日々なのではと想像し、そんな中で告知記事を書いていただいて深謝です。
境界性人格障害、トラウマを抱えてどう生きるのか、現実とどう対峙していくのかは、ずっと私にとっての課題であり、今後の講演の一貫したテーマになりそうです。
皆さんそれぞれの生を感じながら、講演させて頂き、ありがたい機会をいただきました。
いつかれんさんにもお会いできることを願っています。

2010/06/10 23:05 | 美鳥 [ 編集 ]


>>冬日向さんへ 

冬日向さん、こんばんは。
4ヶ月後の返信。やっと4ヶ月後に返信できます。
お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

> 講演会をするというお話を伺って正直どんなお話をされるのだろう、経験談をお話されるにしてもどんな結論を出すのだろうか(今の時点で、、)と見守るような気持ちでおりました。

ありがとうございます。
どれだけ心強かったか分かりません。最初の15分、私ガクガク震えてて、マイクが定まらなかったのですw

> 経験談は多岐にわたりましたが、そういった数々の苦い苦しい数々の経験の上に、「生きることは遠泳である」という今の美鳥さんの覚悟というようなものを感じて涙がでました。この言葉がどんな人間にも当てはまるものであり、私はきっとこの言葉を忘れないと思います。どうもありがとう。

「遠泳である」は、多くの方との出会いいや別れ、自分自身沈んだり浮き上がったりの連続の中、感じてきたことでした。私が死に損なった日に、運悪く亡くなった知人もいました。生きることは遠泳である。力尽きて沈むこともある。生は、当たり前ではない。それだけでもお伝えしたかったので、お話できてよかったです。

> 終わった後のあなたの晴れ晴れとした顔が忘れられません。子供みたいに素直な明るいぴかぴかの笑顔でした。その笑顔が見られて良かったと心から思いましたよ~

あんな気持ちになったのは、生まれて初めてだったかもしれません。
来てくださった皆さんの空気が本当に温かかった。無言の皆さんが、こんなに温かいのはなぜなのか不思議なくらいでした。皆さんのお陰です。皆さんが、恩人です。

> あとで思ったのですが、映像を撮れなくても、音声だけでも録音しておけば良かったと!ボイスレコーダーならあったので、ちょっとそれが残念でした。

映像と画像を、うちの弟が撮ってました。
後日、後学のために意を決して見ましたが、自分の講演姿なんて二度と見るもんじゃないですねw

> (今後映像ではなくて、音声を録音すれば、映像だと差し支えがあっても、音声だけなら遠方の方にもお届けできるかもしれません)

そうですね。映像だと、来場者の方のプライバシーを損ねてしまうので、音声というのもありかもしれません。Ustream配信など色々手はあるように思いますが、それだけの手間をかけてもお届けする価値ある講演内容であるか、私のこれからの努力に拠ると思うとまたもガクブルです。

> これからのご活躍楽しみにしております。

不肖者ですが、どうぞ今後ともよろしくお願いしますmm
コメントありがとうございました。

2010/09/11 01:53 | 美鳥 [ 編集 ]


>>ゆみゆみ3号さんへ 

ゆみゆみ3号さん こんばんは。
4ヶ月経ちました。少し自分を見つめなおす必要があり、講演会での体験を消化するまでに今日までかかりました。お返事が非常識に遅くなりまして、本当に申し訳ありません。
来てくださって、ありがとうございました。

> 講演会に伺った30センチ差二人組の女の方です。

はっきり記憶しています。30センチのっぽな彼は、お元気でしょうか。仲良く帰られた後姿もはっきり覚えています。直接お会いできて、貴重なお話もできて楽しかったです。

> 以前からブログを拝見し、是非美鳥さんにお会いして、お話を伺いたいと思い、参加致しました。
> 貴重なお話を聞くことができて、とても光栄でした。
> 終了後もお話させていただいて、感激でした。

こちらこそ感激です。
ブログを書き始めたころから、読んでくださっている方と直接お会いしている気持ちで書いてきました。ブログは嘘じゃないかと思われないように、自分に嘘をつくわけにいかないと書いてきた日々でした。
ブログを読んできてくださった方と、講演会という機会でお会いできたのは、数年前の私にとっては夢のような話です。

> 何よりもお会いできたことに感謝です。

こちらこそ、感謝感謝です。
足を運んで来てくださらなければ、私はゆみゆみ3号さんともお会いする機会はありません。
お二人で来てくださって、ありがとうございます。
5月の講演会を運営したMUQOL主催で、冬にまた東京で新企画を立ち上げたところです。
願わくばまたお会いできれば幸いです。
> 美鳥さん、スタッフの皆様、貴重な機会をありがとうございました。

> これからもずっと応援していきたいと思っております。
> 私で力になれることがあれば、是非声を掛けてください。

ありがとうございます。
私一人では講演会開催は絶対に不可能でした。
私は、社交辞令はやめて数年経ちます。当日も確かゆみゆみ3号さんは同じことをおっしゃって下さったと記憶しています。
もしよろしければお力お貸しいただければ助かります。予定は、今年の冬、恐らく1月か2月になりそうです。ご都合よろしければ、当ブログのメールフォームへご一報ください。体調等さまざまな理由で不可能な時は、遠慮なくスルーなさってください。

またお会いできますことを祈って。

2010/09/11 02:03 | 美鳥 [ 編集 ]


>>亜由季さんへ 

亜由季さん、こんばんは。
4ヶ月後の返信となってしまいました。
お元気ですか? 体調はいかがでしょうか。当日来られて、その後寝込まれてはいらっしゃらないか気がかりでした。来てくださって、本当にありがとうございました。

> 美鳥さん、講演会お疲れ様でした。私は、講演会に参加できてとても良かったと思っています。

そう言っていただけると、ほっとします。
同時に、もっともっとあの貴重な限られた時間を使って、来てくださった方々にもっと何かお伝えできたのではないかと考え、個人的に悔しい思いが強いです。あの温かい空気を作ってくださった皆さんに、恩返しがしたいというのがあれから私の中にずっとある強い気持ちです。

> 美鳥さんのお話は、とても分りやすくて参考になる
> 事が多かったです。

拙い言葉がとても多かったと思います。それでも「分かりやすい」とおっしゃってくださるのは、真剣に聞いてくださったからだと思っています。ありがとうございます。

> いろいろな経験をされてきた美鳥さんであるからこそ語れる数々の体験談は、熱を帯びていてこちらにもその熱が伝わってきました。時々、目頭が熱くなりました。

大丈夫です。私もお話しながらこっそり泣きましたからw


> 今まで長年、半ひきこもりで人にあまり会っていなかった為 美鳥さんと個人的にお話をした時、ひどく緊張してしまいましたが青い鳥のステッカーを気に入って頂いてとてもうれしかったです。

ありがとうございます。
亜由季さんは、質問もしてくださいましたね。対人恐怖を持っている方が、あの場でマイクを取ることがどれだけ勇気を要することか。ほんの数年前まで、窓から聞こえてくる他人の声にもおびえていた私ですので、あの日の亜由季さんをよく覚えています。
青い鳥、ありがとうございます。カードも大切に持っています。鳥ものにはめっぽう弱いのですw

> これからの御活躍を影ながら応援しております。

ありがとうございます。
5月の講演会と同様、主宰しております自助グループMUQOLで、またこの冬に東京で新企画を立ち上げています。人間不信や対人恐怖を乗り越えて生きること、より具体的なお話を前回より8割増しに濃密にして、講演と講義を行う予定です。
またぜひ再会できれば喜びです。
よろしければ、ブログ教えてください。遊びに行きますよ~!

2010/09/11 02:16 | 美鳥 [ 編集 ]


>>わけちゃんさんへ 

わけちゃんさん、こんばんは。
4ヶ月もの月日が経ってしまい、今頃返信しています不肖美鳥です。
見てくださっていると良いのですが・・・・。見てくださいますように。

> プラチナママさんのブログで告知を見て、フリマ帰りに寄らせていただいた“わけ”です。実は、柿チョコを差し入れしたのが私です。

あの時は、いきなり闖入しましてお騒がせしました(笑)まさかわけちゃんさんが来てくださったとは知らず、あとで知って仰天しました。縁をつないでくださったプラチナママさんに感謝です。そしてお忙しい中、会場まで来てくださってありがとうございました。
柿チョコ、美味しく頂きました。なにあの柿チョコ!美味すぎて、はまりました。どこで売ってるのでしょうか。ホワイトも美味しかったのですが、中間色のアレが美味しかったです。アーモンド味・・?

> ブラックジョークさんのところでのコメント拝見し、ご挨拶に伺いました。

ブラックジョークさんにもお世話になっていますmm 皆さんと不思議なご縁で、ネットの世界は面白いですね。

> もっと早くにこちらにも来たかったのですが、きっかけを失ったまま、今日至っております。

あああっ私などは4ヶ月後にこの返信を書いているわけですから、どんだけきっかけをダメにしてるんだという話です。来てくださったのに、事情でタイミングが合わず申し訳ありません。


> ギリギリまで参加するか迷っていたのですが、本当に参加して良かったです。
> はじめは、ひとりでも参加者が増えることで、力になれれば…という気持ちで参加したのですがそれは傲慢でした。
> 元気をもらったのは私の方です。

私は、とんでもない経験をさせていただきました。あの会場に来てくださった皆さんのお陰です。
あのように温かい空気の中で、初めての講演をさせて頂ける果報者は、そうそういないと思います。あの経験があったから、今のわたし、そしてこれからしようとしている夢が続いています。わけちゃんさん、ありがとうございます。

> 私は当事者ではないのですが、もともと美鳥さんがかかえているような問題に関心があり、少しは本も読んでいます。
> でも、美鳥さんの実体験に基づくお話を聞き、本の内容なんて吹っ飛ぶくらい、衝撃と感動を受けました。

拙い講演であったと悔しい気持ちが強く、次こそはと必ずの自分へのリベンジを誓っているのですが、そのように言っていただけで、そう悪い講演でもなかったのかと思えます。
当事者である私が、病気だろうが何だろうがとにかくお伝えしたいことを自分の体で飾らずありのまま伝えるということを目標にしていました。
少しでもお心に届く講演であったとしたら、幸いです。
しかし次はもっともっと精進した私で、皆さんとお会いしたいと思っています。


> 美鳥さんが話されたような結論に至るまでのことを思うと、どうしてこんなに聡明で可愛い人がこんなにつらい目に遭わなければならないのかという怒りとやるせない気持ちで、心の中では涙でいっぱいでした。

つけまつげで顔相変わってたと思いますので、実際にかわいいかどうかはすっぴんのときに見てみてください(笑)弟からは「だれ?」といわれましたからw 

> 美鳥さんの“はじまり”に立ち会えて、私も嬉しいです。
> これからも陰ながら応援しています。

立会いどころか、大きな大きな宝の経験を頂きました。
私は、あの日来てくださったわけちゃんさん他皆さんに恩返しせねばなりません。
あんなに温かい拍手を頂いたのは、生まれて初めてです。
冬に企画しておりますMUQOL主宰のイベントもこちらでまた告知しますので、よろしければまた是非お越しください。

> また立ち寄らせてもらいますね。

ぜひ!
ブログにもお気軽にコメントください。
今後とも、よろしくお願いします。
コメントありがとうございました!

2010/09/11 02:30 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1052-0cd040ff

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。