--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/09 (Sun) オモチャ姫

omocha_princess.jpg



踏み躙ってください

貴方の足の指の一本一本を

あたくしの唾液で濡れた柔らかな舌で

舐めさせて下さい


あたくしの喉を性器のように

貴方の思うさま 趣く儘に御使いください



泣いても騒いでも

ちょっと音を出す玩具というだけのことですから

あたくしの事は御気になさらず

貴方が御満足なさるまで

御存分に御愉しみ下さい



思わず歯を立て 

血を啜っても

まことに至らぬあたくしを

貴方のお気が済むまで御仕置き下さい

髪を掴んで引き摺りまわし

厳しく鞭で罰して下さい



それとも 針になさいますか

それとも 炎が宜しいでしょうか

それとも 首を絞めて頂けますか



如何様な罰でも お受け致します

如何なる罰にも泣いて歓ぶ

卑しく猥褻なあたくしで御座います



どうか御赦しくださいね



だってあたくしは 貴方のいちぶ





↓ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

詩と写真 | comment(10) |


<<夜にくるまる | TOP | 隔離装置>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんばんわ 

ここ数日の記事を読ませていただきました。
落ち葉の写真いいですね☆
寒くなりもの悲しく感じる季節ですが、銀杏の落ち葉は明るい色で形もかわいくて好きです。
『隔離装置』『オモチャ姫』は、感想を表現するにはうまい言葉がみつかりませんが・・・何度も読みました。
なんだか内容のないコメントですみません。
また寄らせていただきますね。

2007/12/10 00:10 | monokuro [ 編集 ]


>>monokuroさん 

少し心配していました。ご負担になっては、と思ったんですが、前回色々とやりとりした中で、私の言葉で傷つけてしまったり、元気をなくされているのではないか、とあれこれ考えたりしていました。
来ていただいて、嬉しいです。ありがとうございます。
銀杏の葉が綺麗だということを、今年まで知りませんでした。葉っぱの形かわいいですよね。
何度も読んでいただけるなんて、書き手冥利に尽きます。
コメントまで書いていただいて、ありがとうございました。急に寒くなりましたが、風邪などひかれませんように。

2007/12/10 00:29 | 美鳥 [ 編集 ]


とんでもないです 

美鳥さんの言葉で嬉しくなったことはありますが、私にとってマイナスになった言葉はありませんでしたよ。それはきっと美鳥さんが受け手の気持ちをちゃんと考えながらも自分にムリのない範囲で言葉の選択をすることの出来る人だからなのだろうと思いました。
気にしてくださって本当にありがとうございます。
またきますね☆

2007/12/10 01:55 | monokuro [ 編集 ]


>>monokuroさん 

そう言っていただけると、嬉しいです。安心しました。対面でないし、知り合って間がないと、色んなことを考えます。意味合いを受け止めてくださったのだと思います。ありがとう。
言葉が発せなくなった時期、言葉の恐ろしさや無力さに怯えていました。その頃の名残か、時々不安になります。言葉に疲れて、考えることに疲れているとき、絵や写真に救われた体験があるので、monokuroさんを呼んでしまいました。
ありがとう。

2007/12/10 02:13 | 美鳥 [ 編集 ]


 

深夜にご来訪ありがとうございます。
いつも眠れないのですね。私の記事が美鳥さんの心を傷つけることなく、何らかの糧になれたなら、本当に嬉しく思います。

2007/12/11 04:06 | 高橋 [ 編集 ]


 

少しずつ教えて下さい。

「オモチャ姫」の文章は、美鳥さんの心の中のかなりの部分を占める文章なのか、一部のものか、それとも、単なる想像の文章なのか?

質問の仕方が悪ければ謝りますね。

心の中って、人間それぞれ。
身近で、表面上はなんの問題なく付き合っている人でも、もしかしたら、想像とは全く違う内面を抱えているかもしれない。
ちょっと前に、年下の同僚が、ボソっと、「カウンセリング受けようかと思っているんですよ」といった時、返す言葉が見つかりませんでした。

なぜ、「オモチャ姫」のような文章をかかれるのかなぁ?という、素朴な疑問があります。

もし、教えてもらえたら、美鳥さんがもう少しわかりそうな気がします。

2007/12/11 21:35 | チュン太郎 [ 編集 ]


>>高橋さん 

コメントした時間が遅かったんですね。心配してくださって、ありがとうございます。
寝る時間は、眠剤の適量が分かってからコントロールできるようになりました。薬をのまなければ3日でも4日でも一睡もしないで元気だったりしますが。
途中で起き出して何かする、というのは最近の癖になっています。多分、文鳥の看病を24時間して以来です。
また深夜にコメントしてましたら、ああまだリズムが戻ってないんだな、と笑ってやってください。
お心遣い、ありがとうございます。

2007/12/11 22:28 | 美鳥 [ 編集 ]


>>チュン太郎さん 

質問の意味を考えて、お返しするコメントを何度も書きかえています。
なぜ書くのか、というチュン太郎さんのご質問は、実体験なのかただの妄想なのか、という意味なのでしょうか。

そういう意味のご質問だと仮定して、お答えします。
私に限らず、人は、自分が実際体験したり感じたりしたこと以外、書けません。
もし書いても、文章から骨子が抜けてしまいます。だから、嘘も偽りも、今のところ一切書いたことはありません。このブログに書くもの全て、私の世界です。
SMに関しては、今後記事を増やしていくと思います。私にとって、大切な世界、行為だからです。

しかし、この詩が実体験なのか妄想なのか、は、私はお答えする意味はないと思いました。
あなたの中にある「美鳥」が私です。
人の顔は、相対する人の数だけ、存在すると思っています。

乱暴な言い方に聞こえるかもしれませんが、この詩が私のどの部分のどれくらいを占め、実体験なのか想像なのかは、チュン太郎さんが決めてください。

実体験に感じましたか。
それとも、ただの想像に感じましたか。
この詩に、どんなことを感じてくださったのか、なぜ質問されたのか、とても興味があります。
この詩を読んだことで、チュン太郎さんの中の私は、どんな像を結んだのでしょうか。
教えていただけたら、嬉しいです。


チュン太郎さんが話してくださった、同僚の方の一言ですが、こんなことを思い出しました。極端な例に驚かれるかもしれませんが、私はこういう考え方をします。

普段人が見せている顔は、大概単なる見せたい顔です。
私はサランラップを全身に巻いてもらえばそれで絶頂し続ける女性だとか、女性が生理のとき以外はEDの男性や、レインコートを着て泥遊びをして興奮するM、肢体不自由な姿に憧れ手足を自ら切断する人々などを知っています。
が、彼らは普段、普通の男性として、もしくは普通の女性として、通勤したり生活したりしています。

彼らの姿や行為や思いに対して、当初私は言葉を失いました。カウンセリングを受けようと思う、とおっしゃった同僚の方に、返す言葉がなかったチュン太郎さんと同じ心理だと思います。
私が勝手に抱いていた<性的行為>というもののイメージが、彼らの存在によって破壊され、どう組み立て直していいのか分からず、戸惑いました。
けれど彼らに、なぜ?と私が問いかけても、あまり意味はありませんでした。それが彼らの姿そのもの、という他、ありませんでした。

むしろ重要なのは、では私は彼女にラップを巻いて楽しめるのか、生理のときしか機能しない男性を快く思えるのか、というようなことでした。
彼らに対して私自身が何を感じるのか、何が出来るのか、何をしたくて何をしたくないのか、という自身の行動に集約されます。

同僚の方の一言に返す言葉が見つからなかったというチュン太郎さんのお話と、私には重なって思い出されました。


ご質問に、とても深い意味が隠されているような気がして、思い付くままの散文になりました。
この詩に何を感じて、質問してくださったのか分かれば、もう少しお話できると思います。
少しなりとも、答えになっていれば、いいのですが。

2007/12/12 09:56 | 美鳥 [ 編集 ]


ありがとう 

美鳥さんは、僕にとって、今まで付き合ってきた人達の中で、出会った事のない人でした。

それは、多分今まで、人の内面にまで深く踏み込んでこなかったからかな、と思います。
表面で、それなりに処世術というか、上手くあわせて生きてきたのかと思います。

ですから、正直、妄想というか、上手く言えないけど、作ったような話しかな?、と半分くらい思ってました。

だけど、コメント拝見して、美鳥さんは内面そのままぶつけているんだな、と解かりました。
ここまでストレートに、思うところをぶつけてくれたんですから。

正直、とまどいながら、だけどここまで本心をぶつけてくれる美鳥さんに、僕は感謝します。
あまり、自分をカモフラージュしながら生きていかないほうがいいですね。

あつれきあるかもしれないけど、ストレートに自分を出す事が大事ですね。

社会、会社の中で、悩み深く生きてます。

今後も、正直なとこ、どんどんぶつけて下さいね。よろしく。

2007/12/12 23:24 | チュン太郎 [ 編集 ]


>>チュン太郎さん 

>正直、妄想というか、上手く言えないけど、作ったような話しかな?、と半分くらい思ってました。

という言葉に、チュン太郎さんらしさを感じて笑ってしまいました。いつもストレートな物言いをされるところが、楽しいです。

ストレートに自分を出していると、去っていく人は去っていきます。でも、とても大事な人が傍らに残ってくれます。何が良いのか悪いのかは分かりません。少なくとも、こうして足を運んでくださるチュン太郎さん、色んな方に、いつも本当に感謝しています。

チュン太郎さんも、いろんな面をお持ちだと思います。狭心症、私には経験のない病気ですが、心臓に病気を抱える知人は毎回死を体験するんだと言っていました。ご家族を抱え(チュン太郎ちゃんも)社会、会社の中で生きていくのは、大変なことだと思います。そんな中で、毎回綺麗な写真や遊びに行ったときのお話など拝見し、楽しく生きてらっしゃる姿に、頭が下がる思いです。
>悩み深く生きています
重みが、ある言葉です。
どうかお体、お大事になさってください。

2007/12/13 09:37 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。