--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/11 (Sun) ダウンを避けて視点をずらす ? 解離性障害 ?

◆5月5日開催 美鳥の講演会「両目を開いて生きる」申し込み受付中です◆
(近日、頂いている講演会についてのご質問へのお答えと、講演内容(予定)と、講演後のサプライズ土産についての記事をアップします)


解離性障害は、自分と記憶を切り離して、無意識に隔離する自己防衛の一つでもある。最近やっと少しずつ解離性障害からの回復について真剣に取り組み始めてから、この特性を逆に生かすことを考え始めた。

前回の記事◇ 心中は愛か ? カウンセリングの記録  ?は、わりと無意識にそんな書き方をした。アップしてから客観的に眺めて気づいた。自分が自分の書いた記事にダウンしないように、微妙に視点をシフトさせたのだ。

あの記事に纏わる記憶は、去年か一昨年あたりからフラッシュバックの際に具体的な事柄が追体験されるようになった。他人のものだと認識していた記憶が流れ込んできて、実は自分がその場にいたのだと突きつけられることが多くなった。
追体験が始まった頃は、すぐに忘れていた。フラッシュバックの特徴なのか、解離性障害の特徴なのか、ポーンと過去に飛ばされるのと同様、また気まぐれに現実に引き戻されるので、異次元を行き来するようでどちらにも現実感が持てない。だから、すぐに忘れてしまう気がしている。

しかし、何度も何度も繰り返していると、さすがに自分の認識に疑問が生じてくる。
あれは、私の体験らしいと。

今日、これを書いている今は、私は自分の体験だとは正直感じられていない。また、記憶と私が解離したのだ。
あの記事を書いたときも、思えなかった。思えなかったから、書けた。カウンセリングを受けたのは半月も前だ。その時のことを書くまでに、心の準備に半月かかった。自分がダウンしないためだ。

けれど、全く意識にのぼらなかった時と、のぼるようになった今では何かが違うはずだ。それを言語化できるようになったことも、今は理由は分からないが、何も変わっていないようで少し前に進んでいる気がする。自分ではない他の人格の体験として書くという、多少自分にとってアンフェアな方法を取ったとしても。



今の私の至上命題は、「5月5日の講演会まで、倒れることなく自己管理し、当日ベストな状態で来てくださる方とお会いする」に尽きる。

これが思った以上に難しく、去年の12月から苦心している。
解離性障害は、人格交代がどうのが大変なのではなく、生活がままならないことが大変な病気だと痛感する。なぜ生活がままならないかというと自分が今しんどいのか元気なのかすら分からないことが多いからだ。知覚(痛い・寒い・暑い等)と自分が解離、または感情(喜怒哀楽)と自分が解離、記憶と自分が解離しているので、体と精神の足並みが全く揃わない。揃っても稀だ。

そして、自己管理に意識が向かずに疲労を溜めたり、抑圧を強めたりしてダウンする繰り返しがこれまでなのだった。
実は、以前自助グループを作るために東京へ行ったとき、お粗末な自己管理のせいで所構わず倒れまくった。その時に同行してくれていた友達には随分と迷惑をかけた。びっくりさせた。まるであてにならない自分の体調に自分でショックを受けた。自己嫌悪が酷く、帰ってきてからも1ヶ月寝込んだ。

同じ轍は絶対に踏まない。今回、講演会の企画を立ち上げる前から心に決めている。同じミスを繰り返さないだけの学習と知恵も、以前よりはつけた。苦痛の記憶の中にある2人の視点(Aと私)のAではなく私の視点で前回の記事を書いたのは、工夫としては悪くないと思った。
治療として正しいのかは分からないけれど。
いつか必ず私自身が引き受けなければならない記憶なのかもしれないけれど。

ここで一つ記しておきたい。
あの記事に頂いたコメントの数々に、私はとても驚いた。感謝の言葉をいただけるとは思わなかった。けれど、字数の限られた顔も見えないコメント欄の言葉に、私が何故自分の体験をこのブログで書いているのか確信が持てた。ありがとうございますと頭を下げるのは私の方だ。そのことは、講演会までに一つの記事にして詳しく書きたい。


あと1ヶ月足らず先となった講演会まで、やらなければならないことはたくさんあるけれど、第一に自己管理ができなければお話にならない。治療をするにしても同じで、生活が一番大切だ。ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、またちゃんと寝る。この基本を忘れては何もできない。そしてこれが難しかったのが今までの私。現在の私。毎日が挑戦だ。


当日、足を運んでくださる方で、何らかの疾患と闘病中の方は、私と似た状況にいらっしゃるのではないかと思う。
私は、外出するにも1週間前から計画を立ててコンディションを整える。一度外出すると大体3日は寝込む。人と接触すると、最近はそうでもないが、楽しくてもトラブルがあったとしても、どっちみちやはり寝込む。気力と体力が要る。食べるにも眠るにも外に出るにも苦心する。


それでも来てくださる方がいらっしゃるのだから、私は作り物じゃない本当の私のベストコンディションで当日いたい。
魚雷モードでもなく、解離して無感覚な私でもなく、プレッシャーや緊張を他人格にシフトさせたりもせず、私のありのままで立ちたい。


関連記事
◇ 心中は愛か ? カウンセリングの記録  ?

◆5月5日開催 美鳥の講演会「両目を開いて生きる」申し込み受付中です◆
応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

告知にご協力くださっているブロガーさま、ありがとうございます。ご挨拶、コメント返信、メール返信が遅れていまして、申し訳ありません。ご連絡頂いたブロガー様のブログにすぐ飛んで行って拝見しているのですが、全記事読まねば失礼という私の信条がありまして余計に返信等滞っている次第です。重ね重ね、ご協力ありがとうございます。  みとり

関連記事

解離性同一性障害 | trackback(0) | comment(2) |


<<缶ジュースのはなし ? アダルトチルドレン ? | TOP | 心中は愛か ? カウンセリングの記録  ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

はじめまして、たまきといいます。
コメントありがとうございました。
あんまりブログに詳しくないので、どこにお礼をいえばいいか分からなかったので、記事の内容に無視して申し訳ないですが、ここで言お礼をわせてください。

もともと弱く問題を抱えていた私ですが、今子供のことで特殊な精神状態にあり、ちょっとひいてしまうブログ&更新も停滞しています。なので苦しいと言いながら説明欠落でちょっと何が言いたいのかわからない感じですいません。

心配していただいて、声をかけていただいて感謝します。
が残念ながら、いまの自分は感謝はするけど、人の言葉が右から左状態です。
変な話だと思います。イジメがもともとの原因なら、卒業するまでのほんの数年だけの問題のはずなのに、とてもそうは思えないです。結局自分自身の深いとこでの問題が本当の問題点なんだと思います。

今はとてもとりこんでいて、自分のことを書くことだけで精いっぱいなんで、落ち着いたらキチンとお邪魔?して挨拶にきたいです。

2010/04/11 09:18 | たまき [ 編集 ]


>>たまきさんへ 

たまきさん こんばんは。あらためて、はじめまして。

かなり切羽詰った状況に親子でいらっしゃると感じ、躊躇なくコメントさせて頂きました。
当ブログは、コメントをオープン制にしていますので、ブログ右下のメールフォームから送信頂ければ非公開でお話頂けます。もし気が向かれましたらどうぞ。お待ちしています。


> もともと弱く問題を抱えていた私ですが、今子供のことで特殊な精神状態にあり、ちょっとひいてしまうブログ&更新も停滞しています。なので苦しいと言いながら説明欠落でちょっと何が言いたいのかわからない感じですいません。

いえ。感情的に書かれている文章も、そうでない文章も、現実はブログよりも遥かに大変な状況であると感じています。ブログ内容は、私のブログ自体がしょっちゅう特殊な精神状態で書くものが多いので引きもしません。むしろ、何となくですがたまきさんという方は、本来ここまで逼迫した状態をブログに書かれない方なのではと感じましたので、逆に危機感が迫ってくるものがありました。


> 心配していただいて、声をかけていただいて感謝します。
> が残念ながら、いまの自分は感謝はするけど、人の言葉が右から左状態です。

私にできることがあると直感した方には、構わず声をかけることにしていますので御礼には全く及びません。たまきさんの現状を打破する知恵の提案と支援をさせて頂けたらと私が勝手に考え行動したことですので、大変な心理状態の中、わざわざこちらにコメントくださって恐縮です。


> 変な話だと思います。イジメがもともとの原因なら、卒業するまでのほんの数年だけの問題のはずなのに、とてもそうは思えないです。

いえ。全く変な話ではありませんよ。
イジメは、心を殺す殺人です。卒業するまでの数年だとか、期間限定だから耐えればよいという話では全くありません。自殺者の低年齢化も進み、学校現場はこれまでの日本の教育の歴史の中で、最も分かりにくい形で荒廃している気がします。

たまきさんの周囲の方は、何か前向きに捉えればよいと考えているようですが、現実はそう甘くはありません。不安障害を持ってらっしゃるとのことですが、そういう方の持つ独特な感受性に私は重きを置きます。
私もいじめを受けましたし、いじめを理由に何度も死にたいと思いました。またその後の人生観も変わりました。いじめは軽い問題ではありません。

むしろ「変な話」と私に仰るたまきさんの心理状態が不安です。周囲から理解されないあまり、とてつもない不安と恐怖を抱えてらっしゃる状態とお察しします。
そういった周囲からの圧力が強いのではと感じ、前向き信仰が大嫌いな私は思わずコメント差し上げた次第です。

親として子供のイジメに命がけで戦った人も知っています。経験者の知恵は助けになります。経験したことがなく、単にアドバイス程度のことしか言わない人の言葉は、今の世ではあたかも正義のようにまかり通りますが、現実を現実として把握し、どんな悲惨にも対処できる具体的な知恵が必要です。

その提案が微力ながら私はできるのではと声をかけさせて頂きました。


>結局自分自身の深いとこでの問題が本当の問題点なんだと思います。

そうですね。何事も自分の目に映るものは全て「自己投影だ」と言っている心理学者がいるくらい、私達の目の前で起こるすべては自分の問題と重なっています。
しかし、深い問題を探り対処する暇がない場合、性急に打てる手を具体的に手に入れなければなりません。


> 今はとてもとりこんでいて、自分のことを書くことだけで精いっぱいなんで、落ち着いたらキチンとお邪魔?して挨拶にきたいです。

お気遣いなく。
ただ、もし私でお力になれそうなことがありましたら、遠慮なくご連絡下さい。

2010/04/17 23:15 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1021-d57f52ea

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。