--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/04/16 (Wed) 指無し姫は生きる 2

※前記事<指無し姫は生きる1の続きです>


予告もなく舞い込んで来る罵倒や皮肉や歪んだ理想化やこき下ろし。
1人暮らしの部屋で、恐怖と孤独に耐える日々の中、真っ黒な絶望にじわじわ飲み込まれていくのが分かる。
人間は、結局どこへ行っても同じなのだ。
家庭も学校も職場も宗教団体も、健常者もメンヘラも皆みんな似たり寄ったりだ。嫉妬、投影、理想化、依存、叶わなければ攻撃。自分が殴られた分、殴りやすい誰かを探している。

私は、大丈夫だろうか。
ブログを通して信頼できるブロガー仲間や友人に出会えたが、同時に、人間の業深さや底抜けの悪意も嫌と言うほど目にしている。引き裂かれる。
私は誰かを不当に殴ってやしないか。私は私をちゃんと直視できているか。ありのままを貫いているか。



ブログの管理画面を開く前から動悸と呼吸困難に襲われるようになった。
震えが止まらない指でキーを打ち、ブログだけは更新し続けた。
荒らしにあって、ブログを閉鎖したり移転を続けるブロガー仲間は少なくなかった。一体今日まで、どれほどのブログが閉鎖に追い込まれたかしれない。
現実世界で痛いも苦しいも言えずに生きてきた人たち。ブログでなら本当の気持ちを言えるかもしれないと、一行一行勇気を振り絞って書いていた人たち。彼ら彼女らの懸命で純粋な声が、匿名の悪意に潰されていく現実。それが私はいつも悔しかった。


卑怯な荒らしに負けない方法は、一つしかない。
何を言われても脅されても、ブログを閉鎖しないことだ。
私にとって、ブログを書くということは、生きることとイコールだ。
ブログは、何が何でも書き続けなければならない。



新たなカウンセラーを、主治医に紹介してもらった。8年間通った臨床心理士で挫折して以来、二人目のカウンセラーになる。

精神分析に重きを置く新フロイト派のサリバン派。バウムや風景構成法、ロールシャッハなどを好んで使う治療者だった。
相性は、最悪だった。
カウンセリングルームに行く度に、希死念慮のトリガーを引かれた。
素面ではいられなくなった。帰宅するためにODしては道路に倒れこんだり、色々な手で自殺をはかろうとしては制止するカウンセラーと揉み合いになり、感情が制御できなくなっていった。
一体自分はどうしてしまったんだろうと怖くなるくらい、この治療者の元で精神状態が悪化した。
8年間通ったカウンセリングが失敗。その次も、失敗。絶望の上塗り。途方に暮れた。

そんな中、ある方から鍵コメを頂いた。関西圏でカウンセラーをしている男性からだ。
こんなふうに書いてあった。
自分のカウンセリングを受けるつもりがあれば十分受け入れる気持ちの用意がある。あなたの記事を読んで、カウンセラーという立場上、あなたの状況を他人事と流してしまうのは自分にとって非常に不自然だった。受け入れの用意があることをこちらからお伝えしておくのが筋ではないかと思った。


非常に丁寧な文面だった。
私の状況や判断を最大に尊重しようという心配りが隅々まで行き届いた長文だった。
私は、以前からその人を少し知っていた。似た感覚・考えを持つ人だろうと感じていた。その時点では、私のブログの姿勢や生き方を全肯定してくれていた。もっと楽に生きたらとすすめてくる人が多い中で、むしろ今以上に今の生き方を貫き通すべきだと言ってくださっていた。私も、自分の人生を生ききるにはそれしかないと確信しつつあった。


少しでも知識がある方なら分かるだろう。
カウンセラーからクライアントを招くのは、非常にイレギュラーだ。禁じ手と言っても良い。それはカウンセラー養成学校に通っていた頃から知っていた。

でも私は、こだわらなかった。
家庭でも学校でも宗教団体でも、私はいつも同じことを学んできた。常識や肩書きや立場は、決して私を救わない。
親たちが一番に私をキチガイと嘲り罵った。教師は私への虐めを止めないどころか虐めの指揮官だった。信者は、善の顔で私の不幸を食い物にし平気で騙し裏切った。ない金と時間を費やした「心の専門家」の治療を10年近く受けても、私は回復しなかった。
大切なのは、私に接する人間の本質だけだ。生き方、あり方が全てだ。
そして、私自身は、考え続けるしかないのだ。
何が最善か。何が真実か。両目を開いて、見極め続ける。死の瞬間まで。


受け入れる準備があると書かれた全文、真摯で濁りがなく、誠実で誤魔化しがなかった。
無条件に信用する気にはなれなかったが、私はあまりにも虚無と孤独で疲れ果てていた。1人で立ち向かい続けることにも限界が近づいていた。

当時のプライベートの日記から、私の状態を記述する単語を拾い上げてみる。
「両足自傷。両指自傷。記憶障害。過食。虚無感。鬱状態。全身、特に背中の痛み。パニック発作。手の震え。髪に火をつけて燃やしたい欲求。殺人欲求。意識消失。点滴。精神薬。OD。凄絶な孤独感。」


2008年12月、ついに生きることとイコールだったはずのブログも、書けなくなった。
全てが行き詰まった。いよいよ死ぬしかなくなった。
迷った末、自殺予定日を少しだけ延期して、体を引きずるようにして鍵コメをくれたカウンセラーのカウンセリングルームを訪れた。
期待は殆どなかった。自分が生きているか死んでいるかすら実感がなかった。ただ流れに任せ体を運んだと言ったほうが正しい。

待合室で、問診票を手渡された。
相談内容欄には「明日生きているか分からない」とだけ書いた。

地獄に仏を私は信じない。地獄から逃げ出した先は、また別の地獄の可能性が高い。自尊心を欠損して生きていくとは、そういうことだ。
期待など殆どなかった。
そんな力が残っているなら、私はまだあと1行でもブログを書くことができただろう。

案内され、向かい合わせのソファに腰掛けた。
最期の治療が始まった。


<⇒3に続く>

関連記事
 ◇<指無し姫は死なない
 ◇<指無し姫は生きる1

↓ ランキング参加中。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら ※現在ツイートは殆どしません。リプライは見てお返事しています。
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(折を見て再開予定。配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

スポンサーサイト

治療日記 | trackback(0) | comment(3) |


2014/04/12 (Sat) 指無し姫は生きる 1

件のカウンセラーとの出会いを語るなら、直前の出来事から書いておかなければならない。
問題のカウンセリングに嵌りこんでいった経緯、支配から逃れられなかった理由、そこから抜け出したきっかけ、抜け出した私が今こうしてブログを書いている理由。全て一本の背骨が通った一繋がりの物語になっている。
この時期に私と関わってくれた誰が欠けても、今日の私はない。

2008年から10ヶ月間受けたカウンセリングから約4年、壊れたまま生きてきた日々を書く。
崩壊し続ける「私」の物語。
死ななかったから、書ける。生き延びる限り、書く。


::::::::::::::::::::


2008年10月、TBS報道特集NEXTで「自分を傷つける女たち(境界性人格障害)」というドキュメンタリーが放送された。
私は、境界性パーソナリティ障害(以後、略語のBPDと記す)の患者の一人として出演した。
私の私生活から通院、BPD特有の行動化の様子などが、テレビで流れた。
私はこんなブログを書いている以上、覚悟があった。病気への理解が広がるなら、私のプライバシーは要らない。どうせ明日生きているか分からないのなら、自分の全部を出してから死のうと決めていた。
だから、モザイクはなしにしてもらった。番組に使われることはなかったが、交際していた男性が撮影したSMプレイ写真まで提供した。
私は、私自身が病気への理解に必要と思うものを必要なだけ提供した。



取材の話が来た当初、テレビ関係の人間というだけで私は全く信用せず打ち合わせのテーブルに座ったが、相当な時間をかけて知ったディレクターN氏は、信頼に値する人物だと感じた。
その彼から、事前に説明を受けていた。
全国誰もが見るテレビに、精神障害者として顔出しで出ることのメリットは、はっきり言って一つもない、と。しかし、当事者の表情まで放送出来るなら、より伝わることは間違いない。

私は、誤解されやすいこの病の苦しみが、最善の形で伝わって欲しいと願っていた。

モザイクなしで良いです。そう言ったら、ディレクターは驚いた。
「もうちょっと考えた方が良いですよ。知り合いや家族が見るかもしれない。途中で気が変わったら言ってください。いつでも処理しますから」と言った。
気は変わりません、と私は答えた。

自分がブサイクだろうがキモかろうが、どうでも良い。それが私の生だ。生きることは苦しくて、下らなくて、なかなか死ねなくて、諦めが悪くて、みっともなくて、少しでもましに生きようと今日明日を足掻くしかない、それが私の偽りない事実だ。格好つけても仕方ない。ブログでやっていることと何も変わらない。どんな場でも私は繕わずにいられるのか。自分を試してみたい気もあった。

事実、最後まで後悔しなかった。涙にまみれて醜態をさらす自分の顔を画面いっぱいに眺めても、その気持ちは変わらなかった。


放送直後から、ブログの来訪者が激増した。
番組の感想が、コメント、鍵付きコメント、メールを通して数え切れないほど私の元に寄せられた。書き込み主は、主に同じようにBPDで苦しむ当事者の方々だ。

当時まだまだ認知度の低かったBPDのドキュメンタリー番組が放送されただけで、価値があった。そのことを評価する声を頂いた。
一方で、「BPDの苦しみはあんなものではない」「私たち当事者はあんなことが言いたいわけではない」といった批判的な声もあった。
一当事者に過ぎない私のブログのコメント欄に、制作サイドへの批判を書き込んでも当事者の声はどこにも届かない。憂さ晴らしのように感情任せに批判してくる鍵コメントやメールが増え続け、対応しようのない私は何度もダウンした。孤独だった。

力を振り絞り、記事を書いた。
意見があれば直接、実名でテレビ局へ感想を送ってください。当事者の声こそ最も価値がある。実名こそ価値がある。

その記事に応えて、何人もの方が実際に動いて下さった。実名で感想を送りましたと連絡くださった。倒れこんだベッドの中で報告を受けて、その勇気ある行動に心から救われ、泣いた。

この時の体験が、その後の講演活動に繋がった。
醜悪だと笑われようがが何だろうが、とにかく自分のありのままで人の前に立つこと、当事者が当事者の声と言葉で自らを語ることの大切さを実感した。私の捨て鉢の勇気に応えてくださる方々がいることを知った。


「番組は番組制作者の作品に過ぎない、当事者の声ほど説得力を持つものはない、美鳥さんが伝えたいことは自分自身で伝えるべきだ。」
そう言ったディレクターN氏の言葉も、その後の私の道を決定的にした。
当時の私は、暇さえあればSMプレイの話ばかりして、頻繁にボーダー患者ならではの二極論をぶつ、分別のないクソ生意気な小娘だった。それでも、1人の人間として対等に対話してくれた。N氏からは、日本のこと海外のこと、宗教のこと動物のこと昆虫のこと野球のこと、数え切れない程多くのことを教わった。
人のプライバシーを最大に尊重することの大切さを教えてくれた人でもある。「マスゴミ」と揶揄される報道の仕事に、こんな誠実な人も携わっているのだという事実は、私の世間への目を開かせてくれた。
彼は、後に、間接的に私の命を救った一人ともなった。


番組放送後、しばらく経っても訪問者の数は一向に減らなかった。
昔から読んでくださっている方なら、うちのブログではコメント欄が匿名の誰かに荒らされることが日常茶飯事になっていたことは、ご存知だと思う。
特に悪質なものが多かったのは、鍵つきコメントだ。罵詈雑言の長文を書き込み続ける複数の匿名に粘着に絡まれ続けた。
番組放送以後は、私にコンタクトを取ってくる人そのものの数が増え、比例して悪意あるコメントも増えた。
例えば、ある鍵コメが「発信は見苦しいですよ。さっさと自殺したらどうですか?」と書いて来たかと思えば、数日更新しないでいると、別の誰かが「読者の気を引きたくて更新してないのでしょう?痛々しい」と書き込んでくる。そんな調子で、そのうちストーカーも現れ、警察署に相談に赴くはめになった。

精神のバランスを欠く時間が増えた。
プライベートな日記で苦しみを吐露した。ブログ友達に手伝ってもらって、荒しコメントの論理分析を必死でやった。それでも耐え切れず意識は朦朧とし、ODし、ダウンを繰り返した。

生きるために書いているブログで、生きる気力を支えられ、生きる気力を奪われる。
でも、書くことをやめるわけにはいかない。
孤独だった。

<⇒2に続く>




↓ ランキング応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら ※現在ツイートは殆どしません。リプライは見てお返事しています。
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(折を見て再開予定。配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

治療日記 | trackback(0) | comment(5) |


2014/04/06 (Sun) ケンタッキーのストライプ - リストカット -

20140406.jpg


部屋を掃除していたら、左手首に擦り傷を負った。
痛かった。思わず叫び声をあげた。

その瞬間、
「リストカットはいいものだ」
「また切ろうよ」
「この痛みが好き」
「この甘さをもっと味わいたい」
フラッシュバックする感覚に支配されそうになった。
混乱し、狼狽した。

ちょうど拓海とiPhoneのテレビ電話を繋いでいた。
手首を押さえて変な顔をしている私に、拓海がどうした?と訊ねた。

私の話を聞いて、拓海はすぐ言った。
「気分転換に別の話をしようか。俺の持ってるシャツなんだけどさ」
その昔、古着屋で試着したら抜群に似合うシャツがあった。着ていたら周囲の評判も良い。だけど、よくよく見れば、実はファストフード店の制服だったんだ。そんな話をしながらシャツを広げて見せてくれた。
カメラにタグを近づけて、ここにケンタッキーフライドチキンって入ってるんだよ、と拓海が言う。


私は上の空。
手首は、変わらず甘く疼いている。
まるで熟れた性器のようだ。
何ていやらしく、いじらしい誘惑だろう。


相槌のついでにお願いしたら、着てみせてくれた。
既製品のサイズがなかなか合わない彼なのに、オーダーメイドのようにぴったりだった。カメラの前でかしこまっている拓海を見ていたら、おかしくて笑えてきた。
ほんとに似合ってんなー。何でそんなもの持ってるの。ケンタマニアに売ったら高く売れないかな。他愛ないことを言って、ふざけあってケラケラ笑った。
拓海も笑った。

私は、密かに相手の空気を観察するし、言葉や表情の意図を察知しようとする。
拓海の凄いところは、何も計算しないところだ。
彼は、もう私の手首を気にしていない。私の気を逸らそうと考えながらシャツの話をしていない。


冗談を私にツッコまれて、彼はアホみたいにいい顔で笑った。
少し開いたシャツからのぞく雪国育ちの白い肌と、その胸元のほくろが妙にいやらしかった。

手首の傷も甘い疼きも、私と彼の笑い声に塗り重ねられ見えなくなった。



今手首を見ると、少し赤い擦過傷になっている。明日には、すっかり治るだろう。
私の心はもう治っている。




↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら ※現在ツイートは殆どしません。リプライは見てお返事しています。
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(折を見て再開予定。配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

日々日記 | trackback(0) | comment(4) |


2014/04/01 (Tue) 指無し姫は死なない

20140401.jpg


4年前、治療と称する洗脳を受けた。
普通のごくありふれた面談方式のカウンセリングだった。
てっきり治療だと思っていた。
常にどこか違和感を抱いてはいた。でも、他に行くところはなかった。
助かりたい一心で通った。

治療者に不信感を抱くのは、自分の<認知の歪み>のせいだと信じた。
治療のせいで狂わされているなんて、考えもしなかった。
10ヶ月後、治療から離れた時には、もう手遅れだった。

カウンセリングルームは、密室だ。
<クライアントの認知の歪み>は、ある種の治療者にかかれば完璧なアリバイになる。


犯人不明の完全犯罪。
犯人は、<認知の歪んだ>私かもしれない。
カウンセラーへの不信は、<ボーダー特有のこき下ろし>かもしれない。
何もかもが分からなくなった。崩壊した。
トラウマから、私はすっかり枯れた植物のようになった。

それでも書くことをやめたくなくて、僅かに生き延びた私の残骸を集め、辛うじて書いた記事だけアップしてきた。
何に苦しんでいるのか、ブログにも書けなかった。説明不足の記事は、読者の方を混乱させたかもしれない。私は、自分に何が起こっているのか全く分かっていなかった。だから、何をどう書いて良いのか見当もつかなかったのだ。

文字にしようとすると言葉が消えてしまう。
ブログを書くため、無理やり自分に暗示をかけて意識を過去に飛ばした。そのせいでフラッシュバックを起こし、泣き喚きながら2つ前の記事などは書いた。
文字通りの悪足掻き。どうしてもこのブログには、ほんとうの私だけを記さねばならない。


枯れてゆく自分を捩じ切るまで絞って、一滴残らず純粋な私を注ぎ込み講演をやった。
心をこめた。なげうった。でも自分の全部には届かなかった。来てくださった方に何と言えば良いか分からなくなった。枯れてゆく。
じわじわ死んでいく自分を前に呆然と立ち尽くすしかできなくなった。

私の声が掠れていく。
消えてしまえば私の心はどこにも痕跡を残せない。
他愛ない言葉すら、出て来るまで異常に時間がかかるようになった。
Ustream放送にTwitter、友人や恋人との会話まで、24時間緘黙傾向に苛まれる日々を4年続けた。
私に何が起こったのか、誰にも分からなかった。自分でも分からなかった。
いつもそうだ。本当に痛いことは、人目につかないところで見えない形で刻まれる。
私の人生は、あと何回こんな馬鹿げた転覆を繰り返すのだろう。


事態はもう永久に変わらないかに思えた。
きっちり4年、変わらなかった。
長かった。多くを失った。


しかし、それも今終わりを迎える。
苦しみと熟考と行動の末、私に何が起こっていたか、はっきり分かった。
もう少しで完全に私を取り戻すことができる。
あとは、このブログに怖くて怖くて書けなかったことを書くだけだ。

関わった人のプライバシーが最大限守られるよう注意する。
記事タイトルは、書きかけの童話タイトルの一部を取った。
主人公の指無し姫は、もう死ななくて良いかもしれない。



↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら ※現在ツイートは殆どしません。リプライは見てお返事しています。
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(折を見て再開予定。配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

治療日記 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。