--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/11 (Fri) 大地震で被災された皆さんへ

大阪も揺れました。あまりに揺れて、地震酔いで吐きそうになりました。
ワンセグで震度を見て寒気がしました。
私は、阪神大震災を経験しているから、どれだけの規模か想像できました。地面が揺れる、家が揺れるということは、頭を直撃する絶望です。強烈な不安です。

今回、昼間の大地震だったことが、とてもとても心配です。怖いです。
神戸では、本当に悲惨な話がたくさんありました。テレビでは分からない、地震の悲惨さがたくさんありました。語ることができぬほど恐ろしい体験が幾つもありました。それを今、東北はじめたくさんの方々が経験されていると思うと、私は泣き出しそうです。

何もかも変わってしまい、何もかも失ってしまった気持ちになるかもしれないけれど、どうか希望や強さだけは手放さないで耐え抜いて、頑張ってください。

生きてさえいれば何とかなる。
当時の阪神淡路大震災で被災した人たちの中に、儚くもしっかり繋ぎとめられていた言葉です。
地震で失う痛みを知っている人たちは日本にたくさんいるから、ひとりではないです。

こうしている今も、寒い中で救出を待っている方々、どうか皆さんが無事に助けられ、太陽の陽を燦々と浴びることができますように。

ずっと前のことなのに、神戸でのあの瞬間をはっきり思い出します。
テレビ画面も何もかも、あの当時に引き戻されたようです。死亡者お一人お一人の報が恐ろしい。苦しい。このブログで知り合えた友達が何人も住んでいます。まだお会いしたことがない方もいます。いま何もできないことが悔しくて苦しいです。怖いです。
失う痛みに負けぬように。優しさで支え合えますように。
皆さんの無事をひたすらに祈ります。


私のtwitterは→こちら

応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

日々日記 | trackback(0) |


2011/03/10 (Thu) 船と涙 - 解離性同一性障害 -

こんな状態でブログを書くのは、久しぶり。
心が不安定で壊れそうだ。書かないと、もっと取り返しがつかないところまでいってしまいそうだから、書く。
絶対に乱文。読んでくださってる方、すみません。


昨夜と今日と、黒色が全て怖くなる黒色恐怖症(自称)に襲われることが時々ある。世界中のあらゆる黒色が襲い掛かってくる。数分で過ぎ去るから、あまり気にしないようにしていたけど無理だ。黒色が怖くなる時期は、心の状態の何かと関わっている気がしてきた。

さっき突然ふいに唐突に、「なんでAのこと見てくれないの?」と声がして、そういう声はよくあるから放置していたけど、何とはなしに考え始めてしまい、気がついたら地を突き抜ける落ち込みぶり。苦しくて悲しくて、不安で絶望的で、孤独だ。途方もなく孤独だ。
Aについて、自分が持っている情報から考えてみても、人間ってどうしてうまくいかないんだろうか、どうして単純にできていないんだろうかと悲しくなった。

私が抱えている問題とか精神的な病気は、生まれ育ちから来ているだけではないという事実。今まで生きて経験してきたこと、出会った人々、味わった感情、喜び苦しみ、知恵、愚かさ、すべての掛け算の結果、今の自分があるという事実には、時々絶望する。
回復という目標が、途轍もなく無謀に思えてくる。
無数にある過去の、どのポイントで自分が何に遭遇し、何を味わい、実際はどうで、結果今の自分にどう帰着しているのかなんて、把握しようがないじゃないか。カウンセリング諸々で受ける治療とは、まさに把握しなおす作業。過去のポイントポイントを見つけ出して繋げていく作業。気の長い作業。取りこぼしてきた自分を掬い上げ、自分の目で検分しラベルを貼って自分という棚に陳列し直す。気が遠くなる。死ぬまでに私は、せめて自分が何者かくらいは分かって死ねるんだろうか。怖くなる。


私は、節目節目で全く違う自分を生きている。
例えばアダルトチルドレンのような、他人の顔色をうかがい、他人の役に立てるか否か、他人にとって都合が良く重宝してもらえるかという基準だけで生きていた時期がある。一人で大勢を救って生きていかねばならないと信じ込んでいた。大げさでも何でもなく、常に苦しんでいる誰かにとっての「救世主」でなければ存在価値が揺らぐ気がした。
「救世主」という自己像を保てなくなり、破綻した後は、自分を救ってくれる「救世主」を探して生きた。どっぷり対人関係に依存し尽くした時期だ。依存される側から、依存する側にまわった。依存するも依存されるも、根本的には同じ質のものだから、起こるべくして起こった転換とも思う。どちらにせよ、苦しいことに変わらない。
どちらの時期も、私は常に空虚で、ドラマチックなもので自分を埋めて埋めて生きようとしていたけれど、実は底に大きな穴があいていて、ドラマチックなものも日常のささやかな喜びも、全部その穴から抜け落ちていたのだと気づいた。

この依存と依存の狭間だったか、ロボットとして生きていた。感情がなくて、痛みもなくて、大怪我や大病一歩手前で命拾いしたり、とにかく自分が壊れることに無頓着だった。

「自立」を精神科医に目標とされて始めた治療。自分を許すとか、自分を甘やかす、自分に優しくするということを意識して生きていた頃。具体的な内容を、今の私は殆ど覚えていない。この時期あたりの記憶や意識が殆どなくて、今の私がいきなり生まれたという感覚がある。

裁判をしていた時期は、自分の外殻が作られた頃のように思う。私が何をするために生きているのか、はっきりしてきた時期。あらゆるものを、身に着けるか切り捨てるか精査しなおした時期。積極的ではなかったかもしれない。人生の流れみたいなものが、私に要求した。


今の私。
よく友達から「男らしい」と評される性格。自分でも、母性より遥かに父性が強く、守るために抱きしめ慈しむより、守るために戦うことに向いていると感じる。
恋愛下手。依存心ゼロ。依存することもされることも嫌い。好き嫌いが、はっきりしている。ただし人間に限っては、あらゆる種類の人たちを実は好きなんじゃないかと思う。ドライなのか、ウェットなのか分からない。ただ、ある一点まで強く、ある点を越えるとポッキリ折れやすい。そんなところも男性的といえば、男性的だと思う。
自分がやりたいことと、誰かのためになる、ちょうど重なる部分にとても興味がある。誰かのために自分を投げ出したり、奉仕するという気はさらさらない。そんなことをすれば、これだけしてやったのにと相手にルサンチマンを募らせる仕組みをよく知っているから、自分がやりたいことが誰かのためになれば良いなと考えている。以前とは全然違う点。

ひとりごとみたいに書いてる。
私は、自分が何だかよく分からなくなっているから。怖い。私の中に、どうしようもなく柔らかくて潤っていて弱くて傷つきやすい生き物がいることに気づいた。怖い。

「どうしてAのこと見てくれないの?」
誰に言っている言葉なのか、それを考えた瞬間に私は自分が崩れ去る気がしたのだ。
多分、Aが出会った過去すべの人間に対して言っているんだと思った。親とか、恋人とか、治療者とか、限定された一人じゃなく、ああもしそうだったらとても救われるのに、彼女の過去をひっくるめて、見てもらえなかったと言いたいんだなと思った。誰からも見てもらえない人生。忘れ去られた人生。酷い人生。


私は、自分とAを切り離しているつもりは全くない。できるだけ、自分の一部であると考える。そうしなければ、前に進めないようだから。でも、圧倒的に感覚が追いつかない。自分とは違う人間だ。正反対だ。私はAじゃない。Aは私じゃない。
「別の人格であるということが大切だ。」
そんなふうに思っている。考え始めると、必ずこの感覚にぶち当たる。それから、自分とAや他の人たちとの感覚と、外側の現実世界で自分と他人の関係は、微妙に違うことに気づく。
ここから先を考えていくと、自分が崩壊しそうになって怖くなる。とんでもないことが起こる。一歩踏み入れるごとに、予感は明確な警告に変わって、生命より大切な私の何かが全て弾け飛んで死んでしまう恐怖にかられる。


さっきから頭の中は警笛が鳴り響いている。
私という船が沈むという。Aの悲しい一言が、船の横腹に大きな大きな穴を開けた。気づかぬふりをして航海を続けようとしても、船はかしいで沈みかけている。もうすぐ沈む。沈む。大変なことになる。警笛が続いている。

逃げられない私は、ただただ絶叫して泣き叫びたい。
過去を全部消すことができたなら、私だって沈まずにいられるかもしれない。だけど、過去は膨大過ぎて太刀打ちできない。どこから消していいのかも見当がつかない。どうして人生は掛け算なんだろう。あの人もあの出来事もあのときのあの気持ちも、あの瞬間もあの苦しみも、あの笑顔もあの涙も、全部消してまわらなくちゃ私は取り返しがつかない。

あなたは間違えていた。Aにそれしか言えない。見て欲しいなら、存在しなくちゃならない。過去の亡霊としてじゃなく、本物の人間として。だけど私にそれを言う資格があるのか。私だって、亡霊だったじゃないか。ちょっとだけ輪郭を固めただけで、底には大穴あけて、必死であらゆる人や物を詰め込んで、虚しい虚しいまだ足りないと貪っていたじゃないか。
難破した船には、私しかいない。なぜだ。


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

日々日記 | trackback(0) |


2011/03/10 (Thu) ねむりすぎ

不登校児みたいな気分になってきた。

毎朝、起きられない。
7時半頃に一度起きるんだけど、起き上がっても気分が悪くて吐き気がして、どうしようもなくて二度寝。そのまま夕方の4時まで寝てしまう。

明日こそ、明日こそと決心するのに、翌朝には必ず気分が悪くて、夕方4時起床。
自分へのがっかり感が、半端ない。またがっかりしそうで、寝るときから既に翌朝が憂鬱で仕方ない。

多分、前回の診察で追加された新しい薬のせいだ。飲みだしてから、夜ぐっすり眠れる。効きすぎて、翌朝も残っているのかもしれない。
200ミリを処方する場合もあるといわれた薬だけど、薬に過敏な私向けに25ミリにしてもらった。主治医が言うには、飲んでいるかどうか分からない量らしい。
でも、飲み始めてから過眠が酷くなったから、3日目からは自分で半分に割って飲んでいる。

医者に飲みますと言った手前、飲まないわけにはいかないから工夫して服用を続けている。そうしながら、あわよくば解離や幻聴の類を自力で抑えて「もうこの薬は要りません」と言おうと思っている。
命に危険が及ぶ場合以外は、薬は最低限にしていたい。症状を抑えられても、副作用との格闘にシフトするならあまり意味がないように思うから。なるべく薬は避けて、自律で安定を確保する方法を学びたいなと思っている。

私は、闘病するために生きてるんじゃなくて、生きるために闘病してる。闘病しつつ、やりたいこと、やらなきゃいけないことを、ちゃんと自分でやりたい。だから薬は最低限。
でも、夕方4時は良くない。本当に、駄目だ。外は薄暗くなりかけているし、公共施設は閉館時間間近、外は寒くなってきて、帰宅時間で世の中がそわそわしている。そんな時間から自分に発破かけてみても、どうしても駄目だ。敗北感が著しい。
すごい泥沼にはまりこんでいる。動けないから、色んな方面で手詰まりになってきた。唯一できていることは、バランス良い食事。

割り切って、この時期を過ごすべきなんだろうか。薬をやめてみるべきか。徹夜してみるべきか。自己嫌悪を突き抜けて、開き直って好きなだけ寝て、好きなだけ起きていろと開放感を演出してみるべきか。
どうやったら私がちゃんとしてくれるのか、私が途方に暮れている。
経験からすると、こんなふうに自分を躍起になって動かそうとしてもうまくいかない時は、碌な精神状態じゃない時なんだけど。
自分に自信が持てない。最低ラインの自信がない。まともに生きてますって気がしない。睡眠のコントロールは自信に直結するって主治医の言葉、あれは本当だなぁとしみじみ思う。
毎日、自分にがっかりする。どうしたらいいんだろうなぁ。へこみながら模索中。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

日々日記 | trackback(0) |


2011/03/03 (Thu) 尻尾なしトカゲの暮らし - 解離性同一性障害 -

診察日。
いつもはやらないのだけど、今回はメモ持参していった。伝えなきゃいけない症状がたくさんあって、混乱してきたから。

思い出せるだけ思い出して、数日間の絶不調のときのしんどい症状を挙げたら以下の8つになった。
・動悸(1年くらい続いてる慢性症状)
・眩暈(不調の前ぶれに出ることが多いような)
・幻覚(視覚は生きているけれど「見せられる」脈絡のないビジョンの連続)
・幻聴(一番しんどいのは「死んじゃえばいいのに」の幻聴に抗うこと)
・記憶の欠落(今回はおよそ丸1日)
・記憶にない買物(いつも金銭的に困る理由)
・指をカッターで削ぐ軽自傷(人前に出せない手になっている)
・全身痛(頚椎症とストレスのためか交代のためか不明)

ここに、去年から悩んでいる個人的な現状を一つと、最後に「カウンセリング再開」と大きく書いてもっていった。

カウンセリングは、もうかれこれ1年休んでいる。
カウンセリングの場で、あまりに交代が頻繁になるので生活の維持が困難になること、私の恐怖心、医者からのドクターストップがあって、休止中だ。再開できないか、相談してみようと思った。

今年どうしても挑戦したいことがある。そのためにカウンセリングを受ける気力が湧いてきた。1年間休止したなら十分な気がする。タイミングや方法にもよるけれど、自分にちゃんと向き合った分、少しずつだけど前進していくのを感じる。今も、何人かの信頼できる友達に相談したり、自分で調べたり勉強したり考えたりして、気づくことがたくさんある。カウンセラーの手を借りて、もう少し前に進んでみようかと2ヶ月考えて決めた。


医者はまず私の8つの症状を聞いて、薬を増やすことを提案してきた。
そうでなくても前々から主治医は私にどうしても飲ませたい薬があるのだ。解離や人格交代を抑える効果が望めるから、飲んで欲しいらしい。私は太るのがいやだ、薬は最低限にして頑張りたいという旨を貫いて譲らず、医者との押し問答が続いてきた。かれこれ、その薬を飲んで欲しいと5回はやりとりした記憶がある。

今回も、「太るのがいやです。薬は最低限にしたいです」と同じことを言う私。
医者は、幾つか他の薬を提案してきた。どれも副作用が気になる。
私は数日前は、あまりに症状で苦しんでいたから、いっそ鎮静剤でも打ってもらってしばらく朦朧としていたいと考えたり、「入院しなくちゃ一人では到底やれない」とまで考えていた。なのに、今日は割合落ち着いていたから、喉元過ぎればなんとかで、またも医者と押し問答になった。

結局、私が折れて、新しい薬が追加された。副作用で痩せる場合と太る場合とどちらでもない場合があるようで、これはもうロシアンルーレットだ。大人しく飲むしかない。これまで私と「薬は最低限で」を共有してきた主治医らしくない強引さだったので、よほど私が良くない状態なのかもしれない。


一人暮らしで闘病中の私にとって、一番の課題は「自分を保ち、生活を保つこと」だ。
生活という根底が揺らぐと全部が駄目になって、治療どころじゃなくなってしまうから。

主治医も何度も私に「あなたでいることが大事です」と言ってくださった。自分で言い聞かせるよりも他人に言われた方が説得力がある。あれはいつもちょっと不思議。


メモのおかげで、訊きたいことは全部訊けた。かなり混んでいたけれど、相変わらずちゃんと質問には答えてくれる。
トカゲの尻尾切りのたとえ話をされた。印象的だった。
自分の身に危険や恐怖や不安を感じると、トカゲは自分の体を半分敵に投げ出して逃げますよね。解離って、そういうものなんですよ、と。

私は、実家の庭でよく見かける、尻尾が生えかけのトカゲを思い出した。
いつも考えるのだ。尻尾は無尽蔵に生えるのだろうかとか、次の尻尾が生えるまで、このトカゲは敵に遭遇したら生き延びることができるのだろうかと。


解離で切り離すといっても、恐怖という敵に投げ与えていることに変わりない。
その度に私は尻尾を失って、もとの姿に戻るまで怯えて暮らしているのかもしれない。恐怖を宥めながら根治治療も進めていきたいとあらためて思った。

カウンセリング再開は、OKが出た。
私が積極的になったからかもしれない。私自身が勇気を持たなくては、どんな治療も進まないのだ。


薬を受け取って、追加された薬について説明を受けた。やっぱりロシアンルーレットだ。どうしても太りたくない。自己暗示で「これは痩せる薬だ」と飲んだら、私の体細胞が暗示にかかって実際痩せるほうに効くかもしれない。そんな益体もないことを半ば本気で考えた。


ぼんやりしながらスーパーで食べ物を買った。ぼんやりしてるせいで、1時間以上もいたみたいだ。くたくたになった。
でも、ゆっくりまわった分、買い逃しなし。体調不良が続いているから、しばらく買物しないで済むと思うとちょっと気が楽。

帰宅してベッドでダウンしつつ、本をガツガツ読んだ。最近、ベトナムやタイに行きたくて、食い気の張った私はベトナムに住んでた方のベトナム食事情本を読んでるときが凄く幸せだ。同時に、境界性パーソナリティ障害の本と洋酒の本を読んでいる。

調子が悪いときは、部屋でできることをできるだけやる。
そんな目標は前当たり前にもつようになれていたけど、去年から駄目になっていた。本が読めるようになっただけ、些細だけど進歩は進歩だと思う。まだまだ不調は続きそうだけど、一つずつ丁寧に自分を取り戻したい。何もかも、まずスタートラインまで取り戻して、そこからまた始めたいから。
切り離した尻尾がまた生えてくるまで、尻尾なしのトカゲなんだって自覚を持っていたい。そうじゃないと、思わぬところで転げ落ちてしまいそう。虚勢とか、そういうのは捨てて捨てて、自分の姿をちゃんと目で捉えていたい。見失うのは、苦しくて悲しい。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

治療日記 | trackback(0) |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。