--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/28 (Mon) ケーキカット - 解離性障害・共依存 -

こんなに更新頻度が落ちてて、どなたか読んでくれてるのか分からないけど、今日も書く。

解離が深いらしく、昨日から殆ど記憶がない。
現実と幻覚世界のちょうど中間くらいにいて、朦朧としている。一人暮らしなので、自己管理能力が落ちると、ちょっと困る。いや、かなり困るのかも。悲しみや孤独や不安が、ちっとも実感できない。これも解離なんだろう。

昨日友達と少し話したら、とっくに限界を超えていたんじゃないかと指摘された。
そうかもしれない。
何かおかしい、何かおかしいと思いながら、妙に張り詰めた気持ちだけで年を越した。それからも、何とか立て直そうとしたけど、何日経っても何ヶ月経っても同じ場所にいるもんだから、ついに緊張も切れてしまったのかもしれない。報われない頑張りをしてしまう癖、なかなか抜けない。


解離を起こすと、色んな感覚が交錯して異常な世界に行く。

今日は、大学時代の思い出がケーキになって出てきた。
三層重ねの割合しっかりした生地だ。真ん中が、うっすら赤い色をしていた。長方形のずっしりしたケーキを左手の小皿にのせて、ナイフで切って、当時の親友の舌先に3分の1をのせてやった。残り3分の2を私が食べた。淡白な味がした。

あの頃の私と彼女の関係を、実際に舌に乗せることができるなら、本当にあんな味がするのだろうか。
苦々しい彼女との思い出。甘い時代もあった、思い出。

彼女は私に甘えきっていて、依存していて、自分の思い通りにならないと私に色んな駄々をこねた。私の価値観をなぞるように、彼女は私の真似をした。まるで恋人のようだった。
私は日々疲弊して行きながらも、頼られること、必要とされる甘美さに酔ってもいた。自分に傷などないと信じて疑わなかった頃、私は彼女の傷を手当てすることばかり考えていた。私は、いつも自分を放ったらかして、他人のことにばかり必死だった。

あの頃切り離していた痛みは、今少しずつ引き受けなければならなくなった。
こんなにも私は傷ついていたのかと驚くばかりだ。
フラッシュバック、自己分析、学んだり話したり、切り離してきたものを自分から抽出して引き受けようとしている。それでも、きっとまだまだたくさんの取りこぼした過去が無数に散らばっている。私の足場は砂浜のように覚束ない。

どうしてあの頃のあの時間を、ナイフを握った私の手はあんなふうに割ったんだろう。
どうして彼女に3分の1。
どうして私が3分の2。

彼女は私の行為の意味も分からないといった顔で、ケーキを切り分ける私を眺めていただけだった。
私は、自分は男性なのだからと、強く自分に言い聞かせていた。私は男性で、彼女は女性。
私が決めなければならない。窮屈で誇らしく、息苦しくて甘い気持ちで、厳かにケーキを切った。




お互い、さようならも言わずに出あった場所からそれぞれ引越し、私は彼女の引越しトラックがいつ出て行ったのかも知らなかった。私も2日後に大阪へ引越しが決まっていた。

数年後に突然彼女から分厚い封筒の手紙がきた。
中身は、私が期待したものではなかった。まるで独り言のような手紙で、女特有の厭らしい言葉で文面は埋められていた。私は、悟った。彼女は女で、どうしようもなく女だ。彼女は私にただただ勝利宣言したかったのだ。


私は?



一日中幻の中にいたらしい。気づいたら外は真っ暗だった。
朝だと思っていたのに、夜になっていた。まだ2月なんだと知った。
自傷していないか確認して、メールをチェックした。
昨日は記憶が飛んでいる間に、ネットで買物していた。今日も恐れたのだけど、見る限り履歴はなかった。


冷蔵庫にすぐ食べられるものが何もなくて、宅配の弁当を頼んだ。
受話器に向かって注文する私の声は、すごくはきはきしている。別人みたい。私は少し離れたところから、自分の声を聞いてる。

受け取りに出たら、宅配の男性がぎょっとした顔をした。気にせず受け取って雑談を交わして部屋に入って、しばらくして気づいた。
靴下を片方しかはいてないし、髪はとんでもなくボサボサで、わけのわからない格好をしていた。
朦朧としていると、何ひとつうまくやれない。


病院に行って、注射でも点滴でもいいから、数日乗り切れるだけ私の意識を朦朧とさせて欲しいと思っていたのだけれど、皮肉なことに病院に行かずとも朦朧としていた今日一日。

これが休養であって、明日からは自分が少しずつはっきりしてきたら良いな。

心が、過去や想念や空想や夢の世界にふわふわ漂ってしまう。
思い切り泣きたい。でも、泣いたら駄目になってしまう気がする。
現実に繋留する感情って、なんだろう。
過去は、どうして過去なんだろう。
戻れないのに、今も心の中で再生され続けてる。



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

日々日記 | trackback(0) |


2011/02/26 (Sat) この夜の長さ

自分の舌を引っこ抜いた方がいいんじゃないのって、時々思う。
すごく間が空いた。また、携帯から書いている。

やっと分かったんだけど、四ヶ月前から無気力なうつ症状が出てた。
いろいろ突拍子もない症状が出るせいか、うつの可能性にはうっかりしてた。

身体症状に気を取られていたけど、最低限やれていた好きなことさえ、どうでも良くなっていた。

やりたいけどやれないってことと、何もやる気になれないってことは、結果は同じでも味わう敗北感の質が違うみたいだ。

願望や欲求がなくなったら、まるで私は存在しないような気になってくる。

幸いにも、うつと闘病してる友達がいるから、何度か相談した。
まだ、主治医には言ってない。無気力だと「環境を変えればやる気が出るんじゃ?」とか、よく陥るパターン「頑張りが足りないだけなんじゃ?」てぼんやり考えて、あまり重要視もしてなかった。余計に長引いた理由だと思う。
砂を噛むような苦々しい毎日を流されて過ごし、明日こそは明日こそはと誓い、ブログ記事の言葉の勢いだけで自分を鼓舞してみたり、ツイッターで呆然としたりしてた。

二三日前には、ネガティブな幻聴が酷くなった。
そうなると、うつ気味な倦怠感は重要ではないように思えて、また忘れてしまった。
ずっと「死んじゃえばいいのに」「死ねばいいんだよ」て声がして、自分の頭の中から発されてるだけあって、私は声に反論する意思とか思考が殆どなくなってしまう。
なんとか眠って、やり過ごした。

翌日には、時々急になる「黒色恐怖」に襲われた。これは本当に怖い。
わけの解らない症状は、私の場合、大概解離性障害から来てるらしい。


前回の記事で「新しいことを始めます」と書いたのは、ネットで中継番組をやろうと思ったから。対人恐怖の方とか、ブログを読んでくださってる方とか、外に出るのが怖い、障害がある方、そうでない方も楽しんでもらえる番組。
番組といっても大仰なものじゃなくて、友達と話す時とほぼ同じテンションで、ありのままの私ってやつで、ブログやツイッターとも違うことをやってみようとしてる。動画中継で、楽しく緩く。今、準備してる。無気力でも、私は人が好きらしい。よく分からないけど、好きなんだと思う。


うつの無気力は続いているけど、自覚を持ったことから随分、きっかけや経過を見直すことができた。
焦って空回りしたり、「休むということを頑張る」という、ありがちな失敗を繰り返してしてることに、やっと気づいた。

仕切直しばかりで前に進まない自分、これからはブログちゃんと書きたいって言った舌の根も乾かぬうちに、また一行も書けない自分。またそんな自分を目撃しなきゃいけないんだろうな。

でも、また懲りずに仕切り直し。
何回でも、仕切り直し。
「明日こそ」て気持ちじゃなくて、何か全然違う気持ちで眠りたいんだ。
だけど今、今夜も、私は不眠症ぎみで、ベッドの中から携帯でこれを書いてる。
「明日こそ」以外の、もっと寛いだ気負いのない気のもちようはないかと無意識に探してる。
まだ見つからない。見つからないことに焦るほど無知ではないけど、自分をうまく誘導できるほど長けてもない。
中途半端で歯痒い夜。
夜が、最近とても長い。


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

日々日記 | trackback(0) |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。