--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/08/27 (Wed) 8月3日講演会「雨に生きる」&お茶会オフの参加者募集中!

前回の記事で告知しました来月8月3日の講演会&お茶会オフの参加申し込み受付中です。

当日、飛び込み参加がOKになりました!
ご興味お持ちの方、お近くの方は、ぜひお気軽に会場へお越しください。

アンケートにご協力頂ける方は、下部に記載のメールでのお申込みよろしくお願いします


この記事は、8月3日までトップに掲載されます。最新記事は、一つ下の記事になります。

∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞

 講演会「雨に生きる」&お茶会オフ

   日時:8月3日(日) 開場13:15 開始13:30 閉会予定17:00
   場所:大久保地域センター3F 会議室
   アクセス: こちら    
   参加費:500円

∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞   

●○ 今回の講演と私についての記事が掲載されました。 ○●

今回の講演内容のご参考に、ぜひ読んでみてください。

 ダイヤモンドオンライン
 ◆教師のいじめ、病院のセクハラ、ブラック企業に就職 自殺未遂を繰り返した女性が表に出るまで - 池上正樹(ジャーナリスト)


みなさんとあったかく心繋がる会にしたいと思っています。
今回も、ブログやTwitterを通して知り合った当事者の方々のみで運営、開催します。
真夏の一日、一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
ぜひお気軽に、沢山の方のご参加お待ちしています。


 ↓クリックするとA4サイズ用PDFファイルに飛びます。印刷可能です
「雨に生きる」配布ちらし(当日OK版)サムネ

お申し込み方法

以下がお申し込みフォームです。

受信可能なアドレスから、以下の申込フォームをコピペ、回答した後、メールタイトル「参加希望」と書いて送信してください。
送信先アドレスは⇒ muqol.info3★gmail.com  です。

数日内に、参加登録完了のメールが届きます。
いつまでもメールが届かない場合は、Twitterか、こちらブログのコメント欄などからご連絡ください。

当日、飛び込み参加がOKになりました!
ご興味お持ちの方、お近くの方は、ぜひお気軽に会場へお越しください


========(申込フォームここから)========

以下の項目をご回答の上、メールアドレスmuqol.info3@gmail.com(★を@に変えて送信ください)へ、タイトル「参加希望」と書いて送信下さい。

 ・米印のついた項目は、必須です。

 ・その他のアンケートにつきましては、当日の講演内容の参考にさせて頂きます。
  講演などしておりますが、基本的に対人恐怖のため、アンケート結果は、いつも講演当日まで読み返し、気づきと勇気  の源とさせて頂いております。ご協力頂けましたら幸いです・・・!

 ・当アンケートで頂いた個人情報は、当イベントのみで使用し、運営団体MUQOLが責任をもって保護致します。


①(※全て必須項目です)
 ※お名前:
 ※電子メールアドレス(こちらからのメールが受信可能なアドレスをお願いします):
 ※ご住所:
 ※電話番号:


②※人見知り度(必須回答)

1.フレンドリー 2.ふつう 3.やや人見知り 4.結構人見知り 5.対人恐怖


以下は、任意でお答えください。文字数制限はありませんので、ご自由にどうぞ。
踏み込んだ内容も含まれますので必須項目ではありません。
心理的に負担にならず答えても良いと思われる項目だけ、ご協力いただけましたら幸いです。
当日の講演内容の参考にさせて頂きます。


③ご自分をACだと思う方へ。自分はACだなぁと思うのはどんな瞬間ですか。


④こんなテーマの講座・勉強会なら参加してみたいと思うものがあれば選んでください(複数回答可)

( )共依存からの回復
( )機能不全家族
( )アサーション(自尊と他尊)
( )うつと生活
( )境界性パーソナリティ障害
( )アダルトチルドレンからの回復
( )自己不全感(生きづらさ)と向き合う
( )欠損した自尊心を取り戻す
( )貧困
( )劣等感の扱い方


⑤『虐待の連鎖』『暴力の連鎖』について、感じること、お考えがあればお聞かせ下さい。


⑥自助グループ、当事者会、居場所、「○○支援」などへ参加したことのある方へ。もっとこうだったら良いのにと感じたことがあれば具体的に教えて下さい。


⑦あなたにとっての「回復」とは何ですか


⑨美鳥へのメッセージ、ブログの感想、聞いてみたいこと、話してみたいこと、ご質問、何でもご自由にどうぞ!


オマケ(当日、匿名でご紹介することがあるかも)
⑩あながた今まで経験した、痛恥体験を教えてください。(笑えるもの笑えないものどちらでもOK)

_________________________________________

ご回答、ありがとうございました~!
メール送信後、数日内に返信メールが届きます。
メール受信をもって、参加登録完了です。

夏本番の暑さになってきました。
当日は、くれぐれもお気をつけて会場までお越しください。
楽しい時間をご一緒に過ごせますこと楽しみにお待ちしています。


美鳥

========(申込フォームここまで)========



↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら 
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

スポンサーサイト

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(0) |


2014/07/27 (Sun) 講演会&お茶会オフのお知らせ

お久しぶりです。

いきなりの更新で、突然のお知らせになり恐縮ですが、久しぶりに東京で講演会&お茶会オフします!
開催日まで僅かですが、8月3日、ぜひ遊びに来てください。

詳しくは、こちら↓

∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞

講演会「雨に生きる」&お茶会オフ

日時:2014年8月3日(日)  開場13:15
 
前半:講演会「雨に生きる」 &プレ講座(予定)
    
後半:お茶会オフ

場所:大久保地域センター3F 会議室A

最寄駅: JR山手線 「新大久保」駅から 徒歩8分
      JR総武線 「大久保」駅から 徒歩13分
      東京メトロ副都心線「東新宿」駅から 徒歩6分
      都営大江戸線 「東新宿」駅から  徒歩7分
      都営バス「大久保通り」停留所から 徒歩3分

参加費:500円

対象: AC、うつ、被虐待サバイバー、自尊心回復に関心ある方、
     精神疾患当事者、引きこもり、生きづらさを抱えた方なら、どなたでも。

申込方法:メールにて受付け開始します。アドレスは近日告知。


∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞


当日まで日がないので、ブログやツイッターで告知のお手伝いをして下さる方がいらっしゃいましたら、大変に!大変にありがたいです!何卒よろしくお願い致します。
上記のイベント情報をご自由にコピペして使ってください。


これまで「両目を開いて生きる」と題して講演をしてきましたが、今回のタイトルは「雨に生まれる」(仮)としました。

私のこれまでの詳しい経歴、プロフィールはこちらです。(2年前までのプロフィールは、最新のものに更新予定です。)
上記内の記事「両目を開いてい生きる」は、私のずっと変わらないポリシーです。


皆さんの前に立ってお話する講演会ですが、私にとってお一人お一人とお会いする感覚と変わりません。
また、講演会・お茶会オフとも、対人恐怖や人見知りの方でも参加しやすい場にしたいと思っています。
講演内容充実のため、お申し込み時に任意のアンケートをご用意しています。
皆さんの感じてらっしゃること、お考えをぜひお聞かせくださいましたら、嬉しいです。


なお、お茶会オフのお茶菓子につきまして、過去ご参加頂き、期待されている方には申し訳ございませんが、
今回は たこ焼き羊羹を入手できませんでした(悲報)
よって、安心して美味しく食べられるお茶菓子しかございません。
ご了承ください。


お申し込み受付け開始は、次の記事になると思います。



↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら 
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/16 (Mon) 講演会「両目を開いて生きる」2012年7月16日開催

※この記事はトップページになります。最新記事は次記事からです。
2012年7月16日(月曜・祝日)、私の講演会を東京にて行います。
当日参加可能です。当日、会場に直接お越し下さい。


当講演は、前回の講演に引き続き、今回も主にブログを通じて知り合った当事者有志のお力をお借りして、すべての運営を行っています。病や不調を持ちながらの運営は、一人一人の意志と情熱がなければ出来ません。
滅多にない手作りの講演会です。ご来場、お待ちしています。


★今回の講演ちらしです。↓↓

kouen20120710.png


実際のサイズはA4です。
上の画像は縮小していますので、画像リンク先の元画像をご覧ください。文字が全て読めます。
ダウンロード、印刷もご自由にどうぞ。また知人友人に手渡したいと思われる方も、上記URLから、画面左上「ファイル」⇒「ダウンロード」をご選択ください。ちらしオリジナル画像をダウロードできます。(サイズは2481×3508 1.37MB JPG形式)
ちらし制作は、前回と同じ方にお願いしました。今回は、隅々まで見れば見るほど面白いちらしになっています。特に最下段の背景に見える縦線は、すべて文字!ぜひ元画像をご覧になって印刷してみてください。


それでは、講演会の概要のご案内です。
----------------------------
★講師 美鳥(当ブログ著者)

  ■ 女性・大阪在住
  ■ 主たる診断名 多重人格障害・うつ病
  ■ 精神科通院・カウンセリング治療歴10年以上・現在も闘病中
  ■ TBS報道特集NEXT「自分を傷つける女たち(境界性人格障害)」ドキュメンタリー出演(2008年11月)
  ■ 「「こころの専門家」ではなく、当事者にしかできないこと」をテーマに、2010年より講演活動開始。
    主に、自尊心の回復、機能不全家族、うつ、境界性パーソナリティ障害、共依存、解離性障害 等をメインに
    当事者ならではの独自の視点から発信中。

  詳しい私のプロフィールは、こちらの記事をご覧ください。
      ◇プロフィール(2012年4月改訂)

         当事者のご家族、近親者のご参加も大歓迎です。
         お一人お一人とお会いできることを楽しみにお待ちしています。

----------------------------
★講演タイトル

  両目を開いて生きる
 
 虐待・宗教洗脳・いじめ・共依存・自傷・自殺・失声症・裁判・多重人格障害・境界性パーソナリティ障害
  現在も闘病中の当事者が語る 自分を取り戻すまでの物語

----------------------------
★講演会概要
 
  1.日時  7月16日(祝) 13:30~16:30(開場13時)
  2.場所  きゅりあん(品川区立総合区民会館) 6F大会議室
         アクセス⇒JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線  大井町駅より徒歩1分
         ■きゅりあんへのアクセス地図
  3.定員  96名(申込み先着順)
  4.参加費 1500円(当日参加、可能です)
  5.お問合わせ先アドレス(会場へのお問い合わせはお控えください)
         muqol.proj2★gmail.com (主宰MUQOL) ※★を@に変えて送信ください
 
----------------------------
★申込み方法

当日参加の方は、当日会場へ直接お越し下さい。入り口受付にて簡単な参加手続きをお願いします。

・事前お申し込みは、こちら↓の申込みフォームからお願い致します。(複数人でご参加の場合も、お申込みフォームの記入はお一人ずつでお願いします)
講演「両目を開いて生きる」参加申し込み(別窓で開きます)(締め切り7月10日)ネットでの事前申込み受付は終了しました。

 ■ 携帯からも申し込み可能です。(ちらし掲載のQRコードからお越し下さい)
 
 ■ お申込みは、先着順となっております。定員になり次第、締め切らせて頂きます。

 ■ 一度目の自動返信メールでは、お申込みは完了しておりません。申込みフォーム冒頭の注意書きを最後までお読みの上、お手続きください。

 ■ お申込み時のアンケートは、今回の講演・今後の活動に活かすため行っております。ぜひご協力ください。

----------------------------
★講師 美鳥からのご挨拶

  私は、数々の精神病や症状を抱えて生きています。自傷や自殺未遂、解離、人格障害、パニック障害、昏倒、失声、難聴、共依存etc.。しかし、私を最も苦しめてきたのは、自己不信・人間不信の絶望を抱えて生きなければならない運命でした。私は運命との戦い方を知らず、自分は人間ではなくゴミなのだと思って生きていました。
 本講演では、私が、人間として再起し誇りを持って生きることとなった今日までをお話します。
 私は普段、精神障害者や生きづらさに悩む方々と多くお会いします。自分に嘘がつけない彼らの生き様に胸打たれます。悩み苦しみ成長する彼らから勇気を受け継いで、私は生きています。
 生きることは、往々にして苦しいことです。苦しいことをありのまま苦しめることは、才能です。この才能の持つ力を、世の中は知ろうとしません。自らの素晴ら しい才能を自覚する機会のない当事者が多くいます。この今の世の中で、心に不調を抱かない人の方が私には不自然にすら思えます。 
 人は互いを鏡のように映しあって生きています。他者に映る自分の姿が、自己像となります。幼い頃から歪んだ鏡の中で生きてきた私は、人間不信になりました。人間不信は根深い自己不信でもあります。殺しても足りないくらい憎い自分を好きになるにはどうしたらよいのだろう?試行錯誤と挫折と失望を繰り返した末、私は、磨かれた鏡のようにまっすぐ生きていこうと心に決めました。
 大量消費される啓発、生温い励まし等、私は綺麗事が嫌いです。生きることは、素晴らしくなくてもいい。苦しくてもいい。自らの美しいものも醜いものも両目を開いて見つめること、決して目を逸らさず目を閉じない勇気、そこから人生はもう一度始まります。
オープンで体当たりの体験談を、是非聞きにいらしてください。お待ちしています。

----------------------------

★講演会関連情報(以下で講演関連情報を配信しています。

 ■ 講演会「両目を開いて生きる」専用Twitterアカウント
@utatocotori83 ⇒ https://twitter.com/#!/utatocotori83
   講演関連情報の他、私の活動情報、私のブログの過去記事の中で特にディープな記事をランダムにご紹介しています。(過去の記事で印象深かった記事を当アカウント、または当ブログコメント欄にお寄せ頂ければ嬉しいです)
 ■ 美鳥Twitter (日常のつぶやき)
@mitorin ⇒ https://twitter.com/#!/mitorin

 ■ Ustream放送(放送日時は随時ブログにて告知)
MitorixTV ⇒ http://www.ustream.tv/user/Mitorix_TV

   雑談から闘病まで、いろんなお話を大阪の自宅からお届け。ロム専・チャット参加、大歓迎。
   ※現在、講演についてお話した6月16日の放送録画を限定公開しています。

----------------------------

★☆★協力してくださるブロガー・ツイッタラー募集です★☆★

 ■ ご自身でお持ちのブログなどで、この講演会の紹介をしても良いよと思われる方いらっしゃいましたら、muqol.proj2★gmail.com (★の部分を@に変えて送信ください)に、是非ブログアドレスを添えてご連絡下さい。(告知記事のスタイルは問いません) 折り返し、転載できるテキストとリンクアドレスをお送りします。トラックバックも大歓迎です。

 ■ ツイッターでの講演情報拡散ボランティアを募集しています。
   当講演会に関するツイートなどRTして頂ければ幸いです。
 
前回の講演で、沢山のブロガーさまにボランティアとして当講演会をご自身のブログでご紹介して頂きました。おかげさまで、ご来場頂いた方の9割がネットで知ってお越しくださった方々でした。当事者の有志の方々のネットワークの力を実感しました。楽しく温かい有意義な会が開けましたこと、あらためましてボランティアの方々へ深く深く感謝申し上げます。

※私のブログを殆ど読んだことがない方は、お控え下さい。一部、過激な表現や不愉快な表現を含んでいる可能性があります。

----------------------------
★こちらから、ちらしをダウンロードできます(ご友人などに手渡したい方など是非ご利用ください)

印刷用JPGファイルは、こちらからダウンロード(A4印刷対応・別窓で開きます)(サイズ 2481×3508 1.37MB JPG形式)
※上記URLから、画面左上「ファイル」⇒「ダウンロード」をご選択ください。

----------------------------

今回の講演は、2年前の表参道での講演が終わったその瞬間に決めていたものです。
◇今日から始まる 2010/05/08
前回の講演が終わった直後に書いた記事です。あの時いただいた勇気を胸に、今回の講演会を迎えます。

7月16日、東京講演でお会いしましょう。お待ちしています。


関連記事
 ◇カテゴリー<両目を開いて生きる>
↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(2) | comment(3) |


2012/07/13 (Fri) 7月16日東京講演の当日参加を受け付けます

講演会の日が近づいてきました。
当日参加席あります。
参加希望の方は、当日7月16日(祝)13時~、直接会場までお越しください。


講師を務めさせていただく私は、昨日全財産入り財布を失くし、喉に何かへんなできものできて、順調に逆境なう。
関東で無一文での講演です。
自分らしいっちゃ自分らしい状況です。生きてるの辛くて変な脳汁が出ます。がんばります。

以下、講演概要です。
----------------------------
★講演タイトル

  両目を開いて生きる
 
 虐待・宗教洗脳・いじめ・共依存・自傷・自殺・失声症・裁判・多重人格障害・境界性パーソナリティ障害
  現在も闘病中の当事者が語る 自分を取り戻すまでの物語

----------------------------
★講演会概要
 
  1.日時  7月16日(祝) 13:30~16:30(開場13時)
  2.場所  きゅりあん(品川区立総合区民会館) 6F大会議室
         アクセス⇒JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線  大井町駅より徒歩1分
         ■きゅりあんへのアクセス地図
  3.定員  96名(申込み先着順)
  4.参加費 1500円(当日参加可能です)
  5.お問合わせ先アドレス(会場へのお問い合わせはお控えください)
         muqol.proj2★gmail.com (主宰MUQOL) ※★を@に変えて送信ください

----------------------------
★講師 美鳥(当ブログ著者)

  ■ 女性・大阪在住
  ■ 主たる診断名 多重人格障害・うつ病
  ■ 精神科通院・カウンセリング治療歴10年以上・現在も闘病中
  ■ TBS報道特集NEXT「自分を傷つける女たち(境界性人格障害)」ドキュメンタリー出演(2008年11月)
  ■ 「「こころの専門家」ではなく、当事者にしかできないこと」をテーマに、2010年より講演活動開始。
    主に、自尊心の回復、機能不全家族、うつ、境界性パーソナリティ障害、共依存、解離性障害 等をメインに
    当事者ならではの独自の視点から発信中。

  詳しい私のプロフィールは、こちらの記事をご覧ください。
      ◇プロフィール(2012年4月改訂)

         
当事者のご家族、近親者のご参加も大歓迎です。
お一人お一人とお会いできることを楽しみにお待ちしています!



↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(1) | comment(1) |


2012/07/06 (Fri) 私の講演会に参加予定の皆さまへ

2012年7月16日(月曜・祝日)東京講演の参加お申込み受付中です。締め切りは7月10日。詳細・お申し込みは、こちらをどうぞ⇒◇講演会「両目を開いて生きる」2012年7月16日開催(お申込み先着順)




7月16の東京講演にお申込みいただいた方々へ。

皆さんからの率直で真摯なメッセージを、毎日拝見しています。
拝見していると、理由も分からないまま私は泣きます。
講演当日までの私の生活は、闘病と準備と生活の同時平行で、へこたれることが多いのですが、頂いたメッセージを読むと奮い立ちます。毎日何度も何度も読み返しています。これは当日まで、読み返し続けます。
ご自分の状況、悩み、迷い、闘病、人の中で生きること、死ねないこと、答えが出ないこと、苦しみ、戸惑い、怒り、孤独、悲しみ、葛藤。私への率直で温かいメッセージ。
無機質なPCの画面上、短いメッセージの中に、一つ一つの生を感じます。胸に迫ります。文字を目で追いながら、色んな思いや考えが巡ります。私も、書いてくださった方も生きていることを強く感じます。


ただ行儀の良いだけの講演が嫌い、スタイルの決まった講演が苦手です。
原稿は読まないし、演台にじっと立ってはいないし、指示棒使ってスクリーンで説明なんてしません。
生身一つで、ブログ以上にありのまま普段どおりの私で皆さんとお会いします。

私が発信し続けている理由の一つです。過去記事◇音世界の日記

講演会まで、あと約10日となりました。
人前に立つのは怖くて震えるけれど、それでもやっぱりどうしても楽しみです。




講演会の参加お申込みはこちら(締め切り7月10日)⇒講演会「両目を開いて生きる」2012年7月16日開催

↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇私のtwitterは→こちら 注:全裸で呟き
◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇私の配信しているUstream番組→ MitorixTV(配信予定は当ブログとTwitterでお知らせしています)

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/03 (Tue) ☆★☆ 皆さんへアンケート ☆★☆

2012年7月16日(月曜・祝日)東京講演の参加お申込み受付中です。締め切りまで約1週間。詳細・お申し込みは、こちらをどうぞ⇒◇講演会「両目を開いて生きる」2012年7月16日開催(お申込み先着順)




今回は、読んでくださってる皆さんにアンケートです。
「講演には参加できないけれど、申込み時のアンケートに答えてみたい」
というお声を、普段配信しているUstreamの生放送番組で頂きました。
この番組MitorixTVでは、当事者の方々と緩くつながり合える番組を目指しているのですが、
自分以外の当事者がどんなことをどんなふうに感じ考えているのか知る機会って、なかなかありません。

そんなわけで、以下からアンケート開始です。興味がある方はぜひ!この記事のコメント欄でご回答ください。
気が向いた質問1つでも、複数でも全部でも。お好きなものにお気軽にどうぞ。
実際に申し込み時に使われているアンケートの一部です。
質問には、答えやすいように番号を振ってます。


この記事に頂いたご質問・ご感想は、主にUstreamの生放送でお答えする予定です。(抵抗ある方は⑨の質問でNOを選んでください。)
番組はこちら。たまに過去の録画置いてます⇒MitorixTV
録画はVol.14が最新です。完全に素、視聴者の皆さんと雑談しつつ、日常や講演の話をしています。
お初の方も見逃した方も、どうぞ↓ 夜にまったり放送してます。
<Mitorix TV Vol.14 6月27日放送>


次回の放送は、明日4日21時~スタートです。今回のアンケートについては、次々回の番組で放送予定です。


========アンケート=============

① あなたに当てはまるものはどれですか?
精神疾患当事者・ 当事者の家族 ・ 医療・教育従事者 ・講演内容に興味を持って ・その他

② 現在治療中またはお悩みの疾患についてご記入ください

③ 治療過程で疑問に感じられていることをご自由にお書き下さい

④ 当事者の方で、お持ちの症状について周囲に理解されず困っていることがあれば教えてください。

⑤ 近親者の方へ 当事者との付き合い方でお悩みの点をお教えください

⑥ 講師から聞きたい話、講師へのご要望などございましたら、ご自由にお書き下さい。

⑦ 講師のUstream放送はご覧になったことがありますか?番組内で取り上げて欲しい話題、ご感想、ご要望などございましたら、ご自由にどうぞ。

⑧ 講師へメッセージなどございましたらご自由にどうぞ

⑨(当記事用質問 今回の回答・ご質問に対し、講師の生放送番組で取り上げることがありますが、よろしいですか? ⇒ YES・NO)

====================


講演会の参加お申込みはこちら(締め切り7月10日)⇒講演会「両目を開いて生きる」2012年7月16日開催

↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇私のtwitterは→こちら 注:全裸で呟き
◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇私の配信しているUstream番組→ MitorixTV(配信予定は当ブログとTwitterでお知らせしています)

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(9) |


2010/06/18 (Fri) 東京こぼれ日記 6

自律神経失調症が悪化してるのか、めちゃくちゃ体調悪い。血圧も凄い低い。
この間病院の待合室で測っていたら、たまたま隣にいたおばちゃんが私の数値を見て「うわ低っ!」と言った。
一緒にいた私の友達とおばちゃんと3人で、しばらく低血圧話で盛り上がった。
最近の血圧、下が50で上が88とかです。ごっさしんどいです。

そして色々考えるところあり、メールとコメント返信のペースを落としています。ひとつ成長するための過渡期にあることに気づき、自分を把握しなおしています。精神的に色々考えなおさなければならないことがあり、ペースを落とさざるを得ないようです。
そのため返信が遅々も遅々、ひたすらに遅々としていて、心苦しいです。変わらずコメント、ランキングクリックしてくださっている方々、本当にありがとうございます。

------------------------

5月3日

本番まで、あと2日しかない。
全然原稿が終わらない。
削っても削っても、削っている途中で何故かつけたしてしまい、一作業終えた頃には乾燥わかめのように増えている。

でも書いてみて良かった。原稿なしで喋っていたら、前半で時間終了になるところだった。何でもやってみるもんだな。
MTに言うと、今さら気づいて大丈夫なのかと本気で呆れている。
リハーサルとかしといたほうがいいで、という。
それは分かるけど時間ないし、お姉ちゃんはいきなりガッと行ったほうがええねん、度胸と勢いだけがとりえやからなと説明した。
聞いているMTの表情は芳しくない。度胸と勢いだけで大失敗して大恥かいてきた姉の歴史を知っているゆえだろう。

この顔をされると猛烈に不安になってくる。


---------------------------

5月3日

一度も使ったことがないソフトを使って、いきなりスライド作成を始めた。
「そんなすぐにできひんで」と言われていたにも関わらず、根拠なく割合すぐできると思っていた私。
はじめてみたら、ほんまにすぐできひんので脂汗が噴出。

アバウトという性格も災いして、レイアウトがガッタガタになっている。

一切手を貸さないつもりだったらしいMTは、ラインがまっすぐじゃないと気がすまないプログラミングオタクなので、ガッタガタの行を見かねて、ついに手を貸してくれた。
何とか行が整った。しかし、これをどうやって使おうか。
簡単な来歴を書いたスライドだが、全部で10枚近くある。
それならと思いつきで開場から開演までの待ち時間に自動で流すことにした。そうしたら流す方法が分からず、また一苦労した。これはMTの力をかりず自力であっという間にできた。その頃MTは、またも寝袋で熟睡。

ひとりで、カタカタと原稿最終チェックを続ける。
ベランダの外の室外機に毎日昼寝にやってくる猫と目があった。私のデスクから丁度見える位置が彼(多分オス猫)の定位置なのだ。
時々猫に話しかけながら作業を進めるも、猫は美味いものを欲しいだけのようで、あまり私の話に興味はないようだ。


---------------------------

5月4日

軽くパニック。
しかし、妙な自信だけある。
MTが、リハーサルをしたほうがいいと言うのだが、誰もいない場所へ向かって延々2時間喋ったところで何になろう。

壁に貼った「伝えたいことを伝える。スタイルにこだわらない」を律儀に守ることにした。
というか、リハーサルする時間なんてなくなった。

あちこちのスタッフと連絡とりまくり。
弟MTは、一応来てくれることになっているが、PCで録画の設定だけしたら当日はすぐ帰るらしい。夜勤があるから、昼間は彼にとって夜中なのである。仕方ない。

会場をおさえた日から、ひたすらに当日の天気を気にしていたのだが、見事晴れらしい。素晴らしい!

私もそうだが、精神疾患を抱えた人や病気の人は、天候に著しくコンディションを左右される。足元も悪くなる。
ただでさえ外に出るのが一大イベントな人にとって、雨の日の外出は大変だ。まして、他県から飛行機で来てくださる方までいらっしゃるので、このときばかりには天候を祈りに祈っていた。

てるてる坊主を作ろうと真剣に考えたのは、人生初めてだ。

夜に原稿は書きあがった。
一項目につき「2分30秒」?「5分」と大体の時間まで細かく書き込み、2時間を前半と後半の2パートに分けた。

あとはちゃんと食べて、ちゃんと眠り、腹を括って明日の講演会に臨むだけ。

作業の途中でふと弟を振り返り、
「今までブログでもありのまま書いてきたけど、うちの両親やうちの家族に起こった出来事を、そのまま講演会で話してもいいと思う? どう思う?」と訊いた。

弟の答えは、シンプルだった。
「正しいことを言っていると自分が信じているなら、何を話してもいいやん」

「家族のこと」には、勿論彼MTのことも含んでいる。
会場で、彼も姉である私が語るうちの家族について、良いことだけではなく、失望したこと、悲しかったこと辛かったことを聞くのだ。他人ではない人間が、私の話を会場で聞くのはどんな思いがするのだろうか。

しかし、彼は腹を括って生きている。
いつうちの家族が家族を殺したり、自殺したりしても驚かない覚悟をして毎日を過ごしているという。
予期せぬ電話がかかってきたときには、誰かが死んだかもと思うのだそうだ。そして、スーツを持ってすぐ戻らなきゃいけないんだろうとシュミレーションまでしているという。

でも、それは決してオーバーでも何でもなく、やはり私と同じ家庭を経験した彼だからこそわかる現実的危機感なのだ。

私は、自分の経験を誰かに伝えようとしている。
私は私でしかいられず、私は私のことしか真実は分からず、そして私はこう生きると決めたのだ。
だから、ブログと同じ自分でいようと決めてきた。
明日の講演会でも、私は何ひとつ怖気ず変わらない私で話そう。


---------------------------



<次回につづきます>



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(4) |


2010/06/10 (Thu) 東京こぼれ日記 5

淡々と続く東京こぼれ日記が、勝手にシリーズ化。「独特の黄昏空気感」と友人に称された。この文体はこの文体で書いてて楽しい。何でも私は書くのが好きだ。読んでくれる方も楽しんでてくださるといいのだけれど。
でも、更新日があきすぎてみんなもう忘れてると思うんだな。五月頭のことを六月中旬に書くなんて旬を過ぎすぎているだろ。
いつまでも講演会講演会うざいねんとかツッコまれてるんだろうな。
でも構わず今回も淡々といきますよ東京こぼれ日記。

--------------------------

5月2日

アンケート集計担当のスタッフさんと、最終打ち合わせ。

申込者数に驚いた。
なぜなら、色々あって、とにかく受付開始日まで筆舌に尽くせぬ色々があって、開催すら一度破綻した講演会だから。なのに、こんなに申し込んでくださる方がいらっしゃる。


何だみんな何で申し込むんだ!と薄気味悪くすらなる。
根が暢気な性格の私も、さすがにあと数日で本番と思うと思考が急激にナーバスになってきた。
これ全部サクラだったらどうしよう。

担当してくれたスタッフさんは、アスペルガー症候群。
このこぼれ日記でスタッフ紹介を一度もしたことがないけれど、それぞれ全部持っている障害や背景や年齢、性別が見事に違う。面白いくらいに個性豊かだ。
アスペルガー症候群について詳しく調べるようになったのは、このスタッフさんとブログで知り合ってからだ。精神疾患と脳の機能障害は、性質が全く違う。でも、感覚の違いや社会から弾かれたマイノリティな経験を持っていること、それでも人と関わろうとしている点は、私と彼女は同じだ。

集計日と報告日をきっちり決めたほうがアルペルガーはやりやすいのだということで、事前にスケジュールを決めてあったが、予定通りにきっちり最後まで素晴らしい仕事をしてくれた。

こういう作業は初体験だという。
ちらしを作ってくれた友も、名簿を作ってくれた友も、他の誰も皆、それぞれの作業に初体験である。
新しい何かに挑戦することは面倒だ。なのに申し出てくれた皆の心意気に深く頭を垂れる。


ひとりひとりが当日までに自分の仕事を終えていく。
ケツもちは私である。講師をやる私がコケたら皆の努力が泡になる。
スタッフの皆にも講演内容は一切話していない。
誰にも話したことがない。断片は友達としょっちゅう話しているけれど。
ちょっと孤独だ。怖い。でも楽しみ。


ふと思う。
もしかして障害者って、すごいんじゃないか。
多数決から弾き出されて、もしくは馴染めずに、隅っこで小さくなって生きてきた経験を持っている。そこでなきゃ経験できない辛酸を舐めている。
それでも今日まで生きてきて、人と関わり続けることを諦めないで生きている。そんな皆は優しい。黙って優しい。無駄口なく、行動が優しい。


頼もしきは苦難を味わって這い上がってきた人間の経験と勇気だ。
穏便に生きてきた友達は周囲に何人もいる。私が困ったとき、彼ら彼女らから実際使えるアドバイスを貰ったことはあいにく殆どない。そして、動いてくれる人も滅多にいない。行動が人を助けることを知っている人間は、案外少ないのだ。


その彼女に、集計お疲れさまと言ったら、作業していて思ったことがあると言う。
なに?と訊いたら、しみじみとした声で
「みんな、あったかいねぇ」
と、言った。

私は、一瞬何のことか分からなかった。
彼女は、あれだけの項目をちゃんと書いてくれて、メッセージ欄にまで書いてくれる人がいっぱいいる、これはすごく温かい人たちだという。

「そうだねぇ」
私は返した。
アスペルガー症候群は、他人の情緒を読み取るのが困難な障害だと言われている。
でも、作業で必死になっている私は、この向こう側に人がいるのだということを忘れかけていた。アンケートの隅々にまで参加者のひとりひとりの感情がある。
これを書いてくださったひとりひとりが現実にいるのだ。

参加者もあったかいし、スタッフの彼女もあったかいと。私は、心の中で感謝した。

-------------------------

5月3日

弟MT宅のクーラーは、相変わらず壊れている。MTは壊れていない、ちゃんと動くときは動くんだ例えば外気温が低いときとか、と言うのだが、そんな気まぐれに動くクーラーは間違いなく壊れているのだ。

そのうちに「このクーラーはツンデレやねん」と言い始めた。
期待しないときに冷気を出したりするのだという。

しかし、今日は冷気が出ると言ってつけたのに、生ぬるい風が出てくるばかりだ。
「もうこれ壊れてるって。もうあかんて。このまま修理せんかったらアンタ真夏は部屋で死んでまうで」
真夏にクーラーが壊れた経験がある姉として、精一杯進言した。

「あーもうアカンのかなー」
さすがにMTが壊れている事実を認めかけた。

瞬間、ベランダの室外機がゴウンと音を立て、クーラーから冷気が出てきた。

「出てきた!なんや<見捨てられ不安>か。ボーダーか」
MTは、クーラーに向かってボーダーの姉を持つ弟らしいツッコミを入れた。

「見捨てられそうになったら態度急変するからな」
と、私は解説を入れておいた。

ネタにすると可笑しくて、二人で笑った。


-------------------------------

<次回につづきます>



応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(0) |


2010/06/06 (Sun) 東京こぼれ日記 4

解離性障害が悪化に悪化して、生きた心地のしなかったここ数日。
何とか精神の平衡感覚を取り戻しつつあるので、東京こぼれ話の続きを。
左手指の3本が麻痺したままなのでタイプミスが多い。でも書く。書きたい。書きたいって気持ちは大事だ。
コメント返信もメール返信も、まったくできなくて申し訳ありません。なぜかできません。なぜ?が最近分からないことが多い。なぜだろう。

----------------------------------

5月2日

スケジュール帳に予定を書き込む余裕すらなくなった時期なので、正確な記録がない。
よって、なんでもかんでも大体5月2日の記録にしておくことにする。

私は、宮崎駿が好きかと問われれば、即答して「嫌い」である。以前、ブログでも彼のアニメ作品のどこが個人的に受け付けられないのか書いたことがある。ジブリ嫌いな人に会ったことがない中で、われながら命知らずだけど好きじゃないものは好きじゃないのである。

しかし、殆どの作品を見ている。これは凄いことだ。というのも、私はストーリーを理解せねばならない映画や映像を見るのが苦手で、集中力がもたない。だから、滅多に映画を見ない。なのに宮崎駿氏のアニメは何だかんだ言っても見ている。これは凄い。

弟MTは、優れたアート作品なんかが大好きだ。音楽とか映画とか、やたら情報収集している。優れたものをすすめてくれる。大概私の好みど真ん中の作品であるが、その彼が「千と千尋の神隠しを見るべき」と言い始めて久しい。

私は、「千と千尋の神隠し」を見るべく過去5回挑戦したが、5回とも同じシーンで挫折した。ハクが登場すると、もうその先が見れなくなるのだ。なぜかは分からない。感覚的に無理なのだ。感覚人間なので、ついていけないともうだめなのだ。

しかし、講演に先駆けて絶対に見ておくべきだとMTは言う。何度か見たが「ほぼ完璧なつくり」とMTは評した。テーマについて話していると、なるほど見たほうがいい気がして、ついにこの日重い腰をあげ見ることにした。
みとり、千と千尋へ6度目の挑戦。


やはりハク登場シーンで、心に激しく抵抗が起こる。「あーハクでてきた!きた!ハクや!」などと無駄口を叩いて何とか乗り切った。

結果、ちゃんと見てよかった。あるシーンで、私は予想外にボロボロ泣いてしまいさえした。物語構成も設定もテーマも殆どパーフェクトであった。しかし、やはりハクは個人的にいらなかった。ハクそのもののキャラクターには抵抗はないが、千と千尋に出してしまったら、ここまで昇華させたテーマに対してかえって蛇足に見えて仕方ない。

講演会で話したいことが、また一つ増えた。
デスクに向かって原稿を広げ、うーん・・・・と唸る。千尋がおにぎりを食べるシーンに、あの作品の何もかもが凝縮されて光っているように思えた。しかし、講演時間が足りない。
削りたくない話まで削ったのに、どうしても付け足したい話ができてしまった。
うーん・・・・と唸る。唸っている時間も、時計は進む。


---------------------------

また多分5月2日

当日の作業について、スタッフさんと打ち合わせ。全員、何とお互いに面識がないという状態。いきなり当日会場で会って、いきなり共同作業で手伝ってくださる皆様。遠くは北海道から。そして皆さん貴重なGWなのに。有難いったらない。

私は、手伝ってくれるスタッフさんたちに交通費すら出せない。お礼ができない。
唯一私がお礼として贈ることができるものがあるとしたら、それは「経験」だ。
講演会に関わって良かった、自分にできることで参加して講演会を無事終えた、そんな達成感や経験をしっかり感じてもらうこと、それだけが私が渡せる対価だ。

そのためには、肝心の講演がしくじったら全部パァになる。協力してくれている皆の努力が水泡に帰してしまう。私がちゃんとしてなければならない。


夜中に、友達のスタッフからメールが来た。
彼女は、現在DVを受けている。外出制限や、金銭の制限、精神的圧政の下にある。精神的にも辛い中、受付の名簿作成や管理を担当してくれていた。
その彼女が、当日講演会にいけないかもしれないと書いて寄越した。行きたくてもお金も持たされていないし、外出も禁止されているとのことだった。


私は、怒りと悲しみのあまりブルブル震えた。それから声をあげて泣いた。
DVなんて、醜悪な依存。甚振って弱らせて自尊心をふみにじって、くたくたになったところでパートナーを食い尽くす下衆のやることだ。

何かに挑戦する勇気ある人間は、挑戦に値する成果を受け取るべきだ。受け取る権利がある。たとえ失敗でも成功でも、経験こそが人間の宝だ。これを受け取る権利を奪ってよい理由など誰にもない。
仕上がった名簿に価値があるのではない。その名簿がどんなふうに当日役に立って、どんな講演会になったのかを、彼女自身の目で最後まで見届けなければ意味がない。

スタッフは全員、面白い顔ぶれだ。全員がお互い初対面となる。障害も背景も年齢も性別も全部バラバラ。なのに、バラバラだからこそ上手く全部が噛みあって講演会準備を今日までまわして来てくれた。その志ある温かくも面白い仲間達も紹介したかった。

なのに私の大切な友達は、今その機会を奪われようとしている。奪われ続けて、また奪われる。
悔しい。悔し涙と怒りが止まらない。


泣きながら原稿を書く。こんなに悔しくて泣くのは久しぶりだ。
参加申込みのアンケートを再度手に、何回も何回も読む。
あらゆる困難な中、当日足を運ぼうとしてくださる方がこんなにいる。
私に出来ることは何だ。
何が出来る。


----------------------------

<次回へつづく>


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(0) |


2010/06/02 (Wed) 東京こぼれ日記 3

自分で企画して、自分でやっちゃう講演会。誰に話しても「どうやってやったの?」と訊かれるけど、企画して申請書出して会場借りたら誰でもできます。でも、家計が火の車になりますよ。そんな話もありつつ、今回も東京でのこぼれ話。

-----------------------------

5月某日

前回宿泊したとき、エアコンの調子が悪いことは知っていた。管理会社に言ったらと私は当然の進言をしたのだが、なぜかMTは「そうやな」と言って連絡しようとしない。かわりに、布団乾燥機を出してきた。これが意外にイケるんだってと言いながらスイッチオン。実際、冬場は布団乾燥機を暖房機がわりに乗り切れた。

しかしながら今回は初夏。ワンルームの初夏は、通気が悪いので灼熱地獄になる。
それもちょうど夜中がピークに暑くなる。MTが仕事でいない時間、部屋で寝る私は灼熱地獄。

原稿を書かねばとカリカリ机に向かっていても、ダラダラと汗が流れてくる。クラクラして目の前が黄色くなる。

この惨状をMTも味わえばいいのだ。そうすれば、いくら生活の質に無頓着な変人なあいつでもすぐに管理会社に電話してクーラーをつけかえてもらうだろう。居候である手前、部屋主の意向に従うがルールである。

MTが休日の日。
今日こそ暑苦しい夜になるかと思いきや、涼しい夜だ。どういうことだ。MTのクジ運が異常にいいとしか思えない。クーラーを修理する提案をしたが、またも「そうやな」「まだいけるんちゃう」で聞き流された。かわりにおしゃれくさいサーキュレーターをまわしてくれた。どこで買ったのか訊いたら絶対高かったであろう店だったので値段は聞かなかった。無料で修理してもらえるクーラーは修理しないのに高いサーキュレーターは買う。あらためて微妙にこいつ変人だなと思う。

-----------------------------
5月1日頃

講演会後の交流会に出すお菓子の買出し等してくださるスタッフさんから電話。
駄菓子をザーッと広げるのもありだけど、私は不潔恐怖の弟を持ってるので強迫性障害の人の苦労も知っている。なので個包装が良いだろう。男性も来てくださるので男性も食べられるものを入れよう。どうせだから美味しいものにしよう。結果、ひとり頭の計算をすると、びっくりする値段になった。

相談して考えた末に、これは生き金だから、まあいっかーとなった。私は、ある経験をして以降、自分が今いくら持っているかよりも、生き金か死に金かの判断だけでここぞという時は躊躇せず使うことにしている。今回の交流会は、まさに「ここぞ」である。スタッフさんは、普段から美味しいものおしゃれなものにアンテナが立っている人なのでドーンとお任せした。私は、既に大阪土産で名前を聞くだけで食う気になれないものを注文しておいた。美味いものを共有するのも良いが、不味いものを共有するのもまた楽し。美味しいものはスタッフさんが選んでくだされば良い。

電話を切ってから、うーむこれは問題だと考える。

基本的にどんぶり勘定だが、死に金と生き金の区別はシビアに行っている。ド素人で何の経験もない無名の私の講演会で利益を出すつもり等毛頭なかったが、頂戴する参加費を引いても火の車どころか燃え尽きる感がある。会場費からして既に赤字なのである。
それでもあまり気にならない自分の大胆さは、恐らく月4千円で生きてた頃のド貧乏時代経験のおかげである。


開催日を数日後に控えた今日、はじめて今回の講演開催の支出をザックリ計算した。一ヶ月の家賃+生活費を越えていた。もちろん、全額自腹である。そしてスタッフさんたちの交通費や手間賃など勿論一銭も払えない。遠くは北海道から泊まりで手伝いに来てくれるのに、やはり一銭も出せない大赤字。

今回はこれで済むが、次回しようと思ったらやる気があっても、今回でカラになった貯金額が開催費用分まで達しないと開けない。これは重大な問題だ。
私個人の生活クオリティはどうでも良いが、数年後には、もっとデカい本当の意味での全員参加ができて、かつ社会貢献度が高く、社会認知を高める企画をあたため続けている。当然かなりの費用がかかる。今回の10倍はかかりそうだ。今これじゃお話にならない。

活動するには、お金が要る。シビアな現実だ。ちらし一枚刷るにも、自宅でやってもインク代がかかる。そして精神疾患者は大概普段から生活費にも困っている。私も然り。ここをどうクリアするかは、根性論では購えない。誰かの善意に頼むにも限度を弁える必要がある。
運営の勉強せねばならない。勉強すれば、必ず道は見つかる。知識と知恵が要る。講演会が始まる前に、次の大きな課題が既にできた。

----------------------------------

5月2日

精神状態が若干へこんできた。下降線。
講演会をやるのは私なのに、講師である私が一番テンション低かったら当日どうなるのだろうか。
いまさらだが、自分も闘病中の当事者であることをあらためて実感する。講演の準備をしつつ、自分の体調も管理して、精神状態も管理しながら、薬も飲んでいる。その私が、皆さんを前に何を話すのか。普通に考えれば、へんてこといえばへんてこな状況だ。

ここまでの日記に弟MTしか出てこないのは、実際講演会当日まで対面で喋ったのはMTしかいなかったからだ。完全に家に引きこもって原稿を書いたりしていた。あるいは寝ていた。私の病状は、数分で一気に変調を来たすのが特徴なので油断ならない。

強いて対面で話した人間というとスーパーのレジの人だ。小太りのちょこまか動く若い男性であった。
「あ、ヨーグルトのスプーン二つ付けてください」と言ったら、「かしこまりましたぁ!2本でよろしかったでしょうかぁ!申し訳ありませんでしたぁ!こちらにお入れしておきますねぇ!」と体の前で両手をきっちり揃えて大声で返された。完璧なスマイル付きだった。

彼なりの精一杯のサービスなのだろうか。スマイル0円なのだろうか。
何か履き違えてる感がないでもないけど、観察したいのでまた来ます。


--------------------------


<次回へ続きます>

応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

講演会「両目を開いて生きる」 | trackback(0) | comment(8) |


| TOP | next >>

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。