--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/07 (Tue) フリードリンク と わたし - 駄文 -

また今日も、ジムへ行ってきました。
最近、すごいジム率。
4日間で3回ジム。3回行ったポッキリで、すごく自分がストイックな人間に思える!


でも連日でさすがに疲れてきた今日。
大阪の空模様は、晴れたいのか曇りたいのかはっきりせず、そのうちボタボタ大粒の夕立まで降ってきて「今日は休んでええんちゃうかな」という心の声が聞こえてきたそんな自分を振り切って、奥の手を使ってジムへ行ってきました。

「本当はジムに行くのが目標だけど、私は今からジムじゃなくてカラオケに行くのよ。でも、ジムのバッグ持ってカラオケ行ったんだったら、別に家に帰ってこなくても、そのままジムに行くことだって悪いことじゃないのよ?」
と、自分を欺く状況を設定。

自分を欺くために立てられた計画にのっとって、まんまとジムのバッグを持ってカラオケに繰り出した、わたし。

ところで前回の記事◇バネでも書いたように、ジムへ持っていくお茶は毎度ペットボトルに自分で詰めて持っていく。その一手間が、とてもだるい。挙句に、腐れかけてたりすると脱力です。運動時の水分補給は、唯一の楽しみといっても良いのに美味しくないなんて、ダメだ。

家を出際に、思いついた。
ジムに行く前にカラオケに行くのだから、空のペットボトルを持って行けば良いのだ。そして、カラオケのフリードリンクの烏龍茶を詰めてやろう!
そうすれば、お茶を作る手間も省けて、フリードリンクを更に満喫した気分にもなれ、セコい悪戯にワクワクした童心にも返ることができる!

思い立ったが吉日。
即座に空のペットボトルをかばんに入れて出発。こういう時のフットワークは、異様に軽いです。

カラオケボックスに到着。
いつもの半分の時間、1時間半設定にしてトレイに飲み物を調達。
この時点で、もはや目的はカラオケではなく「ジムに行くための飲み物をくすねる」こと。でもちゃんと1時間半分の飲み物も確保。部屋に入る前に飲み物は全部そろえて、こもってみっちり歌を満喫するための習慣なのです。


こちらが↓↓ 空のペットボトルと、詰める用にもらってきた烏龍茶×グラス2杯。
かなり大きなグラスなので、1杯で十分そうだけど残ったら飲めばいいので2杯。
20100907_1.jpg
(オシャレに撮ろう等という気がさらさらない写真ですみません)

この段階で、既に2曲いれて歌っているスピーディーさ。
歌いながら写メを撮るという無駄のない動き。

大好きなLady gagaを2曲歌ってちょっと気が済み、テンションもあがったところで、いざ、ペットボトルに流し込み作業開始。

不器用ではないのだけれど、大雑把な性格が災いして、何事も失敗なしでは成功できない性質。グラスを伝ってこぼれないように気をつけていたら、肝心のペットボトルからビチャビチャ流れ出していました。まるで私の人生のようです。テーブルもトレイも、びっちゃびちゃ。


かなりの時間をかけて、完了。↓↓
20100907_2.jpg

予想に反して2杯分入りました。普段、かなり大きなグラスに見えていたのは気のせいらしい。
慎重にやった分、思ったよりテーブルやトレイの被害は小さいです。フリードリンクの無料ドリンクをくすねるというセコくて品のカケラもない計画に反し、割合上品にできました。

すごく満足。とても満足・・・!
やり遂げた感がある!
やったぞ、わたし!


残り時間、歌いに歌って、カラオケを後にしました。
室料1時間半フリードリンク付(ジム用烏龍茶付)で、280円也。

意気揚々と、そのままジムへ。
自分のお茶を自力で確保した達成感が、私をスムーズにジムへ向かわせたのです。
お茶が、うれしい。まるで遠足で自分だけポカリを入れてるときみたいにワクワクする。ジムで、のどが渇いて飲む度に、烏龍茶は格別の味。日常の中の、小さな幸せです。


自宅でヤカンから注ぐ方が遥かに楽でした。
自宅なら、どこをビッチャビチャにしても気を遣わずに済みます。
でも、今日はやってみたかった。やりたかったのです。

次回のジム行きは、どう自分を欺くのか。
自分が見破ってしまって、うまく怠けたりできないようなネタを、また新たに考え中です。


関連記事
◇カテゴリー「大阪駄文」


応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

※現在、返信できない状態ですので、コメント欄を一時閉じています。

スポンサーサイト

大阪駄文 | trackback(0) |


2010/04/17 (Sat) 続 わたなべさんちのガレージ ? 大阪駄文 ?

このブログにおいて、かつてここまで人気を博した記事があっただろうか。
今日は、皆様(あくまで一部の物好きなみなさまだが)気にかけてくださっている◇わたなべさんちのガレージ ?駄文? のその後についてご報告したい。

去年の7月にアップしたにも関わらず、そしてどうでも良い記事だったにも関わらず、「わたなべさんちのガレージ気になってます!」「わたなべさんちはガレージになってましたか?」「わたなべさんちの続編を期待しています!」と、講演会申し込みフォームからもファンレターを頂く始末。
みなさん物好きですね。

わたなべさんちも、こんなにネット上で関心の的になっているとは思いもしないだろう。


経緯をご存じない方(で暇な方)は、是非こちらから前回の記事をご覧下さい。(暇なときに)

◇わたなべさんちのガレージ ? 駄文 ?

半年前は、こんなふうになってました。わたなべさんち。

20090708watanabe.jpg


めっさ工事中。


そして、あれから約半年後の4月初旬、私みとりが、みなさまのかわりに、この足と目でしかと事後調査をしてきた。
みなさまの関心は、わたなべさんちは本当にガレージを作っていたのか?に尽きるであろう。

よって、今回は多くを語る必要はない。
証拠画像だけで良い。
結果のみが全てだ。

おまいら目よく見開いて、よく見ろよ。ちゃんと最後まで見るんだぞ。


これが大阪クオリティだァァァ!!!


1枚目(左手手前が旧”わたなべさんち”)
2010041701watanabe.jpg





2枚目(近距離から確認。確かにガレージができている)
2010041702watanabe.jpg





3枚目(看板で最終確認へ)
2010041702sledwatanabe.jpg





4枚目(ガレージ入り口の看板)
2010041703watanabe.jpg




わたなべちゃうやん!



わたせさんやん!!wwwww





次回の駄文シリーズは、「モンゴルのおっちゃん」をお届けします。モンゴル人じゃなくて大阪人です。
こんな大阪を愛する私の講演会が5月にあります。ちゃっかり宣伝。
講演後の交流会(ざっくばらんなお茶会1時間)には、大阪クオリティなお土産も持っていきますよ。
皆さん来てね!

◇大阪駄文カテゴリー 過去記事全部読めます


◆5月5日開催 美鳥の講演会「両目を開いて生きる」申し込み受付中です◆ 締め切り1週間となりました。お席に限りがございますので早めのお申し込みをおすすめします。講演会についてのお問い合わせは、コメント欄にでもお気軽にどうぞ。

○講演会最新情報

今回の講演会についての最新情報、講演内容、参加者へのメッセージ、お知らせは、以下のリンクからご覧下さい。開催当日5月5日まで記事が追加されます。
<カテゴリー 講演「両目を開いて生きる」>





応援クリック↓よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | trackback(0) | comment(15) |


2009/09/04 (Fri) 近くて最も遠い町

明日、仲良しのブロ友が遊びに来る。
関東住まいなので、前回は私が東京に行ったとき以来だ。なかなか会えないのだが、結構電話やメールで話してきたので、あまり久しぶりという感じはしない。

友達はそうでもないらしく、「色々あったからなぁ・・」としみじみ電話口で言った。
確かに私も彼も、去年の夏から色んなことがあった。色んなことを越えられた気がする。

せっかくなので大阪のうちに来る予定でいたのだが、私が全く部屋を片付けられない状態に陥ってしまった。それでも何とか片付けようと毎日手帳に「部屋の片付け」と記してきたが、まるで実行できないので数日前に「うち、無理」と、あっさり諦めた。
せっかく遊ぼうというのに、この調子では恐らく部屋の片付けで全てのエネルギーを消耗して、肝心な時にぶっ倒れるのがオチだなぁと薄っすら思ったのだ。


そんなわけで、予定を建て直し、大阪プランを相談して練った。
「どっか大阪で行きたいとこない?」
と訊いて、お互いに考えようと言って1ヶ月は経っただろうか。
つい昨日、友達が「ちょっと気になってるとこがあるんだよねー」と言うので、じゃあそこに行こうぜ、どこ?と訊いてみたら、「飛田新地」と返ってきたので、驚いた。

飛田新地とは、大阪で松島遊郭に並ぶ有名な旧遊郭町。現在も昔の名残を色濃く残す町だ。店先は飾り窓になっていて、店の中に一人、おねえさんが座っている。その隣にやり手ババアのような女性がいて、手招きして客寄せする商いを、今も変わらず続けている。

大阪人でも滅多に近づかない危険地域、いわゆる「ディープサウス大阪」にある。行ってみたくても絶対に行けない場所である。ネットで調べてみても、情報は僅かだ。危険過ぎて、写真撮影も困難な町なのだ。グーグルマップですら、飛田新地のコア地域には立ち入っていないことを今日知った。

しかし、どうしても行ってみたい場所でもある。
実は、私は長年、吉原などの遊郭文化をずっと追いかけている、遊郭マニアである。大阪の飛田新地は前から知っていた。


しかし、ディープサウス大阪は、とにかく危ないのであった。写真撮影などもってのほか。あいりん地区と呼ばれる町の中心にある警察署は、暴動対策のため鉄格子で護られている。市民を護る警察署が、要塞のような完全防衛の構え。ちょっと他にはない町だ。
飛田新地情報も勿論だが、このあいりん地区に住むホームレスの方々の生活なども調べる限り調べたこともあった。調べれば調べるほど、素人が物見遊山で出かけられる町じゃないなぁと実感した。
普通に暴動とか起こってるし、普通にアパートから栽培してる大麻が見つかるし、普通にタバコが一本売りだし、怖い人達がうろついているし、合法違法ドラッグ何でも買えると聞くし、ダンボールハウスも、新聞スーツも珍しくはない。
同時に、人間臭さも究極に漂う場所であり、人間好きな私は行ってみたい。でも、危険極まりない。
ディープサウス大阪は、私にとって、物理的には近いが、ある意味日本で最も遠い町なのだ。


というようなことを、友達に話して聞かせた。
「飛田新地は、レトロで赴きある一見の価値ありの町らしい」としか知らなかった友達は、絶句していた。
行きたいが、ある意味命懸け。
「う?ん・・・どうする・・・?」と、2人して悩んでしまった。
私は、最近引ったくりにも遭っている。サウス大阪で遭ったわけではないが、更にディープな大阪へ出向いて行くと思うと、完全武装してもまだ安心できない。引ったくり被害以来、軽くPTSDになってしまい、夜にカウンセリングルームから帰るときは、常に360度見回さなければ歩けない挙動不審な女になっている。
そんな私に飛田新地は無理そうなので、レトロ好きな友達にうってつけの町を提案しておいた。どちらかには出かける予定だ。


他には、カラオケ行ったり、たこ焼き食べたり、お好み焼き食べたり、ネカフェに行ったり、白いたい焼きを食べたり、大阪の夜景を見に行ったりする予定。

私の足の状態が今ひとつ完全でないこと、私の体調は先が読めず、友達は鬱病ということがあって、しんどくなったらしんどいと互いに自己申告する。しんどいのにしんどくないふりをしなければならない苦痛を、私も友達も何度も経験して思い知っている。健康な人には分かりにくいしんどさが、説明なしに通じるので楽だ。
そんな友達というのは、こんなブログを続けて来なければ得られなかった得難い宝物だなと思う。わざわざ関東から来てくれるのに、友達が「最悪、体調が悪くて会えないっていうのも全然ありだから、遠慮しなくていいから」と言ってくれたのには驚いた。

明日を楽しみに、今日は早めに寝ることにしよう。



心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(3) |


2009/07/08 (Wed) わたなべさんちのガレージ 後編 ?駄文?

20090708watanabe.jpg

わたなべさんちのガレージ 前編 の続きです。


ヤフオクで無事落札した、念願のサマンサタバサの真っ白なパスケース。
代金を入金するため、郵便局に出かけた。
捻挫がかなり良くなり、久しぶりにカメラを持って徒歩で行ってみることにした。


久しぶりの散歩は、気持ちが良かった。
多少不自由な足でも、カメラを持っていると楽しい。ゆっくりゆっくり歩きながら気が向くまま色んなものを撮った。
ふと、とある工事現場に行き当たった。この間まで更地だった所だ。
見ると、汚れた長靴、ヘルメット、掘り返された土、小さなパワーショベル、キャタピラ、鉄パイプ、スコップ、バケツ、どれから撮っていいか分からなくなる位、大好きな素材が贅沢にも散在している。廃墟系大好きな私は、この棚ぼた的幸運に一気に舞い上がった。


興奮で鼻を膨らませ、カメラを手にウロウロと現場を歩き回る。しかし、現場前に停まっているトラックがどうにも邪魔だ。どっか行ってくれりゃいいのにと運転席を見てみたら、休憩中らしい作業員のおっちゃんと目が合った。彼にとってはただの仕事場に過ぎない工事現場で、異様に色めき立っている私を気味悪そうに見ている。


しかし、ここで立ち去ってしまっては、せっかくの被写体を手離してしまう。廃墟は勿論のこと、工事現場も生物である。その時撮らずに後日、などと言って、後で行ってみれば、せっかくの工事現場に真新しい家が建ってしまった後だったりする。廃墟も同じく、以前にはあった泥まみれの欠けた陶器の植木鉢だけが何故か片付けられてしまい、以前の風合いと異なってしまったことがあった。
廃墟も工事現場も、生きた被写体なのだ。
仕方ないので、作業員のおっちゃんはいないことにした。


現場ににじり寄ったり、引いたり、またにじり寄って腹ばいにならんばかりに屈んでみたり、興奮の一人撮影会が続いた。ミニスカのキャンペンガールに群がるカメラ小僧とは、こんな心境なのかもしれない。浅まし過ぎて、あまり人に見られたくない姿だ。


たっぷり堪能して、現場を後にした。
晴れがましい気分だ。歩いてよかった。出会えてよかった。(工事現場に)


そうして自分のマンションへの角を曲がろうとした時だった。

「わたなべさんち、ガレージ作ってんのんか?」

ふいに、一人のおっちゃんに声をかけられた。知らないおっちゃんだ。
それに、誰だわたなべさんて?

おっちゃんは、目で私が来た方を指している。さっきの現場のことらしい。あそこがわたなべさんちらしい。

「いやぁ分かりませんけど何かちっちゃいショベルカーで掘ったはりましたよ」

見てきたまま話した。おっちゃんは、わたなべさんちがとても気になるようだ。

「わたなべさんち、ガレージつくりよるんちゃうかなぁ!」

大声で言う。

「いや分かりませんけどね」

一応言ったら、おっちゃんは私が首から提げているカメラに期待の目を向けた。

「写真撮っとったやん?今」

私の返事を期待している。
きみなら分かるやろといわんばかりだ。私の興奮の一人撮影会を見ていたらしい。

「ちょっと散歩してたら通りかかっただけです」

「そうかぁ! ガレージちゃうんかなぁ」
私の返答に、おっちゃんは本当にがっかりしたようだ。
数十メートル向こうの工事現場に視線を向けたまま、ガレージや思うけどなぁと尚も言っている。
私に関心があるのではなく、あくまでわたなべさんちのガレージが気になって仕方ないらしい。

「いやーわたなべさん、ガレージ作ってるんちゃうか思うねんよな。ガレージやろ?アレ。ガレージつくりよるやろ」
最後は独り言になりながら、おっちゃんは私を置いて目の前の家に入って行った。


(わたなべさんて誰やねん)
(なんでガレージにこだわるねん)
(おっちゃん誰やねん)
(訊かれても知らんちゅーねん)

自分のマンションへと再び歩きながら、会話を思い出すと笑えてきた。


初対面なのだから、せめて「わたなべさん、知ってるか?」くらいまず訊いてくれても良いと思うのだが、前置きなど一切ない。裏も表もなく、いきなり本題「わたなべさんち、ガレージ作ってんのか?」だ。
しかも、私の答えなど殆ど聞いちゃいない。おっちゃんは「わたなべさんち、ガレージ作ってんのや思うわー」しか言わない。あれは訊きたかったのではない。ただわたなべさんちのガレージについて誰かと喋りたかった。そこに偶然私が通りがかっただけなのだろう。


散歩していても、街に出ても、道を訊いても、こういうおっちゃんと、よく出会う。そこかしこに生息しているのだ。相手と初対面だろうが何だろうが、とにかく自分の喋りたいことを喋る。こういうおっちゃんがいる大阪は、いい加減で面白い町だ。

気取ったことが嫌いな県民性とはいえ、見知らぬ相手にここまで構えない人達もそうはいないだろう。相手に対して構えず自然な自分を出すことが上手い。勝手に喋り倒すくせに、鬱陶しさを感じさせない。普通にそこにいるだけで、ハイクオリティーな可笑しさを醸し出す。
思わず吹き出しそうになるのを堪えて通りすがりに話した後は、「こんなおっちゃんおったで」と誰かに話したくなる。


実際おっちゃんが言うように、わたなべさんちはガレージを作っているのか?
後日、現場に確認に行くつもりだ。
関係ないのに私まで、わたなべさんちのガレージが気になって仕方ない。



心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(14) |


2009/07/07 (Tue) わたなべさんちのガレージ 前編 ? 駄文 ?

ヤフオクで、どうしても欲しいものがあった。
それは、サマンサタバサのパスケース。定期入れだ。
交通機関を使って定期的に通うところなど、今のところ週に一度のカウンセリングルームしかないのだが、何が何でも必要になった。
障害者手帳のサービスの一つに、大阪市運営の地下鉄・ニュートラム・バス無料カードというものがある。交通費を免除してもらえるカードだ。形態は、ペラッペラの磁気カード。有効期限は1年間。紛失した場合、次の発行年、つまり次年度まで再発行して貰えない。失くせば後は交通費は実費である。

生活費がかかっているので、このカードを扱う際の私の注意深さったらなかった。ペラッペラなカード一枚だが、紛失すれば痛恨の痛手だ。


先月の頭、バスの時刻に遅れそうだったことがあった。その日初めて袖を通したジャケットのポケットにカードをしっかり入れ、バス停まで走った。乗る予定のバスが角を曲がってやって来る。追いつかなくては、と走りながら、ふとポケットの上からカードを確認したら、カードが消えていた。
蒼白である。変な汗がどっと出た。
ジャケットのポケットが、思っていたよりも浅く、走っているうちに落としたらしい。


バスに遅れることなど、最早どうでもいい。3月末に支給されたばかりで、まだ残り9ヶ月もあるのだ。何が何でも探さねばならない。
よりによって、その日私は10センチものピンヒールを履いていた。ちょっと美味しいレストランに小洒落て出かけようとした事が仇となった。脱いでしまいたい。いっそサザエさんのように裸足で駆けて行きたい気分だ。しかし、焦る気持ちとは裏腹に、悪い視力で地面に目をこらし薄いカードを探してまわるには程よいスピードではあった。


カードを捜索し始めて10分。灰色のアスファルトの上に、灰色の磁気カードを発見。まさに保護色だ。大事なカードなのに、アスファルトと同化していた。うっかり見落とすところだった。
今後9ヶ月の交通費を、ようやく取り戻した。
胸を撫で下ろしたが、その時既に私は髪振り乱し、目は血走り、汗だくで、心労のためすっかりやつれ、老け込んでいた。
次のバスまでの時間、中途半端に暇になり、一旦家に帰ることにして、トボトボと家路に着いた。汗だくで、汗だくで、とにかく汗だくだった。
二度とこんな騒動はごめんだと深く反省した。


というわけで、カードを入れておける、しっかりと存在感があって、好きだから忘れない、いつも携帯していたい気持ちにさせるパスケースを探すことにした。
今使っている財布がサマンサタバサの白い財布。白いのでしょっちゅう汚れるが、しょっちゅう馬油で磨き、皮革スプレーをかけて手入れに余念がない。好きなものを大事に手入れできる時間は楽しいので、苦にはならない。同じく、手帳も真っ白だ。これもまたスプレーで手入れする。どうせなので、パスケースもサマンサタバサの真っ白にしたのだった。オークションとはいえ、新品なので満足な買物だった。


その商品の入金に今日、郵便局まで行ってきた。

今気づいたのだが、その入金に行った時のわたなべさんちのガレージの話を書こうと、この記事を書き始めた。なのに、どうしたことか、たかが前置きでこんなにページを取ってしまった。わたなべさんちのガレージの話は、これからなのだった。そして、さほど大した話でもないのであった。あまつさえ、パスケースの入金に行ったというだけで、わたなべさんちのガレージとパスケースは何の関係もない。色んな意味で尺を間違えてしまった。


とりあえず、わたなべさんちのガレージ 後編 へつづく。


心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(6) |


2009/04/13 (Mon) チリンチリン と わたし

薬がすっかり切れてしまい、ダンスの度の筋肉痛で湿布も欲しい。
病院へ出かけた。

久しぶりに愛車(自転車)に乗った。
ブリジストンのタイヤをアコギなオッサンに無理矢理はかされた例の愛車である。

た?のしぃぃぃいい?!

天気も良いし、気持ちよい風が吹いていて、目的地が病院であろうと気分が良い道中だ。
昨日から、突如躁状態に入り、脳内がお花畑なので、大学院に行く予定(妄想)とか、バンドをやる予定とか(妄そ(ry、凄い油絵の大作を描いてしまうとか(ryで、とても幸せだった。
※どの妄想も花畑過ぎて、この後の診察で医者から一笑に付されたが。

春風爽やかな道中、ふと気づいた。
愛車のハンドルに、違和感を感じた。
あったはずのものが、ないのだ。
自転車のチリンチリンがない

盗られたーー!!

誰かが盗りやがった・・・!
私の愛車のチリンチリンを・・・・!


一体どこでいつ誰に盗られたのだろう。
まさかうちのチリンチリンに限って。

凄く落ち込んでいいのかも微妙で、地味なショックで心が沈む。
たどり着いた病院の待合室の椅子に座って、しばらく茫然としていた。


↓↓こんなにシンプルになりました(怒)
20090413.jpg


チリンチリンで済んだから良かったじゃないか。

そんなふうに、自分に言い聞かせることができたのは、数十分も後のことだった。
数多の自転車盗難被害の中でも、思えば今回は軽症だ。

自転車被害に置いて致命的なのは、何といってもサドル
サドルを盗られてしまえば、衆目の中立ちこぎで自転車屋に駆け込むより他にない。そんな惨劇よりも、チリンチリンは百倍ましだ。


そもそも、私はチリンチリンを愛していただろうか。
随分以前から、チリンチリンの是非について考えるところがあった。
歩行者には、できれば口頭で丁寧に注意を促したいものだ。
あろうことか人様の背後から、どけどけとばかりにけたたましくベルを鳴らす行為には、以前から疑問を持っていた。

従って、私がチリンチリンを使用する頻度は、年に1度あるかないかであった。
こんな私は、チリンチリンを存分に活かして来れたとは到底言えない。
私のチリンチリンは、本来の存在意義と機能を奪われた。奪っていたのは誰だ。紛れもない、私である。
チリンチリンは、もはや私の愛車の右ハンドルにつけられた、ただのお飾りと化していた。本来の役目を果たせず長年不本意な運命を強いられてきた、それが私のチリンチリンであったのだ。

他方、犯人は、チリンチリンを必要としていた。
必要としなければ、盗みもすまい。
工具を使ってボルトを緩めなければ、チリンチリンは盗めない。にも関わらず、果敢にも挑み、彼奴は見事その手にチリンチリンを掴んだ。
ようやく真の意味で必要としてくれる人の元へ旅立った。
私のチリンチリンも本望であろう。


などと、思うわけがない。
チュートリアルの漫才ネタで爆笑していた私が数年後の今日、同じ目に遭うとは・・・。


犯人よ。
見ているか?
お前に一言言っておく。

私のチリンチリンを返せとは言わない。
どこぞの誰や知らんけど、そんなに欲しいならくれたるわい。

そのかわり今夜にでも
お前のサドルが盗まれますように(呪)


◇なまずのオッサン と わたし


心の病気・虐待について知識が広がりますようにランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(8) |


2008/10/17 (Fri) ごっさトマト

ブロ友まほさんのブログで知って以来、知らない間に自分で種をまき、知らない間に知らない方々にお世話頂いて育っていたオンライントマトが、ついにあと1日と20時間ほどで収穫となりました?!
始めた頃の記事は、こちら→◇人様に頼りっきり オンライントマト栽培

育った育った、ぐんぐん育ちました。
ご参加いただくには、常時出ている真ん中のハート「はげます」ボタンが基本。はげましていただいた分、大きくなって実がたくさんつくシステムです。

今日の時点で、こんなんなってます↓↓
(最初の広告画面は右上の×で閉じて下さい。枠の四方に出てくる矢印をクリックすると、あらゆる方向から鉢を眺めることができます)




な・・っなんだこれは!!
トマトが、わんさか実ってます!!
真っ赤で美しい。
まさに皆さんのお陰です!


思えば約ひと月前。
始めた頃には、私などに育てきれるのだろうかと不安でしたが、各人鉢をお持ちのドリームファーマーの住人方、そして当ブログに来てくださった時に面倒見てくださった方々のお陰で、すくすくと成長致しました。


自分で自分の鉢は面倒が見れないシステムになっているところが、このドリームファーマーの面白いところです。
見知らぬ者同士が、ドリームファーマーというひとつの世界の中で、お互いの鉢を受け持って、はげましあい、お世話しあってきました。

ブログとは全く違った空気があります。感覚的には、いつもの散歩コースがあって、そこでよく顔を合わせる名前は知らないけど顔見知りの方と、毎日笑顔で挨拶するといった感じでしょうか。

励ましあいのバランスも大切で、相互関係が築かれてはじめてステータスが大ハートとなり、大ハートの数で、鉢のデザインやネーミングプレートのデザインが変わっていきます。
最初は皆さんの鉢をまわるだけで必死で余裕がなかったのですが、そのうちに一言だけ書き込めるコメント欄で、毎日少しずつ交流させて頂きました。

中でも、日本語を勉強中の中国の方がいらっしゃいました。朝の挨拶など簡単な中国語を教えてもらったり、私の名前「美鳥」は、中国語でどう発音するのか教えてもらったりしました。
Mei?Niao と発音するそうな。


私は、毎朝起きるのが大体6?7時。
まずはPCの前に座って、皆さんの鉢を巡回してまわるのが日課になりました。
先述の中国は勿論ですが、皆さん全国に住んでらっしゃって、毎日の天気も微妙に違い、しかしこちらで風邪が流行っていれば、あちらも流行っていたり、旅行で留守にしますからお世話お願いします、と丁寧に書き残してらっしゃる方がいらっしゃったり、帰って来られたら旅先でのささやかなエピソードを教えてくださったり、一行のコメントで随分と楽しく交流させて頂いています。



鉢を持ってらっしゃらない読者さんからの励ましは、「通行人」として表示されます。
お名前を書き込まないで励ましてくださる方を見つけると、何だか痺れます。
名乗るほどのもんじゃねぇよ、と無言で去られるような、何ともいえない漢気を勝手に感じるのです。


このトマト栽培、あと1日と20時間ほどで、収穫となります。
皆さんあっての収穫日。
無事、ここまで育って実りました。ありがとうございます!

明日は、収穫前のお礼回りの予定です。
何しろ今回関わってくださったドリームファーマー住人は、恐らく200人近く。
皆さんあっての収穫日。一行交流が途絶えるのも寂しく、御挨拶にまわります。


あと少しですが、励まし以外にも、時々コマンドが出ます。
「水やり・肥料・受粉・脇芽かき・害虫駆除」などなど。
参加型トマト栽培です。参加してやろうと思われた方は、クリックひとつ、よろしくお願いします。
読んでくださってる方のお名前を知る機会は普段滅多にないことなので、HNだけでも書き込んで頂けましたら嬉しいです。


心の病気への理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事
◇人様に頼りっきり オンライントマト栽培


大阪駄文 | comment(0) |


2008/09/21 (Sun) 人様に頼りっきり オンライントマト栽培

オンライントマト栽培 DreamFarmというブログパーツを、右欄下に設置しました。収穫日まで30日間、設置します。

成り行きで気がついたら芽が出てました。
通りすがりの方々が、お世話してくださってたようで、数日経って今気づいたわたし。

最初は広告表示されるので右上の×で閉じたら、今のトマトの様子が見れます。見れるみたいです。どうなってんのかよく分からへんけど育ってるわぁ。
「はげまし」をいただくと育つ仕組みらしいです。収穫もできるらしいです。
自分の苗は自分では、はげませないらしい。
何でも人様の手を借りることが苦手なACみとりには、一種精神修養のようなブログパーツ!
みなさま・・・応援よろしくお願いします。
一言メッセージもついでに頂けたら喜びます。大層喜びます。(一応二回言うてみる)

このブログパーツは、リンクさせていただいてるブロ友まほさんのところで、興味を惹かれて、はげまし参加させて頂いたのがきっかけになりました。
まほさん、ありがとう。

※そのうち右カラムに移動させるか、一度表示引き上げるかするかもしれません。
重いブログは、気軽に足を運びにくそうな気がしますので。

リアルタイム呟き(ほとんど無駄話)ツイッターも、密かに呟いてますので、どうぞよろしく。
このブログの右下のウィンドウか、過去ログ全て見れますここ→http://twitter.com/mitorin
ツイッターは、リアルタイムなので症状が出ているときも、そのまま呟いてます。


心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(10) |


2008/09/04 (Thu) シルバーL サテンベージュM

タイトルは何のことかといいますと、本日大阪の我が家に戻るなり私を総出で出迎えてくれた
に、独自につけてみた名前です。

彼奴らは、珍妙な形をしていて、のろそうな見た目に反して走り出したら速いのなんのって、「うををををを!?」と私が狼狽している隙にスルスルスルッと物陰に見えなくなります。
彼らの色は、二色です。
シルバーと、サテンベージュ
とにかく光沢が凄い。
風体からして禄でもない虫に違いないし、名前すら浮かばない虫です。無駄に高級感があって、しかし「わぁ触ってみたい!」とは決して思わせない、見事な気持ち悪さです。何だか、こんなものが家にいるとは誰にも言えない、みたいな後ろめたさや劣等感すら抱かせるパーフェクトな気持ち悪さ。
シルバーの方がデカく、サテンベージュは一瞬綺麗に見えなくもないですがスルスルクネクネしている点で、やはり問答無用に気持ち悪い。
見る者に、軽く精神的ブラクラを与えます。
てらきもす。

一匹なら捨て置くものを、あろうことかあっちからもそっちからもシルバーとサテンベージュが走り出し、最初は「うををををっ」と叫んでいた私も、最終的には「・・・・・・!」「・・・・・・!」の連続でした。
もはや声も出ない。

どうやら彼奴ら、私が一ヵ月半留守にしている間に、我らが世とばかりに主の私に無断で大繁殖した模様。

彼奴らの名は、知る必要なし。人柄とは、顔に出るもの。振る舞いに出るもの。
無意味に光って厭らしさを誇示しつつ、見つかるや否や物陰にこそこそ逃げ込み、あまつさえ、私が目を細めて敢えて視界を自主規制しているから済むものの、あろうことか尻が二股に分かれているとあっては見過ごせるであろうか。いや、見過ごせない。

無慈悲な迫害者となって、片っ端から掃除機で吸い込んでやりました。
あれで一族郎党と思いたいですが、彼奴らまだ潜んでいる気がしないでもないです。

ということで、よせばいいのに調べてみました。

参考資料 シルバーLとサテンベージュMについて※画像があるので気をつけて!

○嫌いと前フリしつつも飼ってるこの方の探究心に脱帽→ http://home.kendomo.net/others/shimi.html
○Wikipedia→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%9F


心底、不愉快な虫であります。
彼奴らに、お前の部屋は汚いんだよ、と嘲笑された気分です。

汚くないよ!毎日二度は掃除機かけてるよ!片付けられない女も卒業したよ!ちょっと旅行で家を空けてただけじゃないか!

1人孤独に部屋で言い訳したとて聞く者はなし。
ダメ押しのように、シルバーLとサテンベージュMが(たまにS、SSも見かける)また走り出てきて、気分が滅入ります。ちくしょう。

午前中に予定していた病院へ行けなかったために、パキシルが切れてはや数日。断薬症状で脳内がパシパシするし、だるいし、気密性の高いマンションの部屋は暑いし、神魚とやらは繁殖しているしで、お昼を食べに行って、軽く買い物をし、掃除し、シルバーとサテンベージュを片っ端から吸い込んだら、もう銀魂新刊を読む気力すらない・・・・
文鳥たちが抱っこをせがむので、両手に握り文鳥(←手乗り文鳥の最上級を指す)で、やけっぱちに昼寝しました。


この紙虫とやら、紙や衣類を食べるらしいです。そんなもんばっかり食べて喉が渇かないのか、あの光沢はじゃあ紙なのか、色々考えたのですが、それより何より、うちのレアな漫画コレクションと、数十枚の絹の着物、数十本の絹の帯、絹の帯締めとか・・・・
喰ってませんかおまいら

掃除機内部に耳を澄ませてみても、彼奴らからの返事はないただのしかばねのようだ。

1匹のGを見かけたら8匹いると思えと言われますが、彼奴らの繁殖能力も結構なもののようで詳細は上記のWikipediaで確認はしたのですが、即座に忘却の彼方へ情報をキャッチアンドリリースしておきました。

私のやり切れぬ思いを皆さんにお裾分けしようというわけではないのですが、まあ得てして「気持ち悪い」と「面白い」は紙一重なわけですから、さっきリンクをスルーされた方にサービスで二度目のリンクを貼っておきます。色んな交尾の形態があるのね、と感心しました。その点だけは、気持ち悪くも興味深かったです。


参考資料 シルバーLとサテンベージュMについて ※念入りに二度目のリンク

○嫌いと前フリしつつも飼ってるこの方の探究心に脱帽→ http://home.kendomo.net/others/shimi.html
○Wikipedia→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%9F

大阪に戻って、ようやく東京から本当に戻ってきた、と実感できました。
我が家に戻るなり紙虫的な幕開けなわけですが、大掃除したことだし、めげずに心新たに明日は病院へ行ってきます。


諸所諸事情で、コメント返信が遅れております。コメントありがとうございます。必ずお返事させて頂きます。

心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(6) |


2008/08/10 (Sun) リアルタイムつぶやきTwitter始めました。

mitorin.jpg
ブロリア友達 道草日和のhimaちゃんが、Twitterなるものを始めて、楽しそうだなーと思ってたので私も試しに始めてみました?。
右も左も分からないけど、設置できちゃった。
Twitterが何かすら、いまだよく分かってないのに設置しちゃった。

呟くというのがミソらしいので、ブログの片隅でブツブツ呟いてみるよ。
どうでもいいことばっかり呟いてみて、飽きたときに、やめる予定です。

呟きはこちら↓ か、ブログのサイドバー下方にリアルタイムで表示中。
mitorinのTwitter

力抜けすぎなくらいでツイッターは良いみたいだね。
プロフィール画像、ひまをが、ぬいぐるみ画像を使ってたから、私もそれで行こうと、うってつけのお宝画像を掘り出してきたよ。

ねこぢる大好き。
「ぢるぢる日記」とかまでコンプリートで持ってるよ。アニメまで持ってるよ。ねこぢる蒐集が趣味だったよ。怖いとかキモいとか言われても、いいの。
無邪気に邪悪なとこが大好きなの。
ねこぢる作品の中で一番「虫裁判」の話が大好きって腹が黒すぎるのかな。
腹黒いですか?
いいえ。腹黒くありません。


とかを、このTwitterで呟けばいいのね。


心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

大阪駄文 | comment(10) |


| TOP | next >>

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。